1. TOP
  2. ミナトBLOG

アルファードにリフレッシュプラン。  ブレーキとアクスルブッシュのサクサク整備

前回ブログの続きです。

http://securityfeed.info/blog/?p=7883

 

 

 

アルファード MNH15W 4WD

走行距離89000km

 

 

 

相談して 決定した

リフレッシュ内容を紹介しますね。

 

s-IMG_0279

 

まずはブレーキ関係から。

 

点検結果からFr・Rともに状態が良くないので、

ブレーキオーバーホールを行います。

 

 

 

 

パッド変磨耗の原因は キャリパーの機能低下

 

 

 

 

 

 

一昔前はシールからのフルード漏れで、

キャリパーO/Hはよくある作業だったのですが・・・。

 

シールの品質向上で漏れは少なくなり、

O/Hする機会も少なくなりました・・・。

 

 

 

 

 

ですが

ゴム製シールは経年劣化で硬化します。

 

ピストンを戻す機能が失われ

引きずりによる変磨耗が発生。

 

 

 

また組み付け時のグリスも硬化し、

スムーズな動きを阻害します。

 

 

 

s-IMG_0282 s-IMG_0283

 

シール・ダストブーツも交換し、

汚れが固着したピストンも磨いてキレイにしますね。

 

 

 

 

キャリパー自体も洗浄し、

グリスを塗って再組み立て。

 

 

s-IMG_0333 s-IMG_0334

 

キャリパーホルダーのスライドピン部も洗浄。

 

 

 

 

硬化したグリスは洗い流し、

ブーツも交換してグリスアップ。

 

 

 

s-IMG_0339 s-IMG_0337 s-IMG_0346

 

ブレーキパッドは新品に交換。

ディスクローターは研磨仕上げ。

 

 

 

パッドシムに付着した

硬化したグリスも洗浄。

 

 

 

 

WAKO’S BRP ブレーキプロテクター

耐熱・耐久 高性能パッド専用グリスを

指で薄~く塗りますね。

 

 

 

 

s-IMG_0443 s-IMG_0445 s-IMG_0446

 

リア側も同じようにオーバーホール。

 

 

 

この汚れを放置すると錆で侵食し

ピストンが再使用できなくなるのです。

 

 

 

定期的な整備で部品寿命も延ばせるのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見るとキャリパーホルダーの

スライドピンブーツが変ですね。

 

s-IMG_0455 s-IMG_0457

 

上が異常。

下が正常。    違いがわかりますか~?

 

 

前回作業者の取付ミスか?

ボルトの首下までブーツが装着されていませんね。

 

 

 

 

 

上のままだと水が混入し、

スライドピンが錆びますね。

 

 

 

 

キレイにしてキャリパー用のグリスを充填。

ダストブーツも交換します。

 

 

 

 

s-IMG_0417 s-IMG_0418 s-IMG_0420

 

リアアクスルビームブッシュも大きな亀裂。

 

10万キロぐらいのアルファードなどは、

ほとんどこんな状態ですね。

 

 

 

 

 

ちなみにリアサスペンションの位置決めは、

この2つのブッシュに依存しています。

 

 

このブッシュがガタガタだと、

走行安定性は著しく落ちますよね。

 

 

 

 

 

 

アライメント調整がどうのこうのの

問題ではないレベルですから。

 

s-IMG_0426 s-IMG_0427

 

・プロペラシャフト

・ドライブシャフト

・マフラーパイプなどを外します。

 

 

 

4WDなのでFF車より少し手間が掛かりますが、

かなりの台数を作業しているのでサクサク作業が進みました。

 

 

 

 

今回はABSセンサーが錆で固着していたので、

ハブも外してアクスルビーム単体まで分解します。

 

 

s-IMG_0432 s-IMG_0433

 

 

ここからやっとブッシュ打ち替え。

 

 

 

この作業はアクスルが重過ぎて

通常の門型プレスは使えない・・・。

 

 

SST と クッコ社10KN油圧ラム で押し出しますね。

 

 

小さいのに強力な押し。 Made in Germany

 

s-IMG_0436

 

ブッシュの位置決め箇所を確認し、SSTで再圧入。

 

 

 

ブッシュの取付角度を間違えると、

アライメントが大幅に狂うので要注意です。

 

 

s-IMG_0441 s-IMG_0442

 

コイルスプリング インシュレーター

デフホルダーASSY

ブレーキフルード

 

こちらも同時に交換しましょう。

 

 

 

 

 

 

組み立て完了後に車体に馴染ませて、

車重が掛かった状態でブッシュとアブソーバーの

ナットを本締めします。

 

 

 

 

 

 

トヨタ ミニバンに多いアクスルビーム式のサスペンションは

ブッシュを交換するだけで走行安定性は改善されます。

 

 

それだけ依存度が高いブッシュなのです。

 

 

 

 

 

ガタガタのブッシュでのアライメント調整は、

このタイプにはあまり意味がないのですよね~。

 

 

大元から治しましょう。

 

 

s-IMG_0413

 

次回のブログもアルファードの

スパークプラグ交換と

スロットル&ISCV 分解清掃を紹介しますね~。

 

 

それではお楽しみに

Happy Car Life!!

 

2015年10月28日

оптимизация сайта

http://baden-medservice.ru/kliniki-germanii/klinika-denglera/

Лечение рака груди

このページのトップへ