1. TOP
  2. ミナトBLOG

整備士的な目線で新技術への関心。    高額修理費となりそうですよ~。

s-RIMG4417_2014102417534362b.jpg

 

 

マツダ アテンザ  GJ2FP

 

スカイアクティブ-ディーゼル
板金交換での入庫です。

 

 

 

Fr右コーナー部の軽度な破損事故

 

 

 

 

最近の勢いがあるマツダ
まったく新しい技術が満載で注目度も高いのですよね。

 

 

 

 

弊社のような民間修理工場には
新型車の整備入庫は基本的に少ないです。

 

 

新しいので故障自体が少ないのと
最初の車検までは購入ディーラーへの入庫が多いので。

 

 

 

 

 

 

ですが
2オーナー目になった時
発売から7年ぐらい経過した時

 

 

 

 

 

メーカー保証も切れて
民間工場への入庫率も上がる数年後に備えて?

 

サラリと観察してみますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG4531_201410241754078da.jpg

 

 

スカイアクティブ-ディーゼル 2.2D

 
V6ガソリンエンジンより、エンジン音は高めかな。

 

 

 

 

 

でも静かですよね、ディーゼルにしては。

 

室内ではそんなに音は気にならないかな~。

 

 

 

 

 
s-RIMG4420_201410241753457ad.jpg
s-RIMG4421_20141024175346b22.jpg
s-RIMG4544.jpg

 

 

従来の方法では排気ガスの黒煙や
NOx対策がクリアされない為

 

 

 

マツダ独自の新しい技術 と 高度なエンジン制御で
(高額な排ガス処理浄化装置を使用せず)
一つずつクリアしていったと聞いています。

 

 

 

 

 

上の画像に写るのは温度センサー

吸気、排気に数個ずつ の温度センサー
吸気圧、排気圧にも複数の気圧センサー

 

吸気排気系統だけでも
かなりの数です。

 

 

 

 

 

従来のガソリンエンジンより
倍以上のセンサー類が付いているのでは。

 

 

 

 

どんな状況下でも空気量に対して
最適な燃料噴射をするのでしょうね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG4533.jpg

 

 

減速時などの余った動力を オルタネーター(発電機)で無駄なく発電し、
回収するのはスデに多くの車種で採用されていますよね。

 

 

 

 

このアテンザの i-ELOOP (減速エネルギー回生システム)
可変電圧式オルタネーター で瞬時に大量発電(最大25V)し
キャパシタで大容量かつ素早く蓄電。

 

 

 

 

DC-DCコンバーターで通常の電圧(12~14.5V)まで降圧し
アイドリングストップ対応の高性能バッテリーに賢~く充電制御

 

 

 

 

 

 

 

それらは全てPCMというパワー系コンピューターで
高速制御&監視制御されているようです。

 

 

ついにキャパシタまで採用しましたか。  すごいね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG4537.jpg
s-RIMG4538.jpg

 

 

今回の事故は『右側の軽い事故』でしたが
もし左側なら破損していただろう
高額が予想されるキャパシタが・・・付いています。

 

 

 

 

いろんな意味で車両保険は必須ですね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG4539.jpg

 

 

今回も マツダ アテンザの
電子整備マニュアル (整備書、解説書) を閲覧しましたが

 

記載されている内容が
項目、量ともにハンパなく多いです

 

 

 

どのように制御システム化しているのか
各機能の役割や点検方法、再設定の手順など
文章や図解で記載されています。

 

 

 

 

 

 

今まで以上に
精密機械の集合体になり
複数のECUでネットワーク管理。

 

 

 

 

電気のオン、オフのような簡単な信号指示ではなく
各ECU間を高速デジタル信号でCAN通信制御。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG4543.jpg

 

 

(エンジンの調子が少し悪いような)

(最近なんか燃費が悪いかも)

(チャックランプが付いたままですが)

 

 

些細な症状を放置すると
とんでもない所まで壊れそうな予感がします。

 

 

 

 

 

また粗悪な社外品の電子部品や
アフターパーツなどの装着により

 

誤作動を起こす可能性
今まで以上に高くなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

民間整備工場に入庫し出す数年後、
故障診断が出来るのでしょうかね?

 

(このオルタ、20V以上発電してる!  過充電や~! リビルトに交換するで~!)

 

とならなければ良いのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG4526.jpg

 

 

板金途中の新品バンパーの仮合わせ風景

 

 

 

 

 

フェンダー等を板金して
塗装に移ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダ一押しの 匠塗 41V ソウルレッド・プレミアムメタリック )

 

 

私もアテンザを購入するなら
この色がイイと思っていましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

このカラーは
通常の2コートメタリックではなく

 

 

カラークリアーを用いた特殊3コートメタリック塗装。
非常にキレイで深みのある色なんですが
再塗装時の再現性は非常に悪いです。

 

 

 

 

 

 

今までの3コート塗装は

・ソリッドの下色塗装
・パールマイカ系等の塗装
・クリア塗装を順番に行います。

 

 

 

 

 

 

今回の41Vは

・メタリック系の塗装 (濁ったオレンジメタリック
・レッド系クリア塗装 (無色のクリアに少量の赤
・最後にクリアトップコート。

 

 

 

 

 

調色もやや難しいが
調色時と同じ条件で
実車に塗装するのが さらに難しい

 

 

 

 

 

 

 

 

レッド系クリアの掛かり具合(塗り回数)で、大きく色が変化します。
市場に出た後、補修塗装の事を
まったく考えずに採用されたのでしょうか?

 

 

 

 

ちょっと気になったのでお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG4419_20141024175344ccb.jpg

 

 

最近多いLEDライト & AFS(アダプティブフロントライティングシステム)搭載のヘッドランプ。

 

 

 

 

ユニット交換(ランプのみ) なのですが
部品価格はかなり高額です。

 

 

HIDのバーナー付でのセット販売か?
部品商に再問い合わせると
ユニットのみの価格でこのお値段です・・・とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

最新技術満載のアテンザは
壊れたり、ブツけたりすると
今まで以上に高額な修理代が掛かりそうです。

 

 

 

 

デザインだけではなく
いろんな意味で欧州車に近づいた現行アテンザ
事故、故障にはお気をつけ下さいね~。

 

 

 

 

 

 

2014年10月25日

steroid-pharm.com/clenbuterol.html

www.profvest.com/2015/04/Kreditnoe-plecho.html

www.baden-medservice.ru/

このページのトップへ