1. TOP
  2. ミナトBLOG

D・S・C プロジェクト 前編    直噴エンジン インテークバルブ カーボン蓄積     WAKO’S RECSで洗浄できる??

D・S・C Project   ディーエスシープロジェクト』 前編

 

 

 

 

直噴エンジンの最大の欠点である

インテークバルブのカーボン蓄積』 はご存知でしょうか?

 

 

 

 

レクサス・トヨタならD-4 GRエンジン (2GR 3GR 4GR -FSE)など

主力エンジンがそれらに該当します。

 

(クラウン・マークX   レクサスIS・GS に搭載)

 

 

s-IMG_1287

上記画像に写るインテークバルブは

クラウン 180系 4GR 6万キロ走行車の画像です。

 

 

皆さんが想像している以上に酷い状態になっていませんか?

 

 

 

このような状態にナゼなるのか?

なにが悪いのか

 

 

それを分かりやすく簡単に説明しますね。

 

s-xxx

 

 

直噴エンジン(筒内直接燃料噴射)は燃焼室内に

直接燃料を噴射しています。

 

 

 

従来型エンジン(ポート式燃料噴射)では

エンジン燃焼室やインテークバルブの上流から

燃料を噴射しています。

 

 

 

燃焼室内か?外か?の違いです。

(内・外 両方あるエンジンもあります。)

 

 

 

 

ポート式噴射に比べて直噴のメリットは

燃料をダイレクトに燃焼室に送り込み

緻密なコントロールがしやすいので

 

 

 

燃費やパワーの向上が期待できる

燃料噴射システムなんですよね。

 

 

 

s-bbb

 

ですがデメリットも有ります。

その最大の欠点がインテークバルブに蓄積するカーボン。

 

 

 

 

直噴は燃焼室内で燃料を混合気にします。

(気化したガソリンと空気  = ベストな混合気)

 

 

 

高圧噴射されたガソリンは非常に小さな水滴で

まだ液体から気体になりきっていない状態なんですよね。

(気体噴射ではない。霧状)

 

 

 

水滴状のガソリンが完全気化する前に着火。

 

 

 

滴状表面の気化した物だけが燃焼し

芯部の液体部分は炭化してスス(カーボン)になります。

(燃え残り  燃料ムダ)

 

 

 

 

新車のうちはキレイに気化して

完全燃焼してくれるのですが

 

 

 

運転条件やメンテナンス次第では

徐々に燃焼状態が低下しカーボンが蓄積して

さらに悪化していきます。

 

 

 

s-RIMG5713

 

吸排気バルブのオーバーラップ

トヨタ GR D-4特有の内部EGR機構

オイル混じりのブローバイガスの流入

 

これらの要因でさらに蓄積が加速していきます。

 

 

 

 

 

ところで蓄積するとどうなるのか?  もうお分かりですよね。

 

 

 

設計通りの気流が燃焼室で生まれず

燃料が上手く混ざらず、未完成の混合気に。

 

 

そうなるとススが出て、さらに溜まるという繰り返し。

 

 

 

計算上のスワール(渦気流)が乱れ、

効率よく混合気にならない。

 

 

 

結果  →   新車時から比べて燃費ダウン・パワーロスに。

 

 

s-RIMG1170 s-RIMG1172

 

このカーボン蓄積を解決する代表的なものがWAKO’S RECS

(弊社もオススメしています。)

 

 

洗浄液をインテーク上流から送り込みカーボンを除去する

画期的かつ安価なシステム。

 

 

 

 

蓄積が少ないうちは良いのですが

 

ここまで大量に溜まったカーボンには

あまり効かない事が分かりました。

 

 

 

正確に言えば大量すぎて落としきれないのが現状。

 

 

しないよりした方が良いのですが・・・ね。

他に対処法がなかった・・・      今日まではね。

 

 

 

 

 

よくある燃料系ラインに機械を接続し、

洗浄液を噴射するサービスがありますが

 

直噴エンジンの場合、インテークポートに噴射ノズルが無い為

どう考えても洗浄液が届かないのですよね。

 

 

zzzz

 

図を見れば分かるように

WAKO’S フューエルワンなどの

燃料タンクに注入する添加剤も同様に届かないのですから。

 

 

(ポート式噴射には有効かもね?)

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の愛車はエンジンオイル交換をマメにしているので

カーボンの蓄積は無いだろうと思われる方・・・・。

 

 

残念ですがバットニュースです。

 

s-IMG_1296 s-IMG_1295

 

この6万キロのGRエンジンは

オイル管理は完璧なんですよね。

 

 

ほぼスラッジも無く、エンジン内部もキレイ。

 

 

でもバルブにカーボン蓄積は大量にある。

 

 

 

 

(オイルメンテ) と (インテークのカーボン蓄積)は関係なく、

直噴システム自体の構造的なものなんです。

 

 

走れば走るほど、必ず溜まっていきます・・・。

 

 

 

s-RIMG5710

 

ミナト自動車ではこれらの問題を解決するため

6万キロ走行のテスト用GRエンジンを入手しました。

 

 

実車では何度も蓄積を目視確認していますが

テスト&対策となるとデモ機が必要なので。

 

 

 

 

s-RIMG5714 s-RIMG5716

s-RIMG5725

 

 

 

サージタンクを外すとブローバイのオイルでベトベト。

 

エンジンオイルが燃焼室に流入しているのが分かりますね。

 

 

 

 

s-RIMG5834

 

 

吸気流量を変えてスワール気流(横回転気流)を発生させる

スワールバルブもこんなに真っ黒。

 

当然その先も汚れているでしょう。

 

 

s-IMG_1292

 

 

 

さらに奥まで外せばやっとインテークポートに辿り着きます。

 

 

 

そしてそのインテークポートを覗き込むと

最初の画像が見えてくるのです。

 

 

s-IMG_12872

 

カチカチに固着したカーボンは非常に強固

 

強溶解力のキャブクリーナーでもなかなか落ちませんよ~。

 

 

 

また安易に作業して剥がれたカーボン片が

燃焼室やバルブシートに入ってもエンジンが不調に。 (圧縮漏れ)

 

 

 

 

それが6気筒なら12ポートあるので

手作業ではものすごい時間が掛かり

しかもキレイに落とせない。

 

 

 

じゃ~どうすればイイのか?  新車状態には出来ないのか?

 

s-RIMG5846

 

ミナト自動車では今まで手が付けれなかった

インテークカーボンの蓄積を除去する為、

 

 

完璧に・短時間に・エンジンにノーダメージ

画期的な整備作業システムを開発しました。

 

 

s-IMG_12872 s-IMG_6853

 

おそらく世界初でしょう。

 

D・S・C Project   ディーエスシープロジェクト

前編はこのあたりで。

 

 

 

その画期的な除去装置は

次回ブログ(後編)で紹介しますね。 (DSCの意味もその時に)

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

それでは Happy Car Life!!

 

 

2015年3月20日

このページのトップへ