1. TOP
  2. ミナトBLOG

とりあえず四半世紀を目指します。  次の7万キロに向けての老車リフレッシュ整備。

例年通りなら一月上旬は

少しゆっくり出来るはず・・・。

 

 

普段から軽整備はしているが、

 

リフレッシュ重整備は、

こんな時にしか出来ない・・・。

 

 

 

 

 

というわけで、

今回は愛車メンテナンス整備を

手が開いている年始付近に実施してみました。

 

s-IMG_2828

 

ボルボ 940エステート 9B230W

 

1993年式  走行距離14万キロ。

 

 

 

 

 

今回のメイン修理は

エンジン シリンダーヘッドガスケットからの冷却水漏れ。

 

 

 

 

 

B230エンジンは単純な構造なので、非常に丈夫。

ですが何ヶ所かは経年劣化に弱いところがあります。

 

 

 

 

その一つがシリンダヘッドとブロックの

気密確保をしているヘッドガスケット。

 

 

 

 

20年以上経過しているため素材自体がグズグズになり、

脆くなっているのですね。

 

 

 

 

 

WAKO’S ストップリークで漏れ自体は止まっていたのですが、

まだまだ使用する予定なので

 

 

ガスケットなど一式交換する事になりました~。

 

s-IMG_2864

 

おそらく30年以上前のエンジン設計でしょう。

 

シンプル・シンプル・シンプルなエンジンですね~。

 

 

 

 

ここまで分解する作業は

比較的簡単なのですが、

 

 

外していくと周辺パーツ

もれなく割れていきます。

 

 

 

 

 

 

ゴムホースはカッチカチに硬化。

プラスチック部品はパキパキに。

 

これらの部品も新品に交換します。

 

 

 

エンジン系の補修パーツは、

いまだに有るんですよね。

 

s-IMG_2867

 

 

 

冷却水漏れの原因になったヘッドガスケット。

 

23年間頑張ったほうでしょう。

 

 

 

無理に使用して

イッキにLLCが漏れれば、

 

 

 

オーバーヒートでエンジンがアウトになりますから、

長い目で見ると交換してよかったです。

 

 

 

s-IMG_2868

 

 

ディストリビューター周辺もリフレッシュ。

 

 

シリンダヘッドから切り離し、

汚れを落としてオーリングも交換。

 

 

 

ローター・キャップもボッシュ製で交換。

 

 

 

 

s-IMG_2893

s-IMG_2894

 

 

ドライアイス洗浄用の

ドライアイスペレットが余っていたので、

 

燃焼室に当ててみました。

 

 

 

こちらは気持ち程度のリフレッシュ洗浄。

 

 

s-IMG_2923

 

 

左が7万キロ時に交換した

社外エンジンマウント(液体封入式)。

 

結構信頼できる所で購入したけど、これはハズレでした。

 

 

 

 

 

 

 

やはり重要ゴム部品は純正に限る。

輸入部品は当たり外れがあるからね。

 

 

 

交換した純正品はやはり静粛性がイイですね。

ぜんぜん違うわぁ。

 

 

s-IMG_2926

 

ウォーターポンプから各ホース類。

カム・クランク・インタミのオイルシールも交換。

 

 

こちらも7万キロ使用したので、

予防整備としてリフレッシュ~。

 

 

 

s-IMG_2929

 

排気系統もガスケットを交換し、

ターボ関係のオイル漏れも治しました。

 

 

 

 

 

いつか修理しようかと部品は入手していたのですが、

なかなか作業する機会が無くて・・・。

 

 

この際オイル周りのガスケット・オーリング類を全交換。

 

s-IMG_2930

 

 

もともと高速走行なら10km/L以上はあるのですが、

もう少し改善してくれる事を期待して・・・。

 

 

ボッシュ ユニバーサルタイプのO2センサーに交換しました。

 

 

 

 

冷間時の排気ガス臭さが無くなったので、

O2センサーのヒーター機能が復活したようです。

 

 

市街地走行時の燃費が

良くなるとイイんですけどね。

 

 

s-IMG_2933

 

 

こちらも7万キロ使用したイグナイター(パワーステージ)。

 

点火系の重要部品です。

 

 

 

 

 

 

 

これが突然死をすると、

エンジンが掛からず立ち往生。

 

 

 

見た目での良否判定は出来ないため、

こちらも予防整備として交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

結局今回のリフレッシュ整備では、

大小30点以上の部品を交換。

 

 

 

 

・もうすでに劣化しているもの。

・距離・年数を考慮して交換時期が近いもの。

 

 

 

 

 

作業前から分かっていた交換部品や、

分解して初めて分かった部品劣化など。

 

 

 

普段なかなか手が付けれなかった整備を、

思い切って実施したのです。

 

 

 

 

あと2年もすれば

四半世紀使用した事になるボルボ940。

 

 

メンテナンスをし続けた結果、

一度もエンストすらした事が無いんです。

 

未だに絶好調なんですよ~。

 

 

 

エコ的な事から乗り続けている訳ではなく、

ただ単に愛着があるから乗り続ける。

 

 

 

もう少し頑張ってもらいますね。

 

 

2016年1月17日

read here steroid-pharm.com

profvest.com/2017/07/birzha-kryptovalut-rejting-i-spisok-lutshih.html

куда вложить деньги в интернете

このページのトップへ