1. TOP
  2. ミナトBLOG

VW パサート TSI  直噴エンジン  インテークバルブのカーボン蓄積。  

s-IMG_5342

 

VW パサート ヴァリアント

3CAXX 2,0直噴ターボ TSI

 

走行距離9万キロ

 

 

 

 

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)による

インテークバルブ  カーボン蓄積除去の依頼です。

 

 

 http://securityfeed.info/blog/?p=5905

 

 

 

弊社は国産車を専門とする整備工場なのですが、

 

今回は条件付きで輸入車の

作業をお引き受けさせて頂きました。

 

 

 

s-IMG_5245

 

 

レクサス・トヨタ V6直噴エンジンのDSC作業は、

このブログでたくさん紹介してきました。

 

 

 

 

すると(お問い合わせフォーム)にも

ブログ記事に比例して、

 

輸入車 直噴エンジンのDSC作業相談が増加。

 

 

 

VW・アウディ

シトロエン・プジョー

BMW MINI などなど。

 

 

 

 

 

直噴エンジンのため、

通常使用・通常メンテナンスでも

 

インテークバルブにカーボンが蓄積し、

エンジンが不調になるそうですね。

 

 

 

 

 

 

インテークに大量蓄積すると、

WAKO’S RECSなどでは除去不能でしょう。

 

GRエンジンでもそうでしたから・・・。

 

 

 

s-IMG_5246

 

 

 

現在DSCはレクサス・トヨタ GRエンジンのみに対応。

 

 

 

しかも輸入車はメイン車種ではないので、

お引き受けは不可ですよ~とお話したのですが、

 

 

オーナー様と相談の上、

条件付きでの入庫となりました。

 

 

 

 

 

 

条件は三つ

・正確な金額の事は不問で。 (事前見積りは不可)

・お預かり期間は1週間。

・こちらの事情(話)を聞いてくれる事。

 

 

 

 

 

 

インテークバルブが見えるまで、どの部品を外すのか?

ガスケットなどの消耗品は何がいるの?

アイドリング維持の為、学習値初期化は?

 

 

 

どんなエンジンか?分からない事だらけ・・・。

 

 

 

事前見積りで費用はだいたいコレぐらい。

時間はコレぐらい。

 

としか言えないのです。  手探りですからスイマセン。

 

 

 

 

そもそも弊社のスキャンツールで初期化ができるのか?

調べないといけない事が多すぎるのですよね~。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5261 s-IMG_5262

 

 

ある程度の事は

事前に調べてクリアできました。

 

 

準備も整ったので作業に掛かりますね。

 

 

 

 

 

 

インテークバルブが見えるまで、

吸気系の部品を外していきます。

 

 

国産車ではあまり使わないトルクスボルトが多く、

勝手が違うな?と思いながら、

 

作業は順調に進みます。

 

 

 

 

 

トヨタ車に慣れていると

作業しやすいのか?しにくいのか?

 

よくわかんね~な??VWは。

 

s-IMG_5250 s-IMG_5249

 

インテークポートには

おそらく燃焼室でタンブル気流を生み出す

整流板?でしょうか。

 

 

 

(タンブル 縦回転気流)

(スワール 横回転気流)

 

GRエンジンはスワール気流でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても結構な量のカーボンが付着しています。

もちろんポート内径もカーボンだらけ。

 

 

 

 

インテークバルブを覗いてみますね~。

 

 

s-IMG_5268 s-IMG_5267 s-IMG_5266 s-IMG_5258 s-IMG_5264 s-IMG_5265 s-IMG_5252

 

 

予想通りの蓄積具合。

 

 

ブローバイのオイル過流入は、

このエンジンは少ないですね。

 

あまりベトベトしていないです。

 

 

 

 

 

 

ポート形状とインテークバルブで、

最適な気流を生み出し、

 

少ない燃料と空気を燃焼室で撹拌

 

 

 

確実な混合気にし点火すれば、

設計通りの最大パワーが出るのですが・・・。

 

 

 

 

