1. TOP
  2. ミナトBLOG

東京クラウンタクシー GRS200系 にDSC。   インテークバルブのカーボン除去

最近はATF交換のリピート率が多くなってきました。

 

 

 

 

 

弊社の完全圧送式交換は

次回交換推奨距離は4万キロ。 (NUTECの場合はそれ以上)

 

 

一般の方であれば年1万キロの走行距離で、

4年ほど掛かるのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

僅か1年でそれ以上を走行するのは、

職業柄を考慮すると普通なのかも知れませんね。

 

 

s-IMG_8949

 

東京都からお越しいただきました。   (2回目の来店。)

 

クラウン タクシー  GRS200

走行距離186000km

 

 

 

 

 

DSC (ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

スパークプラグ交換 (NGK イリジウムMAX)

 

ATF圧送式交換  for NUTEC NC-65

WAKO’S RECS レックス

デフオイル交換  for NUTEC ZZ-32

 

を一泊作業で依頼されました。

 

 

s-IMG_8806

 

http://securityfeed.info/blog/?p=375

 

去年8月の完全圧送式交換(zz51改)から

一年後のお問い合わせでした。

 

 

 

 

 

当初メールではATF交換のみのご相談だったのですが、

 

 

 

 

(インテークバルブのカーボン蓄積が・・・・・。)

(今年からDSCという作業を始めまして・・・・。)

 

 

(こんな風にGRエンジンはなるんです・・・・。)

と説明させて頂くと、

 

 

 

 

(ではDSCも同時にお願いします!)と

オーダーを頂きました。       ありがとうございます。

 

 

 

s-IMG_8808 s-IMG_8809 s-IMG_8810

まずはDSCから始めますね。

 

 

インテークバルブ・サージタンクを外し、

スワールCバルブも外していきます。

 

 

 

 

 

エンジンオイル交換は完璧にされていますが、

どこまでカーボンが蓄積しているのか?

 

 

確認したいと思います。

 

 

 

s-IMG_8811 s-IMG_8814

 

 

燃焼室からの吹き返しによる

上流のスワールCバルブまで蓄積していますね。

 

 

 

 

 

省燃費エンジンの必須技術(大容量EGR

直噴エンジンの超微細煤(PM)の発生

低膨張ピストンピングによる(ブローバイガス

 

 

この三つが合わさると、

どうなるかご存知ですか~?

 

s-IMG_8815

 

一気筒に2つのインテークポート。

 

6気筒分のポートを覗き込んで、

確認してみますね。

 

 

 

s-IMG_8821 s-IMG_8822 s-IMG_8827 s-IMG_8829 s-IMG_8833

 

 

今のところ高出力と省燃費・低エミッションを

高次元で達成するのは

直噴エンジンが理想的なんです。

 

 

 

 

 

唯一のデメリットであるインテーク系のカーボン蓄積を

エンジンオーバーホールすることなく、

 

通常メンテナンスで解消できれば、

非常に優秀なエンジンになると思います。

 

 

 

s-IMG_8834

kkkk

 

食品加工業・金属加工業の大型プラントなどで

早くから採用されているドライアイス洗浄機

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

 

 

対象物を傷つけず・廃棄物も出さない。

 

 

 

次世代洗浄システムを利用して

エンジンの奥にあるインテークバルブを洗浄。

 

 

 

 

 

 

『ほこ X たて 』  での対決をご存知ですか?

 

(どんな物でも剥がす洗浄機 vs 絶対剥がれない塗装)

 

 

s-IMG_8844

 

グリーンテック社 (ドライアイスパワー)に

DSC専用ノズルを装着。

 

 

ドライアイス3mmペレットを

圧縮空気を利用して高速噴射。

 

 

 

柔らかいペレットがカーボンに直撃すると、

熱収縮昇華爆発力

 

一気にカーボンが吹き飛びますよ~。

 

 

s-IMG_8835 s-IMG_8836 s-IMG_8837

 

 

ワンショット10秒

 

バルブ形状をイメージしながら

慎重にノズルを操作していきます。

 

 

 

 

 

当たれば簡単にカーボンが剥離するのですが、

コレがなかなか隅々まで当たらないのですよね~。

 

 

 

 

s-IMG_8881

 

 

インテークポートから噴出する無数のカーボン片

 

 

 

 

頭巾・防御面・長袖・グローブを装備した私に、

 

 

ネバネバしたモノから、カチカチのモノまで

ガンガン飛んできますよ~。

 

 

 

s-IMG_8853 s-IMG_8875 s-IMG_8876 s-IMG_8877

 

 

6気筒12ポート 全て除去しました。

 

 

使用するドライアイスは20kg

 

3mmペレットは非常に低温で

柔らかいお米をみたいなイメージでOKです。

 

 

 

 

 

サンドブラストのように研磨力で

削っているわけではないのですね。

 

 

 

 

 

直撃した衝撃で剥離するのではなく、

750倍に膨張する昇華爆発力を利用。

 

なのでエンジンにダメージを負う事はないのです。

 

 

 

 

 

そもそも

洗浄するたびにダメージがあれば、

精密金属金型の洗浄などには使えないですから。

 

 

s-IMG_8885 s-IMG_8888

 

 

 

スワールCバルブとサージタンクも洗浄して

ガスケットは新品に交換します。

 

 

 

 

s-IMG_8883 s-IMG_8884

 

18万キロ無交換の純正プラグ。

 

今回は(NGKイリジウムMAX DF) に交換しました。

 

 

 

 

 

DSCと同時交換なら作業が重複する為、

工賃はお安くしていますよ~。

 

 

s-スワール bbb

 

本来の吸気形状を取り戻し、

理想的なタンブル気渦流が復活。

 

 

 

燃料噴射量も大幅に変わるので、

一度初期化してみます。

 

 

 

 

 

 

 

なかなか始動せず、

数回のクランキングでやっとエンジンが掛かりました。

 

 

 

 

 

エンジン暖気後も回転数が規定数まで下がらない。

 

数回のリセットでやっと安定してきましたね。

 

s-IMG_8955

 

 

次回ブログでは引き続きクラウンタクシーの

ATF圧送式交換の様子をアップしますね~。

 

WAKO’S RECSは最後にしますね。

 

 

 

それではHappy Car Life!!

 

 

2015年9月15日

pillsbank.org

facebook.com

korrespondent.net

このページのトップへ