1. TOP
  2. ミナトBLOG

マークX GRX120      DSC ドライアイス洗浄   D-4直噴カーボン除去します。

DSC (ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

 

直噴エンジンの(インテークバルブカーボン蓄積)

をドライアイスを使用して短時間で除去。

 

 

 

 

 

詳しくはこちらをどうぞ。

直噴エンジンの『インテークバルブのカーボン蓄積

http://securityfeed.info/blog/?p=5905

 

DSC ドライアイス ショット カーボンクリーニング』の仕組み

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

s-IMG_3057

 

 

今回のDSC依頼は

 

トヨタ マークX  GRX120  4GR-FSE

走行距離137000km

 

香川県からお越し頂きました。

 

 

 

 

過去に弊社でATF交換等は施工済み。 ありがとうございます。

 

 

s-IMG_3060

 

DSCを可能にする究極の洗浄機

グリーンテックジャパン社  ドライアイスパワー

 

 

 

3mmドライアイスペレットを使用して

強固に固着したカーボンを

 

短時間に・エンジンにノーダメージで除去します。

 

 

s-IMG_3066

 

 

エンジン温度を40度以下まで冷まして

 

スロットルやサージタンク・SCV等を

外していきますね。

 

 

 

 

s-IMG_3071 s-IMG_3073 s-IMG_3074

 

 

ここまで分解して

やっとインテークバルブが見えてきます。

 

 

 

サージタンクを外せばインテーク経路は

ブローバイオイルでベタベタです。

 

 

 

これもカーボン蓄積の原因になっているでしょう。

 

 

s-IMG_3194 s-IMG_3196 s-IMG_3273

 

 

 

吸気経路の上流側でこの汚れ具合ですから、

これの先はどうなっているか? 想像できますよね?

 

 

 

s-IMG_3076

 

 

 

6気筒 12ポートにあるインテークバルブ12本

順番に確認していきますね。

 

 

 

 

s-IMG_3078 s-IMG_3088 s-IMG_3094 s-IMG_3099 s-IMG_3077

 

バルブの傘部 や シャフト部に

大量のカーボンが蓄積。

 

光沢があるのはオイルで湿っているからですね。

 

 

 

 

カーボンが蓄積すると

気渦流が乱れ、理想的な混合気が出来ない。 (パワーダウン)

 

完全燃焼せずススが発生して、

内部EGRでさらに蓄積する。  (カーボン蓄積の促進)

 

 

そして減る事は無く、増え続けるのでしょう。

 

 

 

 

これらを完全に除去していきますね~。

 

 

s-IMG_3115 s-IMG_3149

 

ドライアイス洗浄機 ドライアイスパワーに

3mmドライアイスペレットを投入し、

 

 

DSC専用ノズルでショットを繰り返します。

 

 

s-IMG_3121 s-IMG_3123

 

 

ペレットを直撃させ

ドライアイス特有の昇華爆発力

 

固着したカーボンを吹き飛ばしていきます。

 

 

 

 

なかなか頑固に固着していますね。

まだまだショットを繰り返し行いますよ~。

 

 

s-IMG_3220

 

飛び出てきたカーボンはこんな感じ。

 

 

結構な厚みと大きさがありますよね。

 

 

 

(WAKO’S RECS レックス)のようなケミカル剤

この大きさのカーボンが除去できるのか?

 

 

疑問から始まったDSCプロジェクト。

 

 

 

s-IMG_3234 s-IMG_3243 s-IMG_3242 s-IMG_3237

 

ショットを繰り返し続けて・・・・・。

 

 

 

余るはずのドライアイスペレット15Kg

全量使用してここまでキレイになりました。

 

 

 

今回のマークXのカーボンは非常に固く、

少し手こずりましたね。

 

 

 

まだまだガン操作の感覚が甘く、

なかなかバルブに直撃できないのが今後の課題かな。

 

 

当れば確実に剥がれるんですけどね~。

 

 

s-IMG_3224 s-IMG_3244 s-IMG_3247

 

スワールコントロールバルブもDSCをして

キレイに洗浄しますね。

 

コレぐらいなら数秒でキレイになりますよ。

 

 

s-IMG_3280

 

樹脂製サージタンクも洗浄液を流し込み

出来るだけ洗浄します。

 

ガスケット等はもちろん新品に交換です。

 

 

 

s-IMG_3249 s-IMG_3248 s-IMG_3256 s-IMG_3260

 

DSCオプション整備(イリジウムプラグの交換) 持込不可です。

 

 

NGK製 イリジウムMAX DF  針針プラグ

両極に針状のイリジウム電極を使用した高性能プラグです。

 

 

s-IMG_3269

 

あまり汚れていなかったですが、

電子制御スロットルボディの清掃。

 

(DSC基本料金に含まれて入ます。)

 

 

s-IMG_3288

もう一つのDSCオプション整備

WAKO’S RECS レックス)をここで施工します。(DSC後に)

 

DSCでは洗浄できない

燃焼室のカーボン除去にオススメ。

 

 

 

 

 

(お知らせ)

弊社ではDSCをしないでのWAKO’S RECSは

直噴D-4 GRエンジンに限り、止めることにしました。

 

GR直噴エンジン搭載車で

以前弊社でWAKO’S RECSをされた方には

DSC施工時には無料でさせて頂いています。

 

 

s-IMG_3052 s-IMG_3295

 

 

全ての作業を完了し、試運転をします。

 

 

完全暖機をしてDSC作業後の数値を確認すると

 

同じアイドリングの回転数で

燃料噴射量が減っていますね。

 

 

 

s-IMG_3048 s-IMG_3291

 

空燃比F/B学習値も

かなりマイナス補正を掛けているのは、

 

 

 

施工前の燃料噴射量では

O2センサーがリッチに反応し

 

ECUは『噴射量を減らせ』と指示しているのが分かりますね。

 

 

 

 

 

効率良く燃焼すれば燃料噴射を少なくしても

施工前以上の性能を発揮するので

結果として燃費も良くなると思います。

 

 

 

 

でもコレ新車時の状態に戻しただけなんですけどね~。

 

 

s-IMG_3298

 

 

DSCの効果がどれだけあるのか?は

現在数値データを集めて調査中。

 

 

世界初のDSCはまだ始まったばかりですから。

 

 

今後の施工例に期待してくださいね。

 

s-IMG_3305

 

前回もうどんを頂きまして

 

今回も香川県 小豆島からの

お土産ありがとうございます。

 

またのご利用宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日

にお越し頂きありがとうございます。

 

 

DSCも完全予約制になっていますので、

お見積・ご予約はHP(お問い合わせフォーム)からお願いします。

 

 

作業時間は4~5時間を想定していますので

日帰り作業で完了しますよ。

 

 

それではHappy Car Life!!

 

 

2015年4月19日

amazon prime comedy movies

https://bestseller.reviews

baden-medservice.com/lechenie-gastrojenterologii-v-germanii/lechenie-pecheni-v-germanii/

このページのトップへ