1. TOP
  2. ミナトBLOG

レクサス IS250   継続検査と点検整備。     整備記録に無い整備。

s-IMG_8299

 

 

 

大阪府南部からお越し頂きました

レクサス IS250 GSE20

平成19年式 165000km走行

 

 

 

 

車検整備のご依頼です。

 

 

 

 

 

 

 

お車を知人から譲り受けたそうで、

 

前オーナーさんは新車時から

ディーラー様で整備をされていたようですね。

 

 

 

 

 

s-IMG_8118 s-IMG_8121

 

 

 

最初に問診 と 試運転

 

 

過去の記録簿で整備状況をチェックし、

今回整備分のご予算もお聞きしました。

 

 

 

 

 

 

法令点検項目と弊社独自の項目をチェックし、

車両状態から予算に合わせたベストな整備プランを提案。

 

 

 

いる整備は採用。

いらない整備は不採用(今後検討)

 

 

 

 

オーナー様と協議して作業内容が決定すれば、

作業に移りますね。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8300 s-IMG_8301 s-IMG_8305

 

 

 

 

試運転時に気になった足回りのコトコト音。

 

 

オーナー様に確認すると、

 

どこかから音がするので気にはなっていたようで、

後?前?から聞こえていたようです。

 

(以前にリアはリコール交換済み)

 

 

 

 

 

 

 

 

試運転時には右前から聞こえましたので、

リフトアップし確認。

 

 

 

 

 

右Frショックアブソーバーの充填オイルがダダ漏れですね。

 

 

 

 

s-IMG_8308 s-IMG_8306 s-IMG_8312

 

 

 

片方のみのアブソーバー交換はバランスが大きく崩れるので、

左右とも純正ショックに交換しました。

 

 

 

 

 

 

2枚目画像に映るスプリングコンプレッサー

 

さすが純正SST(KTC製 OEM)だけあって、

スプリングを圧縮する作業が非常に楽チン。

 

 

 

もっと早く購入しておけば良かったと、

使用して実感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廉価類似工具が溢れる中、

KTC・ハスコー・KOTOあたりの国産SST工具は、

 

お値段も結構しますけど、

便利・使いやすい・丈夫の3点セット標準装備ですからね~。

 

 

 

 

 

 

 

ショック交換後の微調整はしましたが、

トータルアライメントはオーナー様にお任せしました。

 

 

 

 

 

s-IMG_8256 s-IMG_8260 s-IMG_8261 s-IMG_8262 s-IMG_8263

 

 

 

過去整備暦に無いATF交換。

16万キロまで無交換でしょう。

 

 

オイルパンガスケットからもATFが漏れてます。

 

 

 

 

 

 

ATFチェックをして

オイルパン脱着洗浄・ストレーナー交換。

 

圧送式交換をする前の下準備は万全に。

 

 

 

 

 

s-IMG_8264

 

 

 

レクサス密封式6速AT(アイシン精機製)に

弊社オリジナルIS250用アダプターを接続。

 

 

 

 

 

使用するATFは (アイシン AFW+ )

 

交換効率の高い圧送式でイッキに全量交換します。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8267 s-IMG_8271 s-IMG_8273 s-IMG_8275 s-IMG_8277 s-IMG_8279 s-IMG_8284

 

 

 

 

規定容量を圧送式で施工して、

やっとここまでキレイになりました。

 

 

 

左奥が新油

中央ビーカーが廃油

右手前が現在のATF

 

 

 

廃油と比べればかなり良くなりましたが、

新油と比べればまだまだ汚れていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

16万キロ分の汚れは

そんな簡単には取れないんですよ~。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8286 s-IMG_8289 s-IMG_8291 s-IMG_8294 s-IMG_8296 s-IMG_8298

 

 

もう一度アイシンAFW+で全量圧送式交換。

 

 

ここまでキレイに入れ替われば、

純正同等油AFW+で次回交換時期は4万キロ

 

 

 

 

 

必ず劣化するオイル・ATFは定期的に交換しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

ここ5年以内に発売されたレクサス・トヨタ車は、

ATF劣化度をECUでカウントしています。

 

(もちろんそれ以前の車両にもあるのですが、

見る事が出来なかっただけ。)

 

 

 

ニッサン・ミツビシの

CVTには昔からカウンターがありますね。

 

 

 

 

 

ECUが劣化度を見てるという事は・・・・つまりそういう事ですね。

 

 

s-IMG_8400 s-IMG_8402 s-IMG_8404 s-IMG_8405

 

 

 

 

ディーラー整備でも他店整備でも出来ない、

弊社オリジナル整備 DSC 

 

 

 

 

 

(D ドライアイス ・S ショット ・C カーボンクリーニング)

 

直噴ガソリンエンジンのインテークバルブに蓄積する

大量に硬化したカーボンを除去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

短時間に、完全に、エンジンにノーダメージで。

 

 

 

 

 

 

16万キロ走行のIS250 吸気系統上流

サージタンクの中までカーボンまみれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8406 s-IMG_8408 s-IMG_8409

 

 

 

