1. TOP
  2. ミナトBLOG

愛知県から車検依頼。   ラッシュ 4WD   車検予約はお早めに~。

愛知県からお越し頂きました。

 

トヨタ ラッシュ

J210E 4WD  66000km

 

 

 

車検整備の依頼です。

 

 

(今回は代車無し/長期お預かりとなりました。)

 

 

s-IMG_1850

 

オーナー様に問診させて頂いて、

希望整備 や 不満点をお聞きします。

 

 

 

 

 

それらを念頭に試運転 と 法令点検。

 

(もちろん法令点検以外の所まで点検していますよ~。)

 

 

s-IMG_1847 s-IMG_1848

 

 

今後の使用状況と予算に合わせた、

オススメ整備プランを提案させて頂きました。

 

 

 

順番に紹介しますね~。

 

s-IMG_2040

 

 

まずはスロットル と ISCVの分解清掃を行います。

 

 

電子制御式ではなく、

ワイヤー式旧タイプのスロットルボディ。

 

 

 

 

 

 

丸い円筒状の中をスロットル洗浄剤などで

キレイにしている方がいますが、

 

それはあまり意味がないですよ~。 このタイプには。

 

 

 

s-IMG_2042

 

 

ここはキレイにしても、しなくても

もともと隙間も無く全閉になっていますので。

 

 

キレイにしても

変化はほとんどありません。

 

 

s-IMG_2043

 

スロットルの横についてあるISCVが、

アイドリングの微調整をしていますので

 

 

こちらを分解清掃しましょう。

 

 

s-IMG_2046 s-IMG_2047

 

 

 

シャッター式バルブに蓄積したカーボンが、

バルブ開閉の邪魔をします。

 

 

洗浄剤 と 綿棒でキレイにしていきますね。

 

 

 

 

 

s-IMG_2048

 

非分解のISCVモーターは

特殊工具で外します。

 

そうすると開閉具合が確認できます。

 

 

カリッという引っ掛かりが無くなればOK。

 

 

 

 

 

 

ここまでキレイにすると、

スムーズなバルブ開閉が出来てますので

 

アイドリング安定化には非常に有効ですよ。

 

 

 

 

s-IMG_2049 s-IMG_2052 s-IMG_2054 s-IMG_2055

 

ウォーターポンプからのLLC漏れ

 

 

ウォーターポンプ交換と同時に

ベルト・テンショナーB/Gも交換しました。

 

 

s-IMG_1853 s-IMG_1854

 

ACコンプレッサーの軸部からのオイル漏れ

 

 

オイル不足でロックする前に

リビルト品と交換しますね。

 

 

 

s-IMG_2204

s-IMG_2207

 

コンプレッサーを外す前に、

冷媒ガスを重量管理で回収。

 

コンプレッサーオイル補充量の参考にします。

 

 

 

 

 

ACコンデンサーのフィルターも交換して、

真空引きからのガスチャージ。

 

 

s-IMG_2217

 

ガスチャージ後に漏れを確認してから、

 

 

 

デンゲン社製エコマックスJr で カーエアコンリフレッシュα

 

同時にNUTEC NC-200 を注入します。

 

 

 

 

 

 

冷媒ガス ・ コンプレッサーオイルは

多すぎても・少なすぎてもダメなんですよね~。

 

 

s-IMG_2212 s-IMG_2215 s-IMG_2059 s-IMG_2060 s-IMG_2062 s-IMG_2261

 

 

LLC冷却水はラジエターリフレッシャーで

全量圧送式交換。

 

 

エンジンを掛けながら

冷却ライン全てのLLCを入れ替えます。

(エンジン内部・ヒーターコアも)

 

 

 

 

 

 

ATFも全量交換。

 

 

オイルパンを脱着洗浄して、

NUTEC NC-65で圧送式交換。

 

トルコン太郎で一気に交換しましたよ~。

 

 

 

s-IMG_2179 s-IMG_2180

 

 

ブレーキを点検していると、

少し異変に気が付きました。

 

 

 

2つの画像を見てオカシイ所がわかりますか?

 

 

 

 

キャリパーピストンのダストブーツが、

チョトだけ膨れているのが分かると思います。(2枚目画像)

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2226 s-IMG_2230

 

 

Frキャリパーを分解してみると、

 

左右ともダストブーツがきちんと

装着されていませんでした。

 

 

 

 

 

 

問診時に

ブレーキ関係は全て他社でオーバーホール済みと、

お聞きしていたので・・・。

 

 

 

 

その作業者が確認せずに

組み直したのでしょう。

 

 

 

s-IMG_2232

 

 

 

こうなると左右ともシール・ブーツを全交換。

 

もう一度オーバーホールしますね。

 

 

 

 

 

 

このキャリパーは

ブーツが装着できているか?の確認が

少し見づらい構造で。

 

 

 

s-IMG_2233

 

 

 

画像のように装着後には、

何度もピストンを押し出して、

 

ブーツが全周に正しく装着出来ているか?

確認します。

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキ関係の整備は

事故に繋がる可能性があるので、

 

信頼できる指定/認証・整備工場に依頼してくださいね~。

 

s-IMG_2236 s-IMG_2238 s-IMG_2239 s-IMG_2241 s-IMG_2242

 

キャリパーホルダーのダストブーツも交換して、

ブレーキパッドのシムグリス塗り直し。

 

 

WAKO’S BRP 高性能パッドグリスで

耐熱性・耐久性を強化。

 

 

 

ブレーキフルードも全交換しました。

 

 

 

 

Rドラムブレーキ ライニングシューは

スポーツタイプに変更しますが・・・。

 

 

在庫切れのためバックオーダー中。

 

 

もうすぐ入荷しますので、

オーナー様しばらくお待ちくださいね~。

 

 

s-IMG_2262

 

 

こんな感じで進行中のラッシュ車検整備。

 

最近は他府県からの

車検整備依頼が多いのですが、

 

 

その場合はかなり早い段階からの

相談のほうが助かります。

 

 

 

 

 

 

 

『来週検査が切れるんですけど?』 とのご相談は、

正直チョット遅すぎ~。

 

 

 

1ヶ月以上前にご相談して頂けると、

代車やリフトのスケジュールを調整できますので、

ご協力ヨロシクお願いします。

 

 

 

今年も残り僅かですね。

 

 

全ての作業が年内に終わるとイイんですけど。

 

 

 

それではHappy Car Life!!

 

 

 

2015年12月21日

piercing places toronto

tattoo shops in toronto

このページのトップへ