1. TOP
  2. ミナトBLOG

ATF完全圧送式交換 と DSC   レクサス IS250  日帰りでW完了を目指しています。 WAKO’S RECS施工店ですけどね?

愛知県からの来店して頂きました。

 

レクサス IS250  GSE20

平成17年式 14万キロ

 

s-IMG_3976

ATF 完全圧送式交換

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

その他イロイロ・・・。

 

一泊二日での作業を依頼されました。

 

 

 

まずはDSCから紹介しますね~。

 

s-IMG_3885

 

直噴エンジンのインテークバルブに蓄積するカーボンを

ドライアイス洗浄機で除去する(DSC)

 

 

詳しくはこちらをどうぞ。

直噴エンジン『インテークバルブのカーボン蓄積』について

http://securityfeed.info/blog/?p=5905

 

DSC ドライアイス ショット カーボンクリーニング』の仕組み

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

 

 

 

14万キロ走行したレクサスIS250。

 

 

まずはサージタンク等を外していきますね。

 

s-IMG_3832 s-IMG_3838 s-IMG_3839 s-IMG_3841 s-IMG_3842

 

予想通りのブローバイオイルの流入。

 

 

吹き返したEGRガスでカーボンまみれ。

 

 

s-IMG_3923 s-IMG_3920

 

 

新車から4万キロも走行すれば少しずつ

インテークバルブに蓄積するカーボン。

 

 

どれだけの量が蓄積しているかは?

開けてみないと分からないのが難点。

 

 

 

 

 

残念ながら排気ガステスターでの

CO/HC数値では判定できないのです・・・。

 

 

 

(燃焼状態は常にECUで最適化されるので)

(最適化と高効率は別ですからね・・・)

 

 

s-IMG_3843

 

 

スワールコントロールバルブASSYを外して

奥にある12個あるポートを覗いていきますね~。

 

 

 

s-IMG_3851 s-IMG_3855 s-IMG_3858 s-IMG_3864

 

 

蓄積したカーボンの厚みは

 

バルブ傘部で2mm

シャフト部で3mmぐらいでしょうか。

 

 

 

ポート内壁にもベッタリ蓄積してあり

コチラは0,5mmと思います。

 

 

s-IMG_3895s-IMG_3900s

 

エンジン冷却後・バルブ全閉にして

 

ドライアイス 3mmペレットを

ドライアイス洗浄機(ドライアイスパワー) に投入し

 

 

圧縮空気と専用ノズルを利用して

カーボンに直撃させますね。

 

 

kkkk

 

ドライアイス洗浄はペレットをぶつけた衝撃で

汚れを剥離しているのではありません。

 

 

衝撃時にドライアイスが固体から気体に膨張する(750倍)

ドライアイス特有の昇華爆発力を利用して

 

エンジンにノーダメージで剥離していきます。

 

 

 

s-IMG_3904 s-IMG_3906

 

 

 

比較的蓄積していないバルブは

DSCワンショット(5秒)でここまで剥離しました。

 

 

 

 

IMG_3904

 

カーボンの断面を見れば

どれだけ蓄積しているかわかりやすいですね。

 

あと数回のショットでキレイになるでしょう。

 

 

 

 

 

そしてコチラのバルブを見てください。

 

s-IMG_3910

IMG_3910

 

2ショット(5秒X2回)してもシャフト部は剥離しましたが、

バルブ傘部はほとんど剥離していませんね。

 

(表面の弱い部分が取れたぐらいか・・・)

 

 

 

 

ナゼ? どうして?

ドライアイス洗浄では落ちないのか?