気流が乱れると撹拌が乱れ、

うまく混合気にならないんですよね~ 直噴の場合。

 

 

 

 

カーボン(煤)が増加 ・ パワーもダウン。

そして繰り返し・繰り返して悪化する。

 

 

s-IMG_5272

 

 

DSCをする為に

マスキングをして完全防備

 

 

飛び散るカーボン片に備えます。

 

 

s-IMG_5274

 

 

次世代洗浄マシン

グリーンテック社 ドライアイス洗浄機

 

 

ドライアイス3mmペレットを投入し、

DSC専用ノズルを装着。

 

 

 

kkkk

 

 

圧縮空気でペレットを高速噴射。

 

 

 

 

ドライアイスの特徴を利用したドライアイス洗浄。

 

熱収縮昇華爆発力で、

イッキにカーボンを剥離します。

 

http://securityfeed.info/blog/?p=5921 

 

 

 

 

s-IMG_5280 s-IMG_5281 s-IMG_5283 s-IMG_5277 s-IMG_5279

 

 

ワンショット10秒。

 

ペレットが直撃した部分だけ、

カーボンが剥離していますね。

 

 

当たればキレイに剥離するんですが、

これがなかなか当たらない。

 

s-IMG_5290 s-IMG_5292 s-IMG_5295

 

 

 

バルブ・ポートの隅々までキレイになるように、

ショットを繰り返します。

 

 

バルブシート付近は特に念入りに。

 

 

 

 

 

バルブは全閉状態で作業しますよ~。

 

 

 

開いた状態で剥離すると、

燃焼室にカーボン片が入りますし。

 

 

 

 

カーボンが噛みこむと、圧縮不良になりますからね。

 

 

 

s-IMG_5298 s-IMG_5300 s-IMG_5302 s-IMG_5306

 

4気筒 8バルブ全て除去しました。

 

どうでしょうか?

 

キレイになったと思います。

 

 

s-IMG_5307

 

 

交換できるガスケットは新品に交換して、

元の状態に組み直し。

 

 

 

電子制御スロットルも清掃しますね~。

 

 

 

 

 

 

エンジン始動で完全暖気。

 

 

スロットル初期化 と 燃料漏れチェック。

 

 

 

試運転をして納車となりました。

 

 

 

 

s-IMG_5337

 

 

 

もともとハッキリ分かる不調は無かったのですが、

新車時に比べてエンジンの吹き上がりが悪いと・・・・。

 

 

 

 

 

 

そもそもエンジン不調などの原因は

多岐に渡りイロイロ考えられるのですが・・・・。

 

 

 

 

インテークバルブのカーボン蓄積も、

その原因の一つに当たると思いますよ。

 

 

 

 

あれだけ汚れて、

カーボンが大量に溜まれば、

 

エンジンにイイ訳ないよねと。

 

 

 

 

新型省燃費エンジンは

これからほぼ直噴になっていくでしょう。

 

 

 

 

 

カーボンが溜まるんだから

DSCが簡単に出来るよう

エンジン設計をしてくれると助かるんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

そうするとエンジンの調子が良くなるので、

逆に新車が売れなくなる。

 

 

 

 

 

販売台数が減るような事を、

わざわざメーカーがする事もないよね~。

 

 

 

s-bbb

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

ミナト自動車は

国産車専門の自動車整備工場です。

 

 

 

スキャンツール・工具などが対応していない車両は、

責任持って作業が出来ないので、

 

ある一定の線引きはさせて頂いています。

 

 

 

 

 

また国産車の整備依頼が混雑しているので、

正直輸入車まで手が回らないのが現状。

 

 

GRエンジン以外の国産直噴エンジンにも、

DSCを対応しないといけない課題もありますし。

 

 

 

 

 

今回はオーナー様の熱意に負けて、

作業をさせて頂きました。

 

 

次はどうするか?は未定ですけど・・・。

 

 

Happy Car Life !!

 

 

 

2016年3月15日

profvest.com

top rated sex toys

scary movies on amazon prime

このページのトップへ