1. TOP
  2. ミナトBLOG

こちらではここまで錆びたりしないのですが。  三菱 アイ  点検整備

車検繁忙期の3月

時間に追われながらの作業。

 

3月末に近づくほど車検場が混みだすのは例年通り。

酷くなると場内に入れない。  (大阪だけなの??)

 

 

 

 

何とかならないですかね~。

 

有効期限を前後に延長してくれると

混雑も少しは緩やかになるんですけどね~。

 

s-IMG_1533 s-IMG_1531

 

三菱 アイ HA1W

H19年式  11万キロ走行

 

昔からお付き合いのあるお客様から。

 

 

 

最近、譲り受けた車両で検査満了日まで1年ほど

 

1年後の車検を見越しての車両点検になります。 (現状確認)

 

 

 

(乗れそうなら、継続検査をしようかな?と考え中だそうですよ。)

 

s-IMG_1526 s-IMG_1530 s-IMG_1527

 

下回りとボディ外装は塩害?

サビサビになっていますね~。

 

 

聞けば北陸地方の方から譲り受けたそうです。

 

 

全体的にサビが酷いのですが、

ブレーキ関係が特に危険な状態。

s-IMG_1520 s-IMG_1522 s-IMG_1523

 

段付磨耗 と ディスクローターの腐食

 

キャリパーは何とかイケそうなので

ローター研磨とパッド交換を行います。

 

 

s-IMG_1540 s-IMG_1547

 

 

 

 

 

 

続いてリア側も。

ブレーキドラム内も やや腐食気味。

 

s-IMG_1516

 

ブレーキライニングの当りも悪く、

こちらももドラム研磨 と ライニング交換

 

 

かなりブレーキの効きが悪かったと思いますよ~。

 

 

 

s-IMG_1551 s-IMG_1550

 

リア右のホイールシリンダは

固着して動きません。

 

 

錆やすい鉄製シリンダは

オーバーホールは止めて新品に交換しました。

 

 

s-IMG_1568 s-IMG_1555

s-IMG_1542

 

 

前所有者のメンテナンスは

消耗品中心に交換していますので

 

 

アレもコレもダメ!  と言うほどでもなく、

まだまだ乗れるのですが・・・。

 

 

 

 

 

やはり塩害の影響で

 

簡単に外せる部品が固着して外せなかったり

ボルトを緩めると折れてしまったり

 

スンナリ作業出来ない可能性を考慮すると

そんなに長くは使用出来ないかもね?とお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

大阪府 堺市周辺で使用する分には

錆の進行も かな~りユックリになるので

 

 

1年後の車検時にどうするか?

その時に判断しましょうと説明したんですよ。

 

 

 

 

堺市はほとんど降雪も凍結も無いので、

塩害被害はあまりないのです・・・。

 

オーダーが無ければシャーシブラックの塗装なんて

乗用車にはしないですからね~。

 

 

 

 

寒い地域でお住まいの方は、

こんな事がよくあるのでしょう~。  大変だと思います。

 

 

2015年3月10日

luxpom.com

misterroof.net

このページのトップへ