 

 

 

 

よくよく調べてみると、このバルブのカーボンは

今までに経験していないほど、ぶ厚く(超硬度)でした。

 

 

 

s-IMG_3927

 

7万キロ前後の車両のカーボンは

例えてみると (超硬いチョコレート)ぐらいです。

 

粉っぽかったり

ネバネバ湿っていたり

カチカチだったり

 

だいたいこんな感じが多いですね。

 

 

 

 

 

 

今回のIS250を例えると

恐ろしく硬いアメ玉みたいな。(歯が折れるぐらい)

 

非常に強固で厚みがあり

バルブにガッチリ焼きついているので、

 

 

いつもの倍ほど時間を費やしました。

 

 

 

 

アノ手コノ手(企業秘密?)を使いながら

DSCを繰り返していきます。

 

 

s-IMG_3911 s-IMG_3912 s-IMG_3919s-IMG_3916

 

20kgのドライアイスペレットを

全量使ってここまでキレイにしましたよ~。

 

 

 

 

 

最後に電子制御スロットルも清掃し、

各ガスケットも交換。

 

 

 

初期化してエンジンを始動させますが、

なかなかエンジンが掛からない。   (DSC直後はいつもの事)

 

掛かっても高回転のままで安定はせず、

暖機完了してから数回の学習値リセット。

 

 

 

 

 

通常のスロットル清掃(初期化)では

ここまで手間は掛からないので

 

 

 

燃料噴射量を学習するのに

時間が掛かるのだと思ってます。

 

 

 

 

s-IMG_3980 s-IMG_3982

 

完全暖機後のアイドリング状態では

燃料噴射量(気筒1)も下がり、良い数値が出ましたね。

 

 

 

必要以上に燃料を噴射しなくても、

アイドリングを維持できるのは

 

それだけ効率良く燃焼しているからなんですよね。

 

 

 

s-IMG_3974

 

DSCオプション整備 (WAKO’S RECS

 

DSCでは除去出来ない燃焼室などには

コチラで対応します。

 

 

 

 

弊社ではトヨタGRエンジンに限り

DSC未作業車へのRECSを推奨は止めました。

 

 

あのカーボン蓄積量をWAKO’S RECSで落とす事は

無理があるのでは?と思っています。

 

 

 

 

s-IMG_3985s-IMG_3869s-IMG_3872s-IMG_3877s-IMG_3879

 

ATF交換も同時進行で作業しました。

 

・ オイルパン脱着洗浄

 ATFストレーナー交換

 

 

IS250専用アタッチメントを接続し

アイシン製AFWプラスでイッキに全量圧送式交換。

 

 

s-IMG_3933 s-IMG_3941 s-IMG_3943 s-IMG_3949 s-IMG_3951 s-IMG_3955

 

14万キロ無交換だと

なかなかキレイにはなりませんね。

 

 

クリーニングモードの30分が経過してから

 

 

もう一度、全量圧送式交換をしますね。

 

s-IMG_3960 s-IMG_3962 s-IMG_3964 s-IMG_3966 s-IMG_3970

 

 

ここまでキレイになりました。

 

DSCとATF交換・その他イロイロをして

すでに8時間経過

 

とりあえず初日はこれで終了。

 

残りは明日に回します。

s-IMG_3670

 

翌朝からATFのレベル調整と試運転など。

 

 

なんだかんだでお昼12時の納車となりました。

 

 

 

もう少しDSCが時間短縮できれば

ATF交換と同時に引き受けて

 

日帰り作業も可能だと思います。

(今後の課題ですね。しばらくお待ちください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

このIS250のオーナー様は10万キロ超えの車両を

中古車購入したそうです。

 

過去の整備暦が分からないので

なるべく新車状態に戻すために今回ご相談されました。

 

 

 

 

トヨタ・レクサスのFR車に搭載されている

V6直噴GRエンジン (2GR・3GR・4GR -FSE)

 

 

非常に高性能のエンジンなのですが、

直噴特有のカーボン蓄積は防げないようですね。

 

 

DSCをご希望の方はHP(お問い合わせフォーム)から

ご相談をお待ちしています~。

 

それではHappy Car Life!!

 

 

 

2015年5月8日

http://anabolik-store.com.ua

https://anabolik-store.com.ua/blokatory-aromatazy/proviron_25mg.html

http://anabolik-store.com.ua/kursy-i-terapiia/clomiphene_citrate_50mg.html

このページのトップへ