1. TOP
  2. ミナトBLOG

浜松市からANH15 アルファード 4WD。  リフレッシュプランで継続検査。 エンジン・AT 編

前回・前々回ブログの続きです。

 http://securityfeed.info/blog/?p=9375

http://securityfeed.info/blog/?p=9422

 

 

 

 

 

ブレーキ・サスペンションをリフレッシュした後は、

エンジン・ATなども整備していきますね。

 

 

 

s-IMG_6756 s-IMG_6762 s-IMG_6767 s-IMG_6768

 

 

リアデフ・トランスファ  ギアオイル交換。

 

 

 

スリキリ一杯でレベル調整。

 

 

 

中空式ガスケットも交換して、

規定トルクで締め付けします。

 

 

 

 

 

s-IMG_6784 s-IMG_6786

 

 

 

 

 

ワイヤー式の旧タイプ スロットルボディ

 

エンジンの奥にありますが、

サクサク分解して外しました。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6792 s-IMG_6801

 

 

 

旧タイプのスロットルボディは、

ISCVを清掃しないと意味がありません。

 

(ISCV アイドルスピード・コントロールバルブ)

 

 

 

 

 

 

 

非分解モーターの特殊ボルトも難なく外し、

ISCV単体まで分解しますね。

 

 

 

s-IMG_6807 s-IMG_6815 s-IMG_6818

 

 

ISCVのシャッターバルブに蓄積したカーボンを除去。

専用洗浄剤でキレイにしました。

 

開閉がスムーズになりますので、

アイドリング安定化に有効ですよ。

 

 

 

ガスケットも一緒に交換しましょう。

 

 

 

 

s-IMG_6824 s-IMG_6823 s-IMG_6826

s-IMG_7045

 

 

 

 

NGK イリジウムMAX 長寿命&高性能スパークプラグに交換。

次回交換距離は10万キロまで使えます~。

 

 

 

 

 

 

入庫時の排気ガステストでは、ややCOが高めでしたね。

 

・エアエレメント交換

・スパークプラグ交換

・ISCV清掃/初期化

 

 

 

 

再度測定してみると、

CO 0.18 %  →0.06

HC 33ppm  → 18ppm

 

 

このエンジンなら、

なかなか優秀な数値になりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7021 s-IMG_7022 s-IMG_7023 s-IMG_7024 s-IMG_7025

 

 

 

ATFも交換します。

 

 

 

 

オイルパンを外して鉄粉除去。

 

ATFストレーナーガスケットを交換して、

元に戻してからATFを補充します。

 

 

 

 

 

 

ATが完全に暖機するまでアイドリング。

 

そこから一気に圧送式交換を行いますね。

 

 

 

 

 

s-IMG_7027 s-IMG_7028 s-IMG_7031 s-IMG_7034 s-IMG_7036 s-IMG_7038 s-IMG_7041 s-IMG_7042

 

 

NUTEC 最高峰ATF 『NC-65』

全化学合成ATF(エステル系)

 

 

 

 

プレ洗浄無しでキレイに入れ替わりました。

 

 

次回推奨交換距離は

5万キロ以上とお伝えしています。

 

 

 

 

 

s-IMG_6831 s-IMG_6837

 

 

ラジエターリフレッシャーを使用したLLC圧送式交換。

 

 

エンジン・ラジエター・ヒーターコア

全てのLLCを入れ替えますね。

 

 

 

 

最後にLLC強化再生剤で

防錆・消泡性能を補い、エア抜き作業も忘れずに。

 

 

s-IMG_7076 s-IMG_7078 s-IMG_7080 s-IMG_7079 s-IMG_7081

 

カーエアコンリフレッシュα

 

 

 

マニホールドゲージでは

現在の冷媒充填量が分からない。

http://securityfeed.info/blog/?p=331 

 

 

 

 

 

そこで冷媒ガスを、全回収してクリーニング。

真空引きし、規定量まで再充填。

 

結果的には冷媒量が180g不足していましたね。

 

 

 

 

 

 

 

NUTEC NC-200 高性能AC添加剤も

同時注入でコンプレッサーを保護強化。

 

 

 

 

エアコンもノーメンテナンスではダメですよ~。

 

 

 

s-IMG_7026

 

 

 

継続検査も合格し、無事納車となりました。

 

 

 

 

 

納車時にオーナー様とのお話の中で、

 

『全く知らない初めての整備工場へ

愛車を預ける事に不安は無かったのですか?』

 

 

と質問してみました。

 

 

 

 

すると

 

『ブログの内容』や『電話での話し方』

実際入庫した時の『問診』などで、

 

(ココなら大丈夫だな)と感じたそうです。

 

 

 

 

 

 

数週間預かりのリフレッシュ整備の場合、

 

1・現状の不具合点・不満点。

2・お預かりできる期間(日数)

3・今回掛けれる整備予算     をお聞きしています。

 

http://securityfeed.info/blog/?p=7626

 

 

 

 

 

1・2・3全てが重要で、

3点がアンバランスな場合は

 

弊社ではお引き受けを辞退する場合もあるのです。

 

 

 

 

1の要望に対して、3の予算が合わない場合。

(予算が極端に少なすぎ)

 

 

 

1の要望に対して、2の日数が少ない場合。

(日数がどう見ても少なすぎ)

 

 

 

 

 

 

 

 

メールの相談内容から、

3点があまりにもアンバランスな依頼は

 

 

明確にノーと言わないと、

双方が不幸になってしまうでしょう。

 

 

 

 

プロの整備士なら

その辺りの見極めと説明も必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今回のアルファードの作業依頼は

3点のバランスが抜群に取れていたので、

 

弊社としても気持ち良く作業をさせて頂きました。

 

 

 

オーナー様に感謝します。

 

(また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いします。)

(少し遠いですけど・・・)

 

 

 

それでは

Happy Car Life!!

 

 

 

 

 

2016年4月25日

dynamo.kiev.ua

my-mebel.net

www.luxpom.com

このページのトップへ