1. TOP
  2. ミナトBLOG

ATF交換とDSCのオプション整備もヨロシク。  いろんなメニュー  ご用意していますよ~。

前回ブログからの続きです。

http://securityfeed.info/blog/?p=7711

 

 

トヨタ クラウン GRS180

14万キロ

 

DCS・ATF交換を終えて

次に実施するのはデフオイル交換。

s-IMG_9409 s-IMG_9407

 

NUTEC ZZ-32 80W120 部分化学合成ギアオイル

 

純正オイルより

ワンランク上のギアオイルを使用しますね。

 

 

一般走行レベルでZZ-32なら

十分ハイパフォーマンスだと思いますよ。

 

 

s-IMG_9413

 

次は カーエアコンリフレッシュα

 

どれだけ充填されているか?分からない

冷媒ガスを全回収してリフレッシュ。

 

 

現在の冷媒充填量を計測し、

高密度・吸湿フィルターでろ過します。

 

s-IMG_9445

 

真空引きを行い、再チャージ。

 

 

規定充填量は重量管理で全自動。

 

 

エアコン整備機器NO、1メーカー デンゲン社

(エコマックスjr)で行います。

 

 

s-IMG_9442 s-IMG_9443

 

ACコンプレッサーもオイルメンテは必要です。

 

NUTEC 高性能AC添加剤  『NC-200』  エステル系

 

 

こちらも同時にチャージしますね。

 

s-IMG_9440

s-IMG_9446

 

 

法令24ヶ月点検も依頼されました。

 

 

少ない時間内で出来る事は限られるのですが、

出来る限りの作業したいと思います。

 

 

 

納車まであと数時間・・・。

 

 

 

s-IMG_9417 s-IMG_9418

 

全体的に車両状態は良好です。

 

その中でも気になったのがブレーキ関係。

 

 

ブレーキキャリパー・パッドに塗っている

グリス全般が硬化していますね。

 

 

s-IMG_9419

s-IMG_9422

 

パッド残量は今後の使用状況をお聞きした限りでは、

十分次回車検まで持つでしょう。

 

 

 

 

今回は前後のブレーキクリーニングを行います。

 

 

ちなみにブレーキ関係の業務作業は

分解整備業の認証が必要になります。

 

 

無資格ではダメなんですよ~。

 

 

s-IMG_9425s-IMG_9424s-IMG_9428

 

WAKO’S BPR  耐熱・耐久・防水 高性能ブレーキパッドグリス

 

このグリス1本でなかなかのお値段。 高いね。

 

 

 

 

でも高粘着タイプで過酷な状況でも

安定して性能を発揮しますよ~。

 

s-IMG_9429 s-IMG_9431

 

 

 

パッドスライド部のシムもキレイにします。

 

 

ダストが混じって硬化したグリスが付いていると、

スライドの弊害になる。

 

 

 

 

滑りやすくする為のグリスが、

硬化すると逆に作用するので

 

一度キレイにしましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_9435 s-IMG_9437 s-IMG_9438

 

リア側もキャリパーを外して、リフレッシュ。

 

スライドピンの汚れを取って、グリスアップ

 

 

今後ブレーキパッドが著しく磨耗差が出てきたら、

キャリパーオーバーホールの時期でしょうね。

 

 

s-IMG_9448

 

 

 

最後にエンジン燃焼室洗浄のために

WAKO’S RECS レックスを施工して

 

全ての作業が終了しました。

 

 

 

 

 

 

朝10時からの入庫で、翌日お昼過ぎの納車。

 

 

 

一人で全作業をすれば

コレぐらいの時間が掛かります。  (ノーミスなら)

 

 

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

ATF完全圧送式交換とDSCをご希望の方は、

HP(お問い合わせフォーム)からご相談くださいね~。

http://securityfeed.info/

 

 

3日以内には返信していますが、

弊社からの返信が無い場合はお連絡をお願いします。

 

(メール設定ではじかれている可能性がありますので。)

 

お手数ですがよろしくお願いします。

 

 

 

2015年10月5日

profvest.com

http://profvest.com

anastrozole 1 mg

このページのトップへ