1. TOP
  2. ミナトBLOG

ハイエースワゴン 4WD  点検整備。   変速固定を有効に。

ハイエースワゴン 4WD KZH116G

H12年式 23万キロ走行

 

 

前回ブログ 点検整備の続きです。

http://securityfeed.info/blog/?p=7341

 

 

s-IMG_8109 s-IMG_8104

過去のATF交換暦は無し。

 

23万キロ以上 ATF無交換の車両は

今まで何台も作業してきましたが・・・。

 

 

今回のハイエース4WDは予想以上に酷い状態でした。

 

 

s-IMG_8106 s-IMG_8108

 

磁石に付かないスラッジは

クラッチの磨耗粉ですね。

 

 

 

スキー場によく行くとお聞きしました。

 

山の上にあるスキー場は

近づくほど坂道が急になりますので、

 

ガンガン登っていくとATFへの負荷は高くなり、

ATFは急速に劣化します。

 

 

そんな場面では2速固定にシフトして、

キックダウンを使わずにトルクを生かした運転を。

 

ATFへの負荷は大きく変わると思いますよ~。

 

s-IMG_8112

 

オイルパンをキレイにして

ストレーナーも洗浄し、元通りに組み立てます。

 

 

 

ATFを補充して暖気すれば、

今度はトルコン太郎に接続し、

 

イッキに全量交換していきますね。

 

s-IMG_8114

 

 

アイシンAFWプラスを使用して

まずはプレ洗浄

 

 

どこまでキレイになるでしょうか?

s-IMG_8119 s-IMG_8121 s-IMG_8123 s-IMG_8124 s-IMG_8125

 

全量圧送式交換をしても

あまりキレイならないですね。

 

 

 

23万キロ分の汚れは

そんな簡単には取れないんです。

 

 

しばらくアイドリング状態で、

クリーニングモード

 

 

もう一度圧送式交換を行います。

 

s-IMG_8129 s-IMG_8132 s-IMG_8134 s-IMG_8135 s-IMG_8137

 

2回の圧送式交換で、ここまでキレイになりましたよ。

 

 

 

今回はここでATF交換は終了。

 

 

 

もう少し走行してから、

もう一度圧送式交換をする事をお勧めしました。

 

 

s-IMG_8153 s-IMG_8155

 

フューエルエレメントも

過去の交換暦が不明。

 

 

 

リセットする為に新品交換しました。

 

 

ディーゼルエンジンの場合、

エアエレメント と フューエルエレメントは

 

定期的に交換してくださいね。 消耗品ですから。

 

 

 

s-IMG_8139

 

バッテリーの状態充電状況

 

どちら良好でまったく問題なし。

 

 

s-IMG_7896

 

入庫時より加速トルクと

ブレーキフィーリングが良くなったので、

 

納車期限もあり、この辺りで納車となりました。

 

 

 

もともとハイエース ディーゼル車は頑丈ですから、

30万・40万・50万キロと使用できるのですけどね。

 

 

 

年式と走行距離・使用状況に合わせて

メンテナンスをしないと、

 

 

さすがのハイエースも

クタクタになってしまいますよ~。

 

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

なぜLLCを交換していなかったのか?

なぜATFを交換していないのか?

なぜFエレメント・冷媒ガス・・・・・?

 

 

 

民間整備工場 と ディラー工場に

整備を任していたこのハイエース。

 

 

点検時の第一印象は

(よくある整備はきちんとしているな)と。

 

 

 

ただ

(交換しにくい ・ 難しい ・ 時間が掛かる)作業は、

あまり実施していないように感じました。

 

 

オイル関係・冷却水関係は

常に良い状態にした方が

車両は長持ちするはずなんですけどね~。

 

 

 

 

Happy Car Life!!

 

 

2015年8月22日

www.profvest.com

summer infant retractable gate

comedy on amazon prime

このページのトップへ