1. TOP
  2. ミナトBLOG

真冬ですがエアコン点検!!  

前回のブログで車検整備した
テリオスキッドの続きです。
以前から
エアコンの効きが
イマイチという事で
真冬ですがエアコン点検をしてみました。  
まずは配管や各機関の漏れを
エアコンガス リークテスター(デンゲン製)
s-CIMG6419.jpg
漏れている個所があるとデカい音でブザーが鳴ります。
ハッキリ漏れている個所は無さそうなので
エアコンガス回収機(デンゲン製)
で残量を測りながら回収します。    (コレ重要ですよ。)
s-CIMG6408.jpg
回収ボンベを
デジタルスケールに乗せ
スタート
s-CIMG6405.jpg
低圧配管から抜き取るので
低圧ゲージが0になるまで
自動回収。
s-CIMG6411.jpg
残量エアコンガスは約300g
この車両の規定量は400g±30g
s-CIMG6406.jpg
もともと全体量が少ないので
四分の一も無いと
冷えは悪いでしょうね。
真空引きして
コンプレッサーオイル
次回点検用に蛍光剤をサービスで入れておきました。
s-CIMG6416.jpg
丁度200g缶×2本を
再充填して
圧力テストと
漏れ点検。
外気温が低すぎるので
ゲージ圧のみでは良否判定しにくい。
暖かくなるまで
すこし様子を見てもらう事にしました。
エアコンガスの継ぎ足しは
よほど熟練者でないと
入れすぎになり
逆に冷えなくなります
エアコンガスは重量管理でおススメします。
出来ていないとガス量以外に原因がある場合
故障探究出来ないですよ。

2012年1月18日

seo

http://baden-medservice.com/lechenie-raka-v-germanii-onkologija-gematologija/lechenie-raka-legkih-v-germanii/

baden-medservice.com/predostavljaem-apartamenty-v-centre-baden-badena-v-roskoshnom-parke/

このページのトップへ