1. TOP
  2. ミナトBLOG

運転していても気が付かないんですよ。 しかしO2センサーは高いよなぁ。

半年ぐらい前にネットで当店の
ホームページご覧になられて
ATF交換をさせて頂いたお客様から
車検整備の依頼です。
ありがとうございます。
当店では
いつものように
24か月点検をして
必要な整備
おススメの整備
予防的整備
など
ベストなサービスメニューを
提案させて頂きました。
ご自身でもDAYで基本整備を        (ボンネットを開けるとなんとなく雰囲気で分かります。)
されているようなので
車両状態は良好なのですが  
s-CIMG6393.jpg
排気ガスのテスターで数値を測ると
かなり高めの値
とくにHCが。
s-CIMG6390.jpg
スパークプラグの焼け具合も問題なく
アイドリングは安定。
車両診断機(G-SCAN)を接続し
センサー系統の状態を確認。
s-CIMG6395.jpg
s-CIMG6396.jpg
02センサーがリーン(0v)で動かず
フィードバック係数も0のまま。    (通常はリーン0v リッチ1v 間を示す。)
02センサーのカプラを抜いても
変化がないので
センサー内で断線しているようですね。
HCがかなり多めの数値だったので
必要以上にガソリンを使っていたと思います。
s-CIMG6420.jpg
交換後はHCも大幅に下がり
この年式にしては良い数値に戻りました。( H13 テリオスキッド ターボ )
s-CIMG6397.jpg
s-CIMG6402.jpg
s-CIMG6404.jpg
s-CIMG6401.jpg
メーターパネルのエンジン警告灯は
この車種では点灯しないし
車検もギリギリ基準内なのですが
確実に燃費が悪くなっていたと思います。
従来の法定24か月点検はもちろんですが
車両診断機を使用した各機能の点検
必要ですよね。

2012年1月17日

source steroid-pharm.com

baden-medservice.com

www.baden-medservice.com/lechenie-gastrojenterologii-v-germanii/lechenie-jazvennogo-kolita-v-germanii/

このページのトップへ