1. TOP
  2. ミナトBLOG

これが18万キロの乗り味か?   ブッシュ交換にクッコ油圧ラム。

去年にフロントサスペンション一式と

リアショックアブソーバーなどを整備させて頂いた

トヨタ ウィッシュ ZNE10

 

http://securityfeed.info/blog/?p=302

http://securityfeed.info/blog/?p=376

 

兵庫県からお越し頂きました。

 

 

 

 

 

走行距離18万キロ。

 

今回は車検整備の入庫です。    ありがとうございます。

 

s-IMG_0354

s-IMG_0054 s-IMG_0053 s-IMG_0061

2年に掛けて少しずつ

リフレッシュしていったウィッシュ。

 

 

 

エンジンのメンテナンスやATF交換

足回りの主要部品とブレーキキャリパーOH

フューエルポンプからO2センサーまで

 

一通りのオススメ整備は完了済み

 

 

 

 

 

今回は緊急度は低いが

距離相応の劣化が見られる部分を

 

リフレッシュしていきますね。

 

s-IMG_0242 s-IMG_0078 s-IMG_0076

 

リアアクスルビームの連結部にあるブッシュ。

ひび割れて劣化していますね。

 

 

 

事故などをしていないのに

アライメントが狂ってくるのは

 

サスペンションのゴムブッシュが

ヘタってくるからなんですよね。  (ボールジョイントも含む)

 

 

 

 

距離の浅いうちはアライメント調整で修正できますが、

10万キロを超えてくるとゴム製のブッシュ等は

必ず劣化(変形、硬化)していきます。

 

 

 

そして金属製のボールジョイントも磨耗し

少しずつガタが出てきます。

 

 

s-IMG_0274 s-IMG_0276

 

乗り味も悪くなる。       (アライメント狂い)

滑らかさも無くなる。    (ブッシュゴムなどの硬化)

 

 

 

 

少しのズレが数箇所あると

トータルアライメントは徐々に狂っていくのですね。

 

 

s-IMG_0273

 

フロント左右はロアアームASSY交換済み。

 

 

 

残された最後のRサスペンションブッシュを

交換していきますね~。

 

 

 

まずは車体から切り離します。

 

 

トヨタのこの手はもう慣れました。

 

s-IMG_0281

 

今回はこのような作業用に

密かに入手したツール。

 

 

ドイツ プーラー専門メーカー

KUKKO クッコ社製  油圧ラム 100KN

 

 

コンパクトボディに100KNのハイパワー。 押し出し力が違います。

 

s-IMG_0288

 

ブッシュを押し出せるように

プーラーと油圧ラム、 インストーラーをセット。

 

 

 

 

ある程度まではプーラーのシャフトを回し、

仕上げは油圧ラムでググッと押し出しますね。

 

 

 

 

s-IMG_0293

 

通常プーラーだけの押し出し作業では

シャフトスクリューを回していくと

 

プーラー全体が時計回転に捻られます

 

 

 

 

 

対象物が固着していると

赤丸印のプーラーのツメが外れて

圧力が加えられないのですよね~。

 

 

プーラー作業アルアルですね。

 

 

 

 

 

 

クッコ油圧ラムにあるシャフトを軽~く回すだけで

緑矢印双方向100NKの力が掛かるので

 

 

プーラーの捻じれも無く

そしてツメも外れず

 

対象物を押し出す事が可能なんですね。

 

 

門柱プレスが使えない場面では

活躍してくれそうです。

 

 

s-IMG_0279

s-IMG_0337

 

外す前に付けた印を合わせて

今度は新品ブッシュを圧入します。

 

 

プーラーと油圧ラム、インストーラーをセットして

引き入れていきますね

 

 

s-IMG_0347

 

ブレーキラインを切り離したので

前後ブレーキホースも同時に交換しますね。

 

 

 

 

新品ブッシュを装着したアクスルビームを

元通りに車体へ装着&調整

 

 

 

これで足回りは全て新車状態になりました。

 

 

試運転をすると18万キロ走行したとは

思えないシッカリとした感触です。

 

 

s-IMG_0339 s-IMG_0340 s-IMG_0356

 

マフラーを吊り下げている

ダンパーブッシュガスケット交換。

 

エアコンフィルターも交換。

 

 

 

無事車検も合格し

納車となります。

 

 

週末預かり、週末納車が多いですね。

 

 

s-IMG_0351

 

 

たとえ話ですが・・・。

 

 

オイルの劣化を放置していると

エンジンのコンディションは低下

 

 

そして低下したエンジン、ミッション等は

オイル劣化による金属磨耗を起こすと

 

もうオイル交換ぐらいでは元の状態まで戻らないのです

(リビルトへの交換になるかな。その方が安いし。)

 

 

 

 

 

 

 

逆に足回りのリフレッシュは、

消耗部品の数は多いですが

 

確実に新車レベルまで回復しますので

長く愛着を持って使用されるなら

 

リフレッシュするのもイイと思いますよ~。

 

 

s-IMG_0361

 

その辺りは欧州車の方が理解があり

ブッシュやボールジョイントなどが単品で供給され

 

ASSYごと交換することもなく

このようなブッシュ入れ替え作業

定番修理になっていますよね。

 

 

(ゴムの品質が違うというのもあるのかな? すぐにダメになるし。)

(そもそも文化が違うというのもありますよね。 メーカーもユーザーも)

 

 

 

 

 

私の愛車も21年落ちの13万キロ。(ボルボ945)

 

 

 

愛車をメンテしながら長~く乗る事の方が

エコだと思うのですが

 

 

車齢が13年超、18年超になると

税金がもれなく高くなるので

 

お国はこっちのエコには配慮してくれないようです。   ガクッ・・・。

 

 

(まぁ~好きで乗っているから、別にイイんですけどね。)

 

 

 

 

 

愛車のリフレッシュはどうぞミナト自動車まで。

HPのお問い合わせフォームからお待ちしていますね。

 

 

 

 

 

2015年1月30日

http://baden-medservice.com/

bestseller.reviews/five-best-jogging-strollers-lets-compare/

www.baden-medservice.com

このページのトップへ