サージタンク下流にあるスワールCバルブには

それ以上のカーボンが付着しています。

 

 

 

 

燃焼室から吹き返す

内部EGRでここまで汚れるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8413 s-IMG_8424

 

 

 

 

吸気系統 最下流

インテークポート と インテークバルブ。

 

 

 

もちろん先ほど以上に蓄積し、

燃焼熱の影響も加わっていると思いますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8416 s-IMG_8417 s-IMG_8419 s-IMG_8420 s-IMG_8421

 

 

インテークバルブの傘部には、

大量のカーボンが蓄積。

 

 

燃焼熱でガチガチに硬化しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

またポート内径にも1~2mmほど

分厚いカーボンがコビリ付いているので、

 

手作業のみの完全除去は非常に難しいと思います。

 

 

 

 

 

(オーバーホールは別ですが、費用と時間が掛かりすぎる)

(手作業は時間が掛かるし、破片が残るのも怖いですね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8426 s-IMG_8435

 

 

 

 

次世代洗浄機と言われ製造産業では

すでにポピュラーな存在になりつつある(ドライアイス洗浄機

 

 

 

 

 

その中でもドライアイス洗浄機で

NO’1メーカーの(グリーンテックジャパン)

 

(どんな物でも剥がす洗浄機 vs 絶対剥がれない塗装)

 

 

 

 

 

 

 

 

出来るだけ少ない空気とドライアイスで、

フルパワーの洗浄力を維持するのが難しいとお聞きしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラボというと何ですが、

ご協力頂いてDSC専用ノズルを製作して頂きました。

 

 

あれから一年以上が経ちましたね~。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8429 s-IMG_8430 s-IMG_8431

 

 

ワンショット 10秒ほど。

 

 

圧縮空気で

ドライアイス3mmペレットを高速噴射

 

 

 

 

 

 

 

 

熱収縮 と 昇華爆発力で、

硬化したカーボンを除去します。

 

 

 

 

 

 

 

サンドブラストのように研磨力で削っているのでなく、

ドライアイスの性質原理を利用した洗浄方法。

 

 

 

 

金属にダメージを与えるような洗浄機では、

製造プラントなどではまず採用されないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8442

 

 

 

 

 

 

ショットで飛び散った砕けたカーボン片。

 

 

ドライアイスの衝突による昇華で、

ポートから逆噴射されます。

 

 

 

 

 

ドライアイスは固体から気体(昇華)になると、

体積が750倍急激に膨張。

 

 

 

 

 

母材に合わせた圧力調整、

DSC用にセッティング。

 

 

 

 

 

 

 

 

車体は3M社の耐薬品に強いマスカーで完全防備

 

 

作業者はほぼ無防備なので基本真っ黒。

防御服が暑いのでこの時期からは着ていないのです・・・。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8437 s-IMG_8438 s-IMG_8439 s-IMG_8440

 

 

 

 

最終的には

ここまでキレイになりました。

 

 

6気筒全12ポート全て除去完了。

 

 

 

 

s-IMG_8444 s-IMG_8446

 

 

サージタンクに洗浄剤で洗い流し。

 

黒い粉が大量に流れてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガスケット類は新品交換。

 

 

サージタンクなどを組み直して、

電子制御スロットルも清掃・初期化。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8313 s-IMG_8314 s-IMG_8316

 

 

 

ラジエターリフレッシャーでLLC交換。

 

 

ラジエター・エンジン・ヒーターの

LLCを圧送式で交換しました。

 

 

 

 

通常のドレンアウト式では交換しない

ヒーターコア内のLLCも交換可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンを掛けながら15分~30分以上。

(車種によって交換時間は変動)

 

 

 

サ-モスタッド・ラジエターキャップの位置で

アレンジしています。

 

 

 

 

 

s-IMG_8533 s-IMG_8535

 

 

 

温間時に鳴り出すベルトアイドラプーリー。

 

 

16万キロご苦労さん。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8451 s-IMG_8452 s-IMG_8454 s-IMG_8459

 

 

 

おそらく無交換のデフオイル。

 

純正低粘度タイプに対応する

NUTEC ZZ-31 75w85 部分合成ギアオイル

 

 

 

 

 

こちらも交換させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8122

 

 

 

一般的に言う車検とは、

(継続検査手続き) と (保守点検整備)の合わせ作業。

 

 

 

 

 

 

基本的には別々のものだと思いますので、

継続検査はお近くのお安いトコで受検して、

 

 

ガッツリ点検整備は弊社にお任せ頂いても全くOKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

継続検査を他社でして

整備だけを依頼するのは失礼に当たるかな?と

 

よくメール相談されるのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然OKだと思いますし、

その方が車検期間に左右されずに

お互いのタイミングで入庫できますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それにミナト自動車で継続検査手続きをしても

数ヶ月多めに期間が延びる事もないですしね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論

 

継続検査は全国どこでしても同じ。

点検整備はお店によって大きく変わる。

 

 

・・・のではと思います。

 

 

 

Happy Car Life!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月31日

steroid-pharm.com/anapolon.html

еще по теме vanco.com.ua

baden-medservice.com

このページのトップへ