1. TOP
  2. ミナトBLOG

ブレーキ ディスクローター研磨作業。  磨いて荒れる??本当の目的。

ミナト自動車に初入庫車両で

リフレッシュ点検をさせて頂いた時、

 

 

 

ブレーキ関係の整備依頼が多いです。

 

 

s-IMG_5928

 

 

 

 

 

(ブレーキパッド交換)

実施された経験は多いと思いますが、

 

 

 

 

・ブレーキキャリパー オーバーホール(O/H)

・ブレーキディスクローター 研磨作業    

 

 

過去に実施された事が無いという方が

問診ではよく耳にします。

 

 

 

 

そもそも今まで整備士側から

提案された事すら無いと・・・。

 

 

 

 

s-IMG_4140

 

 

 

ブレーキキャリパーのO/Hは

ブログでよく紹介しているので、

 

皆さん理解度が非常に高いのですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

ディスクローターの研磨については

少し誤解している部分もあったので、

 

 

今回はブレーキディスクローターの

研磨作業』にスポットを当てたいと思います。

 

 

s-IMG_4141

 

 

 

新車の時はキュッとブレーキが

良く効いたあのフィーリング。

 

 

 

 

5万~8万キロも走行すれば、

イマイチ効きが悪く感じている方も多いのでは?

 

 

 

 

 

ブレーキパッドを交換しても

最初は良好なのですが・・・・。

 

 

 

やはりある程度走行すると

また効きが甘く感じてしまう。

 

 

 

それはディスクローターが原因かもしれないですよ~。

 

 

 

s-IMG_3049

 

 

ホイールの隙間から

ディスクローターを覗いてみて、

 

表面がレコード盤状に溝が付いていませんか?

 

 

 

 

 

また自分の顔の目・鼻・口が

うっすら判別出来るほど光沢が出ていませんか?

 

 

 

 

 

 

(ディスクローターの研磨)

 

研いで磨く』と書きますが

 

どうもこの字が

誤解を生んでいるように思います。

 

 

s-IMG_1696

 

ディスクローター研磨の目的は、

面の均一化 と 安定化

 

 

 

 

 

レコード盤のような細かい溝を。

 

過度な熱を帯びて

ローター自体の振れ・歪みを。

 

 

 

面を旋盤で削り整えます。(均一化)

 

 

 

 

 

 

 

面の安定化は

 

 

長期使用したローター表面は

熱で焼けた表面 と 少しマシな部分が出てきます。

マバラな摩擦係数)

 

 

 

 

それを一皮削って

同じようにするのも目的ですが、

 

 

本当の目的は面を荒らす事なんですよね~。

 

 

s-IMG_0346

 

 

 

走行中はローターとパッドは

全く離れている訳ではなく、

 

ほんの少~し触れ合っています。

 

 

すると

鉄のローターをブレーキパッドが

軽~く磨き続けて・・・。

 

 

 

3万・4万・5万キロと走行すると、

少しずつ触れ合っているローター面は

 

ツ~ルツルになっていくのですよね~。

 

 

 

 

IMG_1128

 

例えばの話。

 

地面がディスクローター。

靴がブレーキパッド。

 

 

 

ツルツルのきれいな廊下を

本皮ソールの靴で走って止まろうとすれば

 

少し滑りますよね。

 

 

 

地面が古いコンクリートで

見た目きれいだが・・・。

 

 

よく見るとガサガサなら、

滑らずギュッと止まります。

 

 

s-IMG_5093

 

 

新品時や研磨後のローター表面は、

面が均一で在りながら

 

ガサガサしていて光沢感はゼロ。

(覗き込んでも全く顔が映らない。)

 

 

 

 

 

そこに交換したブレーキパッドを使えば、

新車時のようなキュッと止まる感覚が蘇ります。

 

 

 

 

 

 

信号で止まる寸前、

僅かに感じるニュッとした違和感。

 

 

それが嫌で止まる寸前に

ペダルを踏む力を増やすあの感覚。

 

 

 

 

一度 ホイールの隙間から見える

ディスクローターを観察してみてはどうでしょうか?

 

 

レコード盤状? 顔が映る?

 

 

 

そろそろディスクローターの研磨時期かもしれませんね~。

 

 

s-IMG_4165

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

 

 

今回のディスクローター研磨の話は、

一般走行向けの内容なので、

 

 

 

サーキット走行などの

ハードブレーキングを多用する方、

 

ディスクローターがもともと削れやすい輸入車などは

また話が変わりますのでご注意くださいね。

 

 

 

 

 

よく聞かれる研磨のデメリット??

 

 

削りすぎてローターが薄くなり、

熱に弱くなる・・・・歪む。

 

 

 

 

一般走行レベルであれば、

全く影響はありませんよ~。 (要厚み確認)

 

 

 

 

旋盤で削っても片面0.2mm。

両面で0.4mmぐらい。

 

 

 

標準的なローターで限度厚までは、

新品時から約2.0mmが多いです。

 

 

 

ガッツリ削るというよりは、

一皮剥く程度なのでご安心ください。

 

 

 

 

また錆での腐食・激しい歪みの場合は、

新品交換を推奨しています~。

 

 

 

 

それではHappy Car Life!!

 

 

2016年3月28日

Тестостерона Пропионат купить

in home massage

купить котел на твердом топливе

このページのトップへ