1. TOP
  2. ミナトBLOG

ATF交換  DSC  WAKO’S RECS。   1泊2日の180系クラウン整備。   

s-IMG_6351

 

愛知県 名古屋市からの予約来店です。

 

トヨタ クラウン ロイヤル

H16年 GRS182 3GR-FSE

 

走行距離107000Km

 

 

 

 

 

 

 

 

ATF完全圧送式交換  for NUTEC ZZ51改

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

WAKO’S RECS レックス

 

 

3点セットの一泊作業で!とメール予約を頂きました。

 

 

まずはDSCからいきます。

 

s-IMG_6307

 

トヨタ・レクサス GRエンジン

 

トヨタ自慢の高性能(直噴エンジン) 唯一の欠点。

 

 

 

 

インテークバルブへのカーボン蓄積

http://securityfeed.info/blog/?p=5905

 

 

 

 

 

非常に強固で大量のカーボンを

エンジンにノーダメージで 短時間で完全に除去する

 

ミナト自動車オリジナル『DSC

 

 

恐らく世界初でしょう。      (弊社勝手に調べ)

 

 

 

s-IMG_6236 s-IMG_6237 s-IMG_6238 s-IMG_6242

 

吸気サージタンク  ・  スワールCバルブASSY を分解。

 

 

ブローバイガスからのオイル過流入

内部EGR機構からのカーボン吹き返し

 

 

s-IMG_6241 s-IMG_6232 s-IMG_6234

 

エンジンオイルは定期的に

交換されているようですね。

 

 

エアエレメントは薄黒く汚れていますが、

これはNGですよ。

 

 

ブローバイ過流入の原因になりますので、

常にキレイな状態で使用したほうが良いかと。

 

 

後日交換をお願いしました。

 

s-IMG_6243 s-IMG_6244 s-IMG_6248

 

 

 

スワールコントロールバルブにも

カーボンがタップリ蓄積

 

 

 

その奥にあるインテークバルブは、

モット汚れているでしょうね。

 

 

 

 

s-IMG_6252 s-IMG_6253 s-IMG_6254 s-IMG_6255

 

 

エンジンオイルを定期交換していても・・・。

燃料タンクにいろんな添加剤を入れても・・・。

 

 

 

3GR-FSE D-4エンジンは構造上

必ずカーボンが蓄積します。

 

 

 

 

 

ただ今までコレを効果的に

除去する方法がなかったのです。

 

DSCが出来るまではね。

 

 

s-IMG_6273

 

製造業・食品加工などの

大型プラント工場などで活躍している

 

次世代洗浄機(ドライアイス洗浄 ドライアイスパワー

 

 

 

 

 

トップメーカーのグリーンテック社と

共同開発したDSC専用ノズル

 

 

 

インテークポートの奥にあるバルブを

短時間での除去洗浄。

 

 

kkkk

 

柔らかい3mmペレットを

圧縮空気で高速噴射

 

固体から気体へ

750倍で瞬間膨張する昇華爆発力

 

 

 

 

DSC ドライアイス ショット カーボンクリーニング』の仕組み

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

(冷た~いCO2) と (バラバラになったカーボン)

がポートから噴出してきます。

 

 

s-IMG_6287s-IMG_6279s-IMG_6280s-IMG_6281s-IMG_6282

 

ワンショット 約10秒

 

 

非常に強固に。

そして分厚い蓄積量。

 

 

何度もショットしては、確認。

 

 

キレイに剥離できるまで繰り返します。

 

 

 

 

s-IMG_6283s-IMG_6284s-IMG_6285s-IMG_6286

 

6気筒 12ポート全てキレイに除去完了。

 

 

エンジンオーバーホール以外で

ここまでキレイにするのは難しいでしょう。

 

 

 

それも日帰りでとなれば、DSC以外では無理なのでは。

 

 

s-スワール

 

各メーカーの燃費競争が加熱した結果。

 

 

直噴エンジンが一番効率良く、

ガソリンを消費できるので理想的なのでしょう。

 

 

 

ただ燃料噴射制御が非常に難しいので、

挫折したエンジンや

撤退したメーカーも過去にはありました。

 

 

 

ですがまた各社とも改良を加えた

次世代直噴エンジンを搭載していますね。

 

 

 

 

 

 

インテークバルブにはDSCを。

燃焼室にはWAKO’S RECS or  NUTEC NC-221を。

 

 

 

オススメしています。

 

 

s-IMG_6222 s-IMG_6223 s-IMG_6224 s-IMG_6230 s-IMG_6226

 

ATF交換も同時進行。

 

オイルパン脱着洗浄

鉄粉除去・ ストレーナー交換

 

 

ガスケットも交換して

GRS182専用アタッチメントを接続します。

 

 

 

そこから暖機後、アイシンAFWプラスで

交換効率の高い圧送式交換。

 

 

 

まずはプレ洗浄しますね。

 

s-IMG_6310 s-IMG_6313 s-IMG_6315 s-IMG_6317 s-IMG_6321 s-IMG_6322

 

オイルパンを洗浄して。

ATFも補充して。

プレ洗浄も圧送式で交換して。

 

 

 

やっとココまでキレイにしました。

 

 

新油と比べると

まだ少し汚れています。

 

 

s-IMG_6325

 

 

本命ATFの (NUTEC ニューテック ZZ51改

 

全化学合成油(エステル系)  ハイパフォーマンスATF

 

 

 

もう一度圧送式交換をします。

 

 

s-IMG_6327 s-IMG_6328 s-IMG_6331 s-IMG_6333 s-IMG_6335 s-IMG_6337

 

一般走行メインの車両に

ZZ51改を使用すると

 

次回交換推奨距離は4万キロ以上

 

 

 

 

 

高い初期性能が長く持続するので

頻繁に交換しないATFには

 

全化学合成油はオススメなんですよ~。

 

s-IMG_6340 s-IMG_6355

 

 

翌日にATFレベル調整をし

WAKO’S RECS レックスをして完了。

 

 

 

お昼頃に納車となりました。

 

 

 

 

 

 

ATF交換とDSCのW作業は

時間を見ながら大急ぎでの作業。

 

 

これからの時期はドライアイスが早く解け、

私の体力もドンドン消耗するので、

 

つらい時期になってきました。

 

 

 

 

 

35度以上の環境で

長袖・頭巾・防御面・皮手袋・・・。

 

夏場はあまりヤリタクナイネ・・・。

 

 

s-IMG_6354

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

・ATF完全圧送式交換

・DSC

 

のご相談・ご予約・お見積は

ホームページ(お問合せフォーム)からどうぞ~。

 

 

 

オプション整備と合わせて返信しますので

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

2015年7月13日

books on child abuse

dolan.net.ua

generico viagra on-line

このページのトップへ