1. TOP
  2. ミナトBLOG

お値段以上のハイパーS  違いの分かる方のみオススメ!

基本的に自動車修理業は
現状回復修復復元など
新車品質に近づけるのが主な仕事で
ボディコーティング
エアロカスタマイズ
チューニングアップなどの
新車以上の性能アップ
少し専門外に感じます。  (個人的な主観ですが。)
今日は当店で取り扱っている
数少ない『新車以上』商品のご紹介です。
ATF交換依頼の電話問診で
現在5万キロ走行
すでに2回ほどATFを交換済み
① 大型カー用品店で飛燕ATF (上抜き) 
   評価は良好。
② ディーラーで純正ATF   (上抜き?orオイルパンドレンアウト?)  
   評価は??。のちにWAKO’S AT-Pを投入して改善。
そこで今回はWAKO’S ATF ハイパーS
トルコン太郎で交換しました。
s-CIMG6625.jpg
試運転、油量などの事前点検を
してからセットアップ
s-CIMG6642.jpg
10ℓの交換予定でまずは5ℓから行います。
s-CIMG6629.jpg
右端の排油モニターで回収したATF確認。
距離と交換歴のわりには
結構汚れていますね。
以前の交換方法が圧送式ではなく
上抜き(循環式)だからでしょうか?
5ℓチェンジした後のクリーナーモニター 
メッシュフィルターの縦縞が見えませんね。
s-CIMG6634.jpg
20分クリーニングモードでフラッシング
そして残りの5ℓを交換しますね。
s-CIMG6639.jpg
上抜きとはいえ
2回交換されてあるので
10ℓでほぼ入れ替わりました。 いい感じです。
10万キロ以上の無交換の場合は
総容量の1.5~2倍を目安に
オススメしているんですよ。
s-CIMG6643.jpg
オイルクーラーの専用液で噴射洗浄し
残るは油量調整ですが
MPVユーザーさん気を付けてくださいね。
s-CIMG6653.jpg
冷間時(20℃)で下のVカットマーク
その後、温間時(65℃)で上のVカットマークの間です。
この65℃はエンジン水温ではなく
ATF油温ですので車両診断機で確認します。
s-CIMG6647z.jpg
s-CIMG6649z.jpg
油量調整に手間取っていると
すぐに90℃近くに上昇するので
その場合は再度冷めるまで
待たないといけません。   
多くても少なくてもダメなので
正確に測りましょう。
作業完了し引き渡しをした後
オーナー様からお電話を頂きました。 
(ありがとうございます。なかなか感想を聞ける機会がないので助かります。)
WAKO’S ATF ハイパーSを入れて
かなりフィーリングが向上したようです。
私も交換前後で試運転しましたが
変速時のタイムラグがなくなり
スパッとシフトチェンジするのが分かりましたよ。
通常は切り替わり時の
惰性で動く部分
感じられるのですが
それが無くなりましたね。  (文章で説明は難しい!伝わるかなぁ?)
違いのわかる方にはオススメですよ。
比較的低走行のお車には
新車以上のフィーリングが得られるかもしれませんね。

2012年4月6日

menkyo-land.jp/how-to-choose/

https://menkyo-land.jp/

https://baden-medservice.com

このページのトップへ