1. TOP
  2. ミナトBLOG

レクサス IS350    東京都から一泊作業。   ATF交換&DSC  その他などなどオプション整備。

s-IMG_7965

 

 

東京都八王子市からの来店です。

 

レクサス IS350  GSE21

走行距離132000Km

 

 

 

 

 

 

 

・ATF完全圧送式交換 for NUTEC NC-65

・DSC ドライアイスショットカーボンクリーニング

・デフオイル交換 for NUTEC NC-70

・LLC圧送式交換

・WAKO’S RECS

・スパークプラグ交換 NGK イリジウムMAX

 

 

 

 

 

 

1泊2日での

お預かり作業で行いました。

 

 

 

 

作業に慣れている私でも

時間的な余裕は無い作業量。

 

 

 

 

頭に書いたスケジュール通りに

作業を進めます。

 

 

 

 

s-IMG_7846

 

 

 

まずはATF交換から始めます。

 

 

問診と試運転、ATFチェックを行い

オイルパンを外していきますね。

 

 

 

 

 

s-IMG_7847 s-IMG_7850 s-IMG_7848 s-IMG_7851 s-IMG_7852

 

 

 

 

オイルパンを洗浄し、鉄粉を除去。

 

ガスケットも新品交換して組み立てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ISなどに搭載される密封式6速AT。

当時は圧送式交換は不可能と言われていました。

 

 

 

 

 

世界では知らないですが、

日本で最初に圧送式交換に成功したのは弊社でしょう。

(当時自社調べ)

 

 

 

 

あれから数年、数百台は作業済み。

慣れると手が早くなるもんですね~。

 

 

 

 

 

 

ATFを補充し暖気後をして、

 

 

 

オリジナルIS350専用アダプターをATに接続。

アイシンAFWプラスでプレ洗浄しますね~。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7910 s-IMG_7916 s-IMG_7920 s-IMG_7924 s-IMG_7926 s-IMG_7929 s-IMG_7931

 

 

 

 

奥の新油と比べるとマダマダですが、

ビーカーの廃油と比べれば良くなったですね。

 

 

 

これで本命ATFを投入する準備が整いました。

 

 

 

 

s-IMG_7129

 

 

 

NUTEC ニューテック 最高峰ATF 『NC-65

 

開発に携わった方にお聞きしましたが、

予算は横に置いて(やれるだけの事はヤッタよ!)と

開発経緯を話されました。

 

 

 

 

 

 

ユーザーの反応を聞いてみると、

弊社オーダー状況 ( ZZ51改:NC-65 )の比率が、

完全に逆転するのは分かる気がします。

 

 

 

高額にも関わらず

圧倒的にNC-65が多くなりましたね~。

 

 

 

おそらく市販ATFでは最強でしょう。(勝手に自社調べ)

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7932 s-IMG_7934 s-IMG_7936 s-IMG_7943 s-IMG_7947 s-IMG_7949

 

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

 

注意

NC-65は薄緑色のため、色味が弱い。

AFW+の赤色に干渉されますので色までは入れ替わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に規定温度で

レベル調整すればATF交換は終了。

 

 

 

次に進みます。

 

s-IMG_7857 s-IMG_7855 s-IMG_7858

 

 

世界で弊社以外では出来ないDSC。

http://securityfeed.info/dsc/

 

 

 

 

 

 

弊社オリジナル作業なので、

当たり前といえば当たり前ですよね。

 

 

そもそもそんな作業を開発する

奇特な整備業者はいないでしょうし。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7864

 

 

 

直噴エンジンの中では

カーボンが蓄積しにくい D-4S 直噴システム。

 

ですが直噴は直噴。 カーボンは溜まりますよ~。

 

 

 

 

 

 

2GR-FSE D-4Sエンジンの

6気筒12ポートのインテークバルブを見ていきます。

 

 

 

s-IMG_7865 s-IMG_7871 s-IMG_7869 s-IMG_7872

 

 

直噴オンリーのD-4エンジンよりかは、

カーボン量は少ないですが・・・・。

 

 

 

ポート式にくらべると結構蓄積していますね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

2・4枚目の画像で分かりますが、

ポート内径にびっしりカーボンが蓄積。

 

 

これが下に下に落ちてくると、

バルブシートを傷つけるでしょう。

 

 

 

 

 

 

バルブシート面が荒れると、

気密不良の原因になるのです。

 

 

 

カーボン粒子って結構硬いですからね。

 

 

 

 

s-IMG_7888

 

 

 

 

 

ドライアイスペレットを

高速噴射するドライアイス洗浄機。

 

 

 

 

 

