1. TOP
  2. ミナトBLOG

ハイエースワゴン100系  リフレッシュプラン。   大丈夫ではないブレーキ整備。

去年末に埼玉県からリフレッシュプランで

点検整備をして頂いたハイエースワゴン 200系。

 

http://securityfeed.info/blog/?p=8163

 

 

 

車両コンディションが向上されたようですね。

 

 

 

 

 

 

今回は大阪の職場で使用している

ハイエース100系のリフレッシュプランを依頼されました。

 

 

s-IMG_3048

 

ハイエースワゴン KZH100G

走行距離 236000km

 

 

 

 

 

入庫時の問診でお聞きしたのは、

『ブレーキング時の大きな振動。』

 

 

ブレーキを踏むとステアリング・ペダルにまで

ガタガタと振動が伝わるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

先日、いつも車検依頼している工場に相談しても、

(大丈夫です!)との事で・・・・・。

 

 

 

 

 

それならばミナト自動車で!という事になり、

入庫して頂きました。

 

 

 

 

 

 

問診をして試運転。

 

低速で10メートルぐらい走行。

 

 

 

 

 

(あきらかにブレーキがおかしい。)

 

(こりゃダメだ~。)

 

 

 

s-IMG_3049 s-IMG_3051

 

 

 

ディスクローターが深く削れて、

外周(ミミ)が立っていますね~。

 

 

 

 

ローター自体の歪みもあると思いますが、

ミミがブレーキパッドに触れての微振動でしょう。

 

 

 

 

 

ちなみに国産車で

ここまでローターが削れるのは、

大きく分けて3点です。

 

 

・慢性的な急ブレーキの踏みすぎ。

・ブレーキキャリパーの固着。

・リアブレーキの調整不足。

 

 

 

s-IMG_3319

 

 

今回ココまでローターが削れた原因は

ローターの焼け・パッドの減りなどから判断して、

 

 

リアブレーキのクリアランス調整不足でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

4輪のブレーキで制動力を掛けるのに、

リア側の調整が甘いと

フロント2輪のみで止まろうとします。

 

 

 

 

 

 

ただでさえブレーキング時は

Fr側の負担が大きい。

 

 

 

 

リア側の効きが甘いと

 

余計に止まらないので

さらにペダルを踏み込む。

 

 

 

 

 

キャリパーがFrパッドを必要以上に押し付けるので、

ローターが深く削られる。

 

 

 

 

s-IMG_3320

 

 

まずはブレーキ関係からリフレッシュしますね。

 

 

 

 

 

ハイエース100系のディスクローターは

ハブを分解しないと外れません。

 

 

 

 

 

ハブベアリングのガタを確認してから

分解していきます。

 

(ガタは無し)

 

 

s-IMG_3063 s-IMG_3065 s-IMG_3064

 

 

 

ハブインナーシールの劣化で

グリスが漏れていますね。

 

 

 

ハブベアリングのグリスと

シールも交換項目に追加しました。

 

 

 

s-IMG_3068 s-IMG_3072 s-IMG_3073 s-IMG_3074

 

 

ブレーキキャリパーをオーバーホール

 

ピストンシール ・ ダストブーツ ・ スライドピンブーツ

 

 

キレイに洗浄して組み立てますね。

 

s-IMG_3174 s-IMG_3175 s-IMG_3176

 

 

ベアリングは焼けも無く、まだ使えるでしょう。

 

キレイに洗浄しグリスアップ

 

 

 

 

 

 

バックプレートも洗浄して、

ディスクローターとパッドも新品に。

 

 

 

 

ブレーキフルードも交換して、

FrブレーキはこれでOK。

 

 

s-IMG_3321

s-IMG_3327

 

リアライニングシューは交換し、

ドラムは研磨して再使用。

 

 

 

せっかくココまで分解したので、

アクスルオイルシールも交換します。

 

 

s-IMG_3322 s-IMG_3324

 

このシールが劣化すると

デフオイルがブレーキドラムに進入します。

 

 

そうなるとブレーキが効かなくなるので、

予防整備として交換しました。

 

 

 

 

 

もう一つの懸念材料のハブベアリングは

今のところ異音は無いようです。

 

 

s-IMG_3328

 

ブレーキシリンダのカップシールも交換して、

ブレーキ調整を行いました。

 

 

 

 

組み上げ後、試運転。

 

当たりが出てから、もう一度ブレーキ調整。

 

 

 

 

 

 

サイドブレーキの調整も確実に。

 

 

 

 

ブレーキング時のキックバックも無くなり、

制動力も回復しましたね。

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで少しずつ進行している

ハイエース リフレッシュプラン。

 

 

次回ブログでは

それ以外の整備も紹介しますね~。

 

 

Happy Car Life!!

 

2016年1月29日

car seat stroller combo reviews

best movies on demand

compare jogging strollers

このページのトップへ