1. TOP
  2. ミナトBLOG

フューエルポンプの予防整備。    サービスホールは????

前々回のブログで登場した

ハイエース 100系 ガソリン車 20万キロ















リアハブベアリング&シール 一式の交換をして

年式と走行距離を考慮して







フューエル(燃料)ポンプ関係

をメンテしますね。









s-RIMG5035.jpg








(ハイエース サーフィン) とくれば

もれなく付いてくるリアベッド仕様











フューエルポンプのサービスホール

アクセスするため、分解していきますね。








前オーナーの手作りベッドなので

後々分解脱着するようには作っておらず






少し手間取りました。













s-RIMG5036.jpg




中の荷物を全部出して

ベット一式を分解。










フロアカーペットをめくってみれば

サービスホールに辿り着きましたね










s-RIMG5037.jpg







サービスホールの蓋を

パカッと開けると

そこにはフューエルポンプがあり




簡単に交換できる・・・・・・!!??。





















ん~違うやん!!  コレ





フューエルポンプじゃない・・・・・。

















s-RIMG5038.jpg











今どきのトヨタ車のフューエルポンプは

フロアに穴が開いていて







簡単に交換できるのですが

このハイエース100系はどうやら無いようです・・・・。


















元にベットを戻して

フューエルタンクを下ろしました。







s-RIMG5041.jpg











タンクの上から付いている

ポンプASSYを外して





新しいポンプとストレーナーなどと交換しますね。















s-RIMG5042.jpg
s-RIMG5043.jpg















経験上、トヨタの場合

フューエルポンプの故障は20万キロ前後が

メドのような気がします。         (自社調べ)
















もちろん それ以上走行しても

壊れない車両は沢山あるのですが




壊れたり、音が大きくなったりした事例をみると

まあこの辺で交換しているのがベストかなと。












ポンプが突然死をして

道の真ん中で立ち往生・・・・。



なんて事にならない為の予防整備

















リレーやフィルターも同時交換がオススメですね。




s-RIMG5040.jpg



整備書で確認してから

作業すれば良かったのですが







100系ハイエースのの整備書が

冊子版のPDF化したものなので





閲覧しにくかったんですよね。








おかげで少し遠回りしましたが

燃料満タンにしても漏れは無く





作業完了しました。












低年式車 や 過走行車 との付き合い方は





整備優先度の高い物

突然死する可能性のある物






などを把握しながら

予算に合わせてメンテしていく事が大事だと思いますよ~。





















本日もミナト自動車ブログ

(日々是好日)に来て頂きありがとうございます。








寒波が来て今週中は寒そうですね。











こちらは暇を見つけては

ブログの引越し作業中~。


2014年12月5日

best movies to stream

best comedy movies on amazon prime

best tv series 2018

このページのトップへ