1. TOP
  2. ミナトBLOG

DSCとATF交換。  180系クラウンの1泊作業。   走行距離と固着強度。

愛知県豊田市からメール相談を頂きました。

 

 

トヨタ クラウン GRS180

H16 14万キロ走行

 

 

 

 

今回は愛知県で使用していたクラウンを、

佐賀県の親族にお譲りするようになり

 

 

引渡し前にリフレッシュ整備をしておきたいと、ご相談。

 

 

 

 

愛知県から佐賀県に行くタイミングで、

大阪で1泊2日のリフレッシュ整備を依頼されました。

 

 

 

s-IMG_9452

 

依頼内容

ATF完全圧送式交換 for NUTEC NC-65

DSC (ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

 

デフオイル交換  NUTEC ZZ-32 80w120

カーエアコンリフレッシュα      for NUTEC NC-200

 

・法令24ヶ月点検 (ブレーキクリーニングなど)

WAKO’S RECS レックス

 

 

ノーミスで作業すれば十分可能です。

もう慣れましたしね。

 

 

 

 

まずはDSCから作業していきます。

 

s-IMG_9337 s-IMG_9340 s-IMG_9341

 

直噴エンジン インテークバルブ カーボン除去作業。

http://securityfeed.info/blog/?p=5905

 

 

 

サージタンク ・ スワールCバルブASSYなどを分解していきます。

 

 

ブローバイのオイル過流入

内部EGRのカーボン吹き返し。

 

s-IMG_9343

 

 

 

6気筒12ポートのインテークバルブの

汚れ具合を確認しますね。

 

 

 

 

s-IMG_9350 s-IMG_9347 s-IMG_9351 s-IMG_9349

 

 

何十台もGRエンジンのインテークを見てきましたが、

 

14万キロの走行距離でコレなら

蓄積量は少ないほうかな。

 

 

おそらく普段からメンテナンスは

きちんとされているのでしょう。

 

 

 

 

蓄積量が少ないので

これなら比較的早く終われそうだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですがDSC開始一時間後には

それは間違いだったと痛感する事に・・・。

 

 

 

s-IMG_9365

 

グリーンテック社ドライアイス洗浄機 (ドライアイスパワー)

 

DSC専用ノズルを利用して、

ドライアイス3mmペレットを高速噴射。

 

 

熱収縮 と 昇華爆発力で剥離していきます。

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

 

s-IMG_9352 s-IMG_9353 s-IMG_9354

 

ショットを繰り返しカーボンを除去していくのですが、

今回はなかなか落ちてくれません。

 

 

 

 

表面の柔らかいカーボンは

一瞬で吹き飛びますが、

 

バルブ傘部に付着したカーボンが非常に強固

 

 

 

ガッチリ焼き付いて剥離しない。

 

 

 

 

 

 

試しに金属製ピックで突いても、

簡単には割れてくれない・・・。

 

 

s-IMG_9366

 

アノ手コノ手とマル秘作業しながら、

 

なんとかここまでキレイにしましたよ~。

 

 

 

s-IMG_9358 s-IMG_9359 s-IMG_9360

 

 

走行距離に比例して

カーボン蓄積量は増えるのですが、

 

同時に固着強度も増してくる。

 

 

 

10万キロを超えてくるとその傾向が出てくるなと、

最近感じてきました。

 

 

 

 

DSC以外の方法で

短時間でこのカーボンを除去するのは、

作業した経験者から言えば無理だと思います。

 

 

(ドライアイス洗浄機無しで作業してくれ!)と依頼されたら、

たぶん辞退するかな~。  終わらないしね。

 

 

s-IMG_9357

 

次はATF交換に移りますね。

 

 

 

初期型のGRS180クラウンは

ATは6速ではなく5速になります。

 

 

 

試運転時に感じたのは変速ショックが、

恐ろしくシームレス

 

(一瞬、コレ6速か?    5速じゃないの?)

 

 

 

 

 

 

 

いつも入庫する10万キロオーバーの6速ATと比べて、

段違いのグッドコンディション。

 

 

 

 

 

ここまで変速ショックの無い

10万キロオーバーのクラウンATは初めて。  すごいね。

 

s-IMG_9327 s-IMG_9329

 

ATFの状態も良く、鉄粉も少な目。

 

 

 

なぜシームレスな変速だったのかが、

これで分かりました。

 

 

やはり機械メンテナンスの基本はオイル・フルード交換ですね。

 

 

 

 

s-IMG_9332 s-IMG_9333

 

さすがにオイルパンガスケットは硬化して、

柔軟性は無く ヒビ割れていますね。

 

 

ATF漏れの原因になりますので交換時期でしょう。

 

 

s-IMG_9392

 

弊社オリジナル180専用アタッチメントを接続して、

イッキに全量交換。

 

 

 

 

純正同等油アイシンAFWプラス でプレ洗浄をしてから、

本命ATF NUTEC ニューテック 『NC-65』で再圧送。

 

 

s-IMG_9406

 

 

薄緑色のNC-65は色味が弱い為、色まで完全に入れ替わりません。

 

ですが95%以上はAFWプラスから入れ替えれたと思います。

 

 

 

NUTEC ZZ51改をさらに強化し、低粘度化したNC-65。

 

シームレスな変速が、さらに長く維持できると思いますよ。

 

 

 

 

 

次回交換時期は4万キロ以上になります。

 

 

 

 

 

次回ブログも引き続き、

クラウン180の作業内容を紹介しますね。

 

 

お楽しみに

Happy Car Life!!

 

 

 

2015年10月2日

このページのトップへ