1. TOP
  2. ミナトBLOG

ゼロクラウンGRS182 ATF完全圧送式交換 & DSC。  自社調べでは世界初かなと。 

s-IMG_8205

大阪府南部からの来店です。

トヨタ クラウン GRS182

125000Km

 

 

 

 

 

DSC (ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

ATF 完全圧送式交換

WAKO’S RECS

の依頼です。

 

 

 

s-IMG_8158

 

3GR-FSE  直噴D-4エンジン

 

インテークバルブに溜まる大量のカーボンを

短時間で・完璧に・ノーダメージで除去する

ミナト自動車オリジナル整備 (DSC)

 

http://securityfeed.info/blog/?p=5905

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

 

 

 

まずは準備から。

 

スロットルとサージタンクを分解し、

スワールコントロールバルブASSYも外します。

 

s-IMG_8159 s-IMG_8160 s-IMG_8161 s-IMG_8162

 

吹き返したカーボンとブローバイガスで

ベタベタ・真っ黒です。

 

 

DCS作業後にオーナー様は

オイルキャッチタンクを取り付けするようですよ~。

 

 

少しだけ配置場所などをアドバイスさせて頂きました。

 

 

 

それではインテークポートを覗いて、

インテークバルブを確認しますね。

 

s-IMG_8169 s-IMG_8170 s-IMG_8173 s-IMG_8174

 

 

 

バルブの傘部・シャフト部に

大量のカーボンが蓄積していますが、

 

ポート内径にも ぶ厚く蓄積しています。

 

 

 

カチカチに硬い部分や

オイル混じりのネバネバした部分まで。

 

 

s-IMG_8193

kkkk

 

ドライアイス 3mmペレットを

圧縮空気で高速噴射

 

 

ドライアイス洗浄機 トップメーカー

(グリーンテックジャパン社製 ドライアイスパワー) と

 

DSC専用ノズルで効率良く除去していきますね。

 

 

s-IMG_8175 s-IMG_8178 s-IMG_8182

 

 

ワンショット10秒 

 

ペレットが直撃さえすれば

強固なカーボンも

一気に剥がれていきます。

 

 

 

 

ただ・・・簡単には当たらない。

 

 

 

ショット中はポート内が見えないので、

ノズル先の感触だけでイメージしながら作業。

 

 

隅々までキレイにするのが、意外に時間が掛かるのですよ~。

 

s-IMG_8186 s-IMG_8192

 

圧縮空気と一緒に噴出した 無数のカーボン片。

 

3M社 耐溶剤マスカーでマスキングしないと

後の処理がこれまた大変なんです。

 

 

 

 

 

十円玉と比べれば

カーボン片の大きさが分かりやすいですね。

 

 

 

 

 

そして数時間の作業後、

ここまでキレイに除去しました。

 

s-IMG_8187 s-IMG_8188 s-IMG_8191 s-IMG_8189

 

 

エンジンをオーバーホールせずに

数時間でここまでキレイに出来るのは、

 

おそらくDSC以外では無理だと思います。(自社調べ)

 

 

 

またドライアイス洗浄機自体が

一般自動車整備工場には無いので

 

弊社以外では今のところ

作業できるところは無いでしょう。(これも自社調べ)

 

 

でもまあ、あまりにもニッチすぎて

他社もしないとは思います。 たぶん。

 

s-IMG_8201 s-IMG_8202

 

スワールCバルブASSYも洗浄して、

サージタンク等のガスケットも交換。

 

スロットルも清掃し、初期化。

 

 

 

完全暖気後もアイドリングが安定しないので、

試運転と数回の初期化作業。

bbb

s-スワール

 

高度な電子制御化によって

可能になった筒内直接燃料噴射。

 

 

リーンバーン直噴からストイキ直噴に世代交代。

 

 

進化したシミュレーション分析で

『どうやって空気と燃料を効率良く撹拌するか。』

 

各メーカーが新型直噴エンジンを投入してきていますね。

 

 

 

あくまでも新車時での設計なので、

新車時と違う形状になれば・・・性能は落ちる。

 

 

じゃあ元に戻せば良いのではと。

 

 

 

 

これで燃焼効率が良くなり、

本来のGRエンジンに戻ったと思いますよ。

 

 

s-IMG_8215 s-IMG_8221 s-IMG_8222 s-IMG_8251

 

トヨタ密封式の6速AT レベルゲージ無し(アイシン製AT)

 

 

圧送式でのATF全交換が

不可能と言われたミッションですが、

 

 

弊社オリジナルの車種別専用アタッチメントを使えば、

ATF完全圧送式交換をすることは出来ますよ。

 

 

 

このタイプだけで年間70台ぐらいは作業しているかな。

 

 

s-IMG_8255 s-IMG_8257

 

最後にWAKO’S RECS レックスを注入。

 

 

 

燃焼室にもカーボンはありますので、

こちらはWAKO’S RECS か NUTEC NC221等で

洗浄してくださいね。

 

 

あれほど溜まったインテークのカーボンは

WAKO’S RECSでは除去できないと思いますよ~。

 

 

DSC後にどうぞRECSを~。

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

ATF交換とDSC作業の日帰り依頼は、

時間的に難しいです。

 

 

1泊預かりが基本になりますので

御理解の程よろしくお願いします。

 

 

どちらか一つなら十分日帰りで

完了しますのでご安心ください。

 

 

ご予約・お見積もりは

HP(お問い合わせフォーム)からお願いします。

 

 

Happy Car Life!!

 

 

2015年8月27日

Best business books

new movies on demand

funny movies on amazon prime

このページのトップへ