1. TOP
  2. ミナトBLOG

ステップワゴン RG1   車検整備。   同じ名称の作業ですが・・・。

以前ATF交換で神戸から来店して頂いた

ステップワゴン RG1   80000km

 

 

 

 

今回は車検整備の依頼です。  ありがとうございます。

s-IMG_8703

 

オーナー様が希望される整備

点検結果から弊社が提案する整備

 

 

予算に合わせて

betterベターな整備内容をプランニング。

 

 

(もしこの車両が私の車なら、限られた予算内でこれらをするだろう)

そんな感じで整備プランを制作してみました。

 

 

s-IMG_8663 s-IMG_8662

 

まずはエンジン整備の基本 排気ガステスト。

 

 

CO2がやや低いが良好な数値。

(今回の整備でもう少し改善するでしょう。)

 

 

 

エアエレメント・スパークプラグなどもチェックしますね。

 

s-IMG_8647 s-IMG_8642

 

エアエレメントは湿式でやや汚れ。  もう少し使えそうです。

スパークプラグはノーマルタイプでした。

 

 

 

今回は長寿命&高性能スパークプラグ

デンソー イリジウムタフに交換します。

s-IMG_8719 s-IMG_8720

 

両電極ともにイリジウム合金を使用した

高性能スパークプラグ。

 

 

次回交換時期は10万キロになりますよ。

 

 

 

 

s-IMG_8639 s-IMG_8641

 

 

タイロッドエンドのボールジョイントブーツ。

 

左右ともブーツ破れでグリスが出ていますね。

 

 

 

s-IMG_8680 s-IMG_8681 s-IMG_8682 s-IMG_8683

 

 

 

 

破けたままだと車検不合格ですが、

その前に水が混入し、サビますからね。

 

 

グリス油膜も落ちるで、

磨耗ガタの原因にもなるのです。

 

 

 

油圧リムーバーで分割し、

 

ジョイントを洗浄してから

新しいグリスを注入しますね。

 

 

s-IMG_8659  s-IMG_8661

 

ラジエターリフレッシャーでLLCリフレッシュ交換。

 

通常のLLC交換では出来ない

ヒーターコアのLLCまで圧送式で全交換します。

 

 

 

 

アッパーホースを切り離し、再生LLCをドンドン注入。

 

押し出された旧LLCを高密度Wフィルターでろ過再生。

 

 

s-IMG_8660

 

 

ヒーターはマックスHOTにして

エンジンを掛けながら15分間

 

ラジエター・エンジン・ヒーターコアに

LLCを循環させてリフレッシュ。

 

 

 

 

ラジエターリフレッシャーのポンプ吐出量は 毎分4Lになります。

 

平均LLC充填量が8Lぐらいですから、

計算上、7~8回転ぐらい循環しますよ。

 

 

 

s-IMG_8655 s-IMG_8654

 

ラジエターリザーバータンクも外して洗浄。

 

 

底に溜まった沈殿物は、

アルミ・銅の錆でしょう。

 

 

 

今のエンジンはオールアルミ製が主流です。

 

 

 

昔の鉄製エンジンブロックように

目に見える赤サビは出ないんですよ~。

 

 

s-IMG_8665 s-IMG_8669

 

最後にLLC再生剤を注入し、

アルミや銅の防錆剤 ・ 消泡剤を強化します。

 

 

 

エア抜き作業で

配管内の空気を排出し、レベル調整。

 

 

s-IMG_8666 s-IMG_8667

 

 

スキャンツール(G-SCAN)を接続し、

ダイアグコードをオールサーチします。

 

 

ブレーキ系のエラーコードですが、

一度リセットして様子をみますね。

 

 

おそらくバッテリー上がりなどでの

異常コード検出かな。

 

エラーコード = 異常  ではないのですよ~。

 

 

s-IMG_8644 s-IMG_8646

 

バッテリーは2年前に交換されていますね。

 

アーガス社 バッテリーアナライザー

充電・発電状態のチェック。

 

 

オルタネーターの発電状況も良好。  OKですね。

 

 

 

 

 

 

こんな感じで進行するミナト自動車の車検整備は、

お預かり期間を多めに頂いています。

 

 

 

・昔に比べて車両が進化し、チョック項目・作業箇所が増加。

・整備プランの製作と、オーナー様との内容相談してからの発注。

・各メーカー部品倉庫の集約で納期が遅い。

 

なども理由に挙げられるのですが、

 

 

 

 

 

一番大きいのは

理想的な作業をすれば、

必然と作業時間は増えるからです。

 

 

 

 

 

LLC交換にしてもヒーターコア内まで

交換する整備工場は少ないでしょう。

 

 

・ラジエター下部のドレン排出交換。

・ラジエターリフレッシャー 全圧送式交換。

 

 

 

 

同じ名称(LLC交換)の作業でも、

浅くから深くまでありますからね~。

 

 

 

 

次回ブログもステップワゴン 車検整備の続きです。

 

どうぞ宜しくお願いします。

Happy Car Life!!

 

 

 

2015年9月8日

bestseller.reviews

https://baden-medservice.com

www.baden-medservice.com

このページのトップへ