1. TOP
  2. ミナトBLOG

D・S・C プロジェクト 後編   ドライアイス洗浄   (ショートタイム・パーフェクト・ノーダメージ)

D・S・C Project   ディーエスシープロジェクト』 後編

 

 

前編で説明した直噴エンジンの『インテークバルブのカーボン蓄積

http://securityfeed.info/blog/?p=5905

s-IMG_1287

 

 

 

これをどのように除去するか?

 

それも完璧に・短時間に・エンジンにノーダメージで。

 

 

 

 

ミナト自動車オリジナル

DSC ドライアイス ショット カーボンクリーニング』

 

それを実現する為に導入した装置はこちら。

 

s-IMG_2331

 

グリーンテックジャパン社(GT-J) ドライアイス洗浄機

ドライアイスパワー   GT-100シリーズ

 

不可能を可能にした究極の洗浄機です。

 

 

 

 

まずはドライアイス洗浄の特長から説明しますね。

 

 

kkkk

 

圧縮空気を利用して

ドライアイス(3mmペレット)を高速噴射

対象付着物(汚れ)を除去するドライアイス洗浄。

 

 

 

 

 

1・母材を傷つけない

 

ドライアイス自体は柔らかい為、

対象母材を傷つけずに付着物のみ剥離します。

 

 

サンドブラストのようにブラスト(磨耗、研磨)で

汚れを削り落とすのではなく、

ドライアイス冷却の熱収縮を利用して剥離します。

 

 

 

 

 

 

2・残留物を何も残さない

 

水分・ケミカル剤・ブラスト材などを利用した洗浄方法とは

大きく違うのがこのポイント。

 

 

ドライアイスは衝突すると液体にならず

固体から気体に昇華し大気に消えます

 

もちろん剥離した付着物は圧縮空気により吹き飛ばされます

 

 

 

 

3・ナノレベルから強固な汚れまで洗浄可能

 

ゴム・樹脂製品から金属

電子回路基盤から鋳造金型まで

 

セッティングを変えれば幅広い対象物に対応。

 

 

 

エンジンの合金製バルブ・ゴム製シール等に全くキズを付けず

一切の残留物も残さないドライアイス洗浄。

 

頑固に強固に付着したカーボンのみを除去していきます。

 

 

8787

 

s-IMG_1912 s-IMG_2346

 

 

インテークバルブに固着したカーボンを剥離する原理

 

原理1

強固なカーボンに-79℃のドライアイスペレット(3mm)を高速噴射。

表面温度が急激に低下し、熱収縮により脆くなる

 

ペレットのブラスト力で脆くするのではなく、

熱収縮がポイント。

 

 

 

 

 

原理2

脆くなったカーボンの隙間にドライアイスが入り込み

750倍の体積膨張が発生する。

 

 

ドライアイスの特性である解けて気体(CO2)になると

750倍に体積がイッキに増えます。

 

この昇華爆発力を利用して一気に剥離します。

 

 

 

 

 

 

原理3

剥離したカーボンは圧縮空気と昇華したCO2と共に

インテークポートから噴出します。

 

 

 

 

1・2・3が連続で行われると

キレイになったインテークバルブだけが残るのですね。

 

s-RIMG5846k

s-IMG_12872 s-IMG_6853

 

ドライアイス洗浄機 NO’1メーカー グリーンテックJ社と

共同開発したDSC専用ガンノズル

 

 

奥まって複雑な構造のインテーク部を

効果的に洗浄できるように繰り返しテスト。

 

 

 

 

カーボンが除去しやすく、効果的なエア圧設定

ガンとノズルの操作方法とペレット噴射量の調整。

 

 

何台も実車でテストし、やっと完成しました。

 

 

s-IMG_2343 s-IMG_2342

 

 

 

 

 

ドライアイス洗浄機の使用例

 

絶対にキズを付けてはいけない樹脂成形をする精密金型の洗浄。

366

 

成形機のスクリューに焼き付いた炭化物除去。

2555

 

回路基盤に付着した粉塵とホコリの剥離。

6985

 

油汚れで固着した複雑な工作機械洗浄

kkkkuu

 

 

温水圧洗浄機           (水が残る 錆びる

溶解力のあるケミカル剤     (溶剤が残る 有害物質 

サンドブラストなどのブラスト機 (研磨材が残る 飛散  キズが付く

 

 

 

上記の洗浄は後処理が大変で

機械設備から食品関係までこれらが使えない場面でも

強力な洗浄能力を発揮するドライアイスパワー。

 

 

 

 

(ほこ X たて)で勝利した実力は

もう皆さんもご存知だと思います。

 

(どんな物でも剥がす洗浄機 vs 絶対剥がれない塗装)

 

 

 

hhhh

 

あらゆる製造業での洗浄作業で活躍しているこのマシーン。

 

自動車関連では大型製造プラントなどでしか導入例がなく

一般自動車整備業で導入した事は無いと聞いています。

 

 

 

 

 

もう既に問題が出ている

『直噴エンジン インテークバルブのカーボン』を

短時間に確実にノーダメージで除去できるのは

 

これ以外には無いのでは?

 

 

 

 

 

 

デモエンジン&実車数台でのテストを繰り返し完成した

DSC ドライアイス ショット カーボンクリーニング』

 

 

次回ブログでは最初のお客様(クラウン182)の

DSC作業状況をお知らせしますね~。

 

 

 

8万キロ走行したクラウンの

想像を絶するカーボン蓄積にみなさん驚くと思いますよ~。

http://securityfeed.info/blog/?p=6052

 

お楽しみに!!

Happy Car Life!!

 

 

 

2015年3月21日

このページのトップへ