インテークバルブにペレットを直撃させ、

昇華爆発力で剥離します。

 

 

 

サンドブラストのように研磨力で

削っているのではないのですよ~。

 

 

 

 

 

 

良く似た作業に見えますが

原理が全く違うので、

 

間違う方も多いですね。

 

 

s-IMG_7900

 

 

 

ドライアイスペレットは柔らかいので

高速噴射しても金属にはノーダメージ

 

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

 

 

 

だから多くの製造業に採用されている

次世代洗浄システムなんでしょうね。

 

 

 

 

s-IMG_7879 s-IMG_7891 s-IMG_7893 s-IMG_7895 s-IMG_7899

 

 

 

 

DSCを繰り返し、ここまでキレイになりました。

 

完全にカーボンを除去できましたね。

(短時間に手作業でここまでキレイには無理でしょう。)

 

 

 

 

 

 

 

時間が無いので次に進みま~す。

 

 

s-IMG_7863 s-IMG_7862 s-IMG_7860

 

 

インテーク関係を分解していると、

スパークプラグ交換は非常に簡単なGRエンジン。

 

(逆に言えば外さないと交換できない)

 

 

 

 

 

 

 

 

NGK イリジウムMAX    高性能・長寿命プラグ

 

 

 

全6本を交換しました。

 

 

 

 

 

 

インテークのガスケットも交換して、

元の状態に組み立てます。

 

 

スロットルも清掃し、

初期化して再学習。

 

 

 

 

次はLLC圧送式交換。

 

s-IMG_7903

 

 

 

ラジエターキャップを開けてみると、

キャップの弁が破損していました。

 

 

 

 

オーナー様にお聞きすると、

最近某ディーラー系で中古購入したそうです。

 

 

 

 

 

 

コレを見て最初に思うのは、

破損の原因・理由なんですね~。

 

 

 

 

 

経年劣化の破損なら

破片は恐らくラジエターのアッパータンクにあるので

 

それだけを気を付ければイイだけです。

 

 

 

 

問題はわざと破損したキャップを使用していた場合、

少し気を付けないといけません。

 

 

 

 

冷却水系統の圧を逃がす為に、

このキャップを使用している可能性があります。

 

 

 

s-IMG_7907 s-IMG_7953

 

 

冷却系統のどこかに小さな漏れが有り、

修理が困難な場合は、

 

延命する為にキャップを壊して

冷却ラインの内圧をわざと逃がします。

 

 

すると圧が上がらないので、小さな漏れなら止まるでしょう。

(正確にいえば漏れてこない)

 

 

 

 

 

 

延命処置にも使えるし、

悪用すれば漏れを誤魔化す事も可能です。

 

(涼しい季節なら気が付かないでしょう。)

(夏はオーバーヒートするかな。)

 

 

 

 

 

 

 

水圧テストで漏れチェックは問題なし。

 

ディーラー購入なので誤魔化す事はないので、

ただのキャップ劣化破損でしょう。

 

 

 

一応確認してみました。

 

 

 

 

s-IMG_7904 s-IMG_7905 s-IMG_7909s-IMG_7952

 

 

ラジエターリフレッシャーで脈動圧送式交換

 

 

 

 

 

LLCを交換再生し、

最後にLLC再生強化剤を注入します。

 

 

エンジンを掛けながらエア抜き作業。

 

 

s-IMG_7958 s-IMG_7955 s-IMG_7961 s-IMG_7962

 

 

 

デフオイルは NUTEC NC-70 75w90で交換。

中空ガスケットも規定トルクでマシ締め。

 

 

 

 

 

WAKO’S RECS を最後にして、

試運転後に納車となりました。

 

 

 

 

 

s-IMG_7963

 

 

 

東京都からATF交換やDSC等を検討した時、

関東近辺に依頼する整備工場は無かったのですか?と

お聞きしました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCは弊社以外は不可能なので

選択の余地は無いのですが、

 

ATF交換などはHP・ブログ等を見て頂いて

『依頼するならココだ!!』と思われたそうです。

 

どうもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

同じ作業をするのでも

『ぜひミナト自動車でしてほしい』 と、

そう思われるような仕事をしたい。

 

 

そうでないと

これからの自動車整備業界では生き残れないでしょう。

 

 

 

 

厳しい時代が

もうすぐそこに来てますからね。

 

 

(アレ? もう来ているのかな?)

 

 

 

 

Happy Car Life!!

 

 

2016年5月16日

best scary movies on amazon prime

baby gates with cat door

baden-medservice.com/lechenie-raka-v-germanii-onkologija-gematologija/lechenie-raka-prostaty-v-germanii/

このページのトップへ