1. TOP
  2. ミナトBLOG

週2台のDSC作業。   35℃の完全防備服。  RECSレックスでは取れないよね。

WAKO’S RECS レックスでは

ここまでの蓄積量は取れないだろうと。

 

 

 

今年からスタートした

直噴エンジンのインテークバルブに溜まる

大量のカーボンを除去する

DSC (ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

http://securityfeed.info/blog/?p=6052

 

 

 

少しずつ認知度が増えてきたのか?

問い合わせが多くなってきました。 ありがとうございます。

 

 

 

 

 

DSCの作業は結構体力を消費し、

梅雨明けの暑さも重なって

 

 

(週1台の予約まで)と決めていたのに

今週は2台分引き受けた為に

 

少しバテ気味の週末です。  ふ~。

 

 

s-IMG_7029 s-IMG_6815

 

茨城県在住の千葉ナンバー    マークX GRS120

兵庫県 神戸ナンバー      クラウン GRS182

 

 

 

両方とも13万キロ以上走行しているので

なかなかの蓄積量でした。  (しかも強固)

 

s-IMG_6799 s-IMG_7006

 

インテークポートを見えるまで

スロットル&サージタンクを外していきます。

 

 

s-IMG_7014 s-IMG_7013 s-IMG_6806  s-IMG_6809

 

2台ともバルブの形状が、

分からなくなるほど蓄積したカーボン。

 

もちろんポート内径にも1mm以上、ビッシリ蓄積しています。

 

 

 

IMG_6816

 

グリーンテック社製 ドライアイス洗浄機 『ドライアイスパワー

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

『ほこ・たて』で勝利した次世代洗浄機

(どんな物でも剥がす洗浄機 vs 絶対剥がれない塗装)

 

 

 

 

 

もう一つは『ドライアイス 3mmペレット 20kg』

 

これをドライアイスパワーを使い、

圧縮空気と同時にペレットを高速噴射します。

 

 

 

 

 

 

 

ドライアイスをエンジン内部にブツけて、

バルブやシールなどに損傷はないのですか?

 

 

答えは ノー です。

 

 

 

損傷などのダメージは全くありません。

 

 

 

精密な金型や電子基盤などを

ノーダメージ・短時間で洗浄できるので

 

機械産業・食品加工業では

既に多くの実績を残しているドライアイス洗浄機。

 

 

 

 

一般的な自動車整備業での、導入例は無いと聞いています。

 

 

s-IMG_7024

 

 

ドライアイスペレットは指でツマむだけで、

粉々になるほど柔らかい。 (氷以下かな?)

 

 

 

サンドブラストのように硬いものを衝突させた

ブラスト力での研磨洗浄ではなく、

 

 

 

温度差による熱収縮

衝突による昇華爆発力

 

を利用して汚れを剥離していきます。

 

s-IMG_6826 s-IMG_6825

 

 

10秒ぐらいのショットで

表面のカーボンは吹き飛びます。

 

 

十円玉と比べると

どれぐらいの大きさか分かりやすいですね。

 

 

キレイになるまで

何度も繰り返しショットをしていきます。

 

 

 

s-IMG_6848 s-IMG_6853

 

脱着と試運転なども含め

作業時間は約6~7時間。

 

 

日帰り作業で6気筒12ポート

全て剥離・洗浄可能ですよ。

 

 

 

 

ここまでキレイにするのは、

手作業では無理でしょう。

 

s-IMG_6866

 

防御面 ・ 頭巾 ・ エプロン ・ 長袖 ・ 皮グローブ

 

室温35℃以上で前屈みの姿勢。

 

 

 

夏場のDSC週2台はチョットキツイなっと

思った7月下旬でした。

 

 

ちなみに2台ともオイルパン脱着を含めた

ATF完全圧送式交換と同時依頼でした。  (一泊二日預かり)

 

 

 

 

 

疲れた~。今日は早く終わろう。

 

Happy Car Life!!

2015年7月26日

hyiproll.com

egrinf.com

camagra

このページのトップへ