1. TOP
  2. ミナトBLOG

マークX GRX120系   インテークバルブのカーボン蓄積。   スーパーチャージャー有り・無しは関係ないようです。

同一作業が重なるのは、

整備工場あるあるなんですが・・・・。

 

 

 

 

 

先週はDSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)が

立て続けに入庫し、少し疲れ気味です。

 

しかも3台とも ATF交換 と DSC のW施工。

 

 

 

 

 

 

 

時間配分を考えながら、

サクサク作業を進めますね~。

 

s-IMG_3745

 

 

神戸市からお越しいただいた

マークX GRX120  8万キロ走行

 

TOM’S スーパーチャージャー仕様の4GR-FSE。

 

 

 

s-IMG_3850

 

吸気系統のアルミサージタンクなどの脱着は、

今回初めてなんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

トヨタ純正OPなら

そんな無茶な取り回しはしていないだろうと、

今回作業をさせて頂きました。

 

 

(ガスケットの入手に少し手間取りましたけどね・・・。)

 

 

s-IMG_3790 s-IMG_3788 s-IMG_3798

 

 

S/C仕様のためか?大量のブローバイ過流入

 

 

インテーク内はオイルでビタビタ

 

 

 

ん~オイルキャッチタンクは

付けた方が良いかも・・・。

 

 

s-IMG_3802

 

スワールCバルブASSY もオイルでベトベト。

 

 

 

オイルで洗い流されたのか?

 

いつも付着しているカーボンは無く

キレイな状態でした。

 

 

 

 

 

 

またバルブも常時全開に固定しているので、

スワール効果を無効にしていましたね。(S/C仕様かな?)

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3793 s-IMG_3808 s-IMG_3806 s-IMG_3805

 

 

 

 

インテークバルブのカーボン蓄積は

S/C仕様でも関係なく、

大量に蓄積していますね。

 

 

 

 

 

s-IMG_3247s-IMG_3248

 

 

 

 

ドライアイス洗浄機で

ドライアイス3mmペレットを高速噴射

 

 

 

インテークバルブに固着した

カチカチのカーボンを剥離。

 

 

熱収縮昇華爆発力で除去しますね。

 

 

 

 

 

 

kkkk

s-IMG_3833 s-IMG_3835 s-IMG_3837 s-IMG_3836

s-スワール

 

 

 

 

 

 

 

DSCオプション整備のスパークプラグ交換。

 

NGK イリジウムMAX に交換しました。

 

 

 

 

 

DSCと同時作業なら

交換工賃はお安く設定しています~。

 

 

 

s-IMG_3816 s-IMG_3818

 

 

 

 

 

 

新車から10年経過していますので、

カーエアコンリフレッシュαも施工します。

 

 

NUTEC 高性能AC添加剤 NC-200も同時注入。

 

s-IMG_3841 s-IMG_3843

s-IMG_3848

 

 

 

 

ATF完全圧送式交換 for NUTEC NC-65

 

ニューテック最高峰の全化学合成ATF  (エステル系)

 

 

 

 

 

オイルパン脱着・ストレーナー交換

アイシンAFW+でプレ洗浄。

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

 

 

s-IMG_3754 s-IMG_3782

 

 

 

 

続いて名古屋市からはマ-クX GRX120。

 

リピート来店です。  いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

大阪観光ついでにお越し頂きました。

 

1泊2日で帰る頃には、作業完了しています~。

 

 

 

s-IMG_3970

 

 

 

 

走行距離は135000km

 

 

この距離なら十分カーボンは蓄積しているでしょう。

 

 

 

 

 

s-IMG_3973 s-IMG_3974 s-IMG_3977 s-IMG_3980 s-IMG_3981 s-IMG_3982 s-IMG_3984

 

 

シャフト部のカーボンは

大きくなってカマキリの卵状態

 

コレはそんなに固くないので

簡単に除去出来ます。

 

 

 

 

 

問題はバルブ傘部の固着したカーボン。

 

燃焼室からの熱を直接受けているので、

ガチガチに硬化しています。

 

 

 

 

 

エンジンを分解したO/Hか?DSC以外では

キレイに除去は難しいと思いますよ~。

 

 

s-IMG_3989 s-IMG_4007 s-IMG_4008

 

 

 

工場内に響き渡る爆音。

飛び散るカーボン片。

 

 

 

 

 

車両・ホイールにカーボンが付着しないように、

3M社 マスキングシートで完全防備。

 

 

水・シンナー・各溶剤などもにも強い

最強のマスキング紙。

 

 

1巻き結構高いんですよね~。

 

 

 

 

 

バルブ・インテークポート内壁

全てがキレイになるように、

 

DSCをひたすら繰り返します~。

 

 

 

s-IMG_3996 s-IMG_3998 s-IMG_4000

 

 

こんな感じになりました。

 

完全に除去できましたね~。

 

 

(2枚目画像のバルブの黒丸いのはシミです。)

 

 

 

s-IMG_4026

 

 

前々回はNUTEC ZZ51改。

前回はNUTEC NC-65。

 

 

 

今回もNC-65でATF圧送式交換。

 

 

s-IMG_4047

 

 

デフオイルもNUTECで。

 

 

全化学合成ギアオイル NC-70 75W90

 

 

s-IMG_4049

 

 

 

 

最後にWAKO’S RECSを施工しました。

 

(燃焼室内はDSCではキレイにならないので~。)

 

 

s-IMG_4054

 

 

 

次回ブログも、もう一台のDSC作業を紹介します。

 

 

 

 

 

 

直噴エンジンの中でも、

インテークバルブのカーボンが蓄積しにくい

 

レクサス GS350 V6 3,5L

2GR-FSE 『D4-Sエンジン』

 

 

どれだけ蓄積しているか?

 

お楽しみに~。

 

2016年2月14日

https://shopvashtextil.com.ua

shopvashtextil.com.ua/catalog/index/108-postelnye-prunadlezhnostu/0/132

https://shopvashtextil.com.ua

このページのトップへ