1. TOP
  2. ミナトBLOG

夏の終わりに『カーエアコンリフレッシュα』      除湿効果もあるのです~。

 

 

 

もうすぐ9月も終わりですね。

 

 

朝晩は涼しく?肌寒くなってきましたが
日中はまだまだ暑い日がありますね。

 

 

 

 

 
s-RIMG3924.jpg

 

 

カーエアコンリフレッシュα

2月に デンゲン社製エコマックスJr を導入し
3月からサービスをスタート。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-330.html

 

 

 

おかげさまで指名率が高く
この夏の大人気メニューになってくれました。        ありがとうございます。

 

 

 

 

 
今回入庫されたイプサム

 
ATF交換 と 電子制御スロットル清掃 と合わせて
(カーエアコンリフレッシュα) も依頼されました~。

 

 

 

 

 
s-RIMG3925.jpg

 

 

お話をお聞きすると
今年からどうもエアコンの効きが悪いような印象で

 

 

 
診断 と リフレッシュも兼ねてのご指名です。

 

 

 

 

 
s-RIMG3926.jpg
s-RIMG3928.jpg

 

 

エコマックスJrから
低高圧ホースに接続し
性能テストを行いますね。

 

 

 
気温30度 日陰

クールMAX 風量全開

窓&ドア全開   内気循環

 

 
ガス圧等は問題なく
吹き出し口からの冷風は 12℃

 

 

エアコンは効いてはいるが
はたしてこの数値が正常なのか?

 

 

 

 

 

 

調べる方法はただ一つ。
冷媒ガスを全量回収して

 

規定充填量が有るか?を測定しますね。

 

 

 

 

 
s-RIMG3930.jpg

 

 

イプサムの規定充填量は

800g ± 50g

 

 

 

 

750g~850gの冷媒ガスが
充填されていなければ
当然冷えは悪くなりますよ~。

 

 

多すぎても少なすぎてもダメなんですね。

 

 

 

 

 
s-RIMG7660_201409291801347cb.jpg

 

 

冷媒ガス測定と同時に
コンプレッサーオイルもチャージします。  (予防整備ですね。)

 

 

 

ミナト自動車のカーエアコンリフレッシュαでは
エアコンガス添加剤を3種類から選べます。

 

 

 

 

 

 

基本料金セットの デンゲン社製 オイル添加剤

 

 

 

アップグレードをご希望の方は高性能AC添加剤に変更可能。

 

WAKO’S パワーエアコン プラス

NUTEC ニューテック NC-200

 

 

 

 

 
s-RIMG7676.jpg
s-RIMG3932_201409291801051f3.jpg
s-RIMG3935_2014092918010624a.jpg

 

 

今回は純正品と同等になる
デンゲンオイル缶を選択されました。

 

 

 

エコマックスJrに
充填量 800gに設定しますね。

 

 

 

デンゲンオイル缶 40gの冷媒ガスと合わせると
840gを充填する予定です。

 

 

 

 

 
s-RIMG3942.jpg

 

 

リアエアコンの作動も確認して
スタートしますね。

 

 

 

車両から冷媒ガスの強制回収

回収されたガスは高性能フィルターで ろ過

精密重量計での回収重量を測定

回収が終われば真空引き

配管内のを真空状態にして、水分と空気を除去

 

 

 

 

 

 

10分の真空引きの後は
オイル添加剤と再生された冷媒ガスを注入

 

 

 

規定量を重量管理で 高速液化充填

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3943.jpg

 

 

これらの作業は全て全自動

 

 

 

最後に作業結果がプリントアウトされ
作業内容が確認出来ます。

 

 

 

エコマックスJrの稼動時間は 約15分

 

 

なかなか優秀な機械ですよね。

 

 

 

 

 
s-RIMG3944_20140929180133736.jpg

 

 

充填ガス 設定量   800g +40g

回収できた冷媒ガス  610g

追加補充ガス量   190g

 

 

 

 

 

800g前後の充填量に対して
このイプサムには冷媒ガス610gしか入っておらず

 

 

約200gほど足りない事が分かりましたね。

 

 

 

 

 
s-RIMG3940.jpg

 

 

もう一度 最初と同じ条件で
吹き出し口の温度を測定しますね。

 

 

 

どのように変化するでしょうか?

 

 

 

 

 
s-RIMG3939_20140929180109cf8.jpg

 

 

大幅に冷えが良くなり
8℃まで下がりました。

 

 

 

走行すれば圧縮も良くなり
コンデンサーも走行風で、冷やされますよね。

 

 

 

当然、窓もドアも閉めて使用すると思いますので
もっと冷えると思いますよ~。

 

 

 

 

 
s-RIMG7613_2014092918453268b.jpg

 

 

エアコン整備のスタートは
まず冷媒ガスが規定量有る事が前提です。

 

 

そしてそれを調べる方法は一つだけ。

 全回収して重量を測り、不足分を調べる事 
(近年の車両は充填量が少ないので、よりシビアです。)

 

 

 

 

安易な追加ガスチャージは
根本的な解決にはならず
無駄な出費となる時も場合もあるのですよね。

 

 

 

規定量を充填してもまだ冷えが悪い場合は
他の部分に不具合が有りますので次のステップに進みますよ。

 

 

 

 

 

 

もうすぐ?夏も終わり
秋がきて冬になりますが

エアコンは冷やすだけではなく
除湿効果もありますので

フロントガラスが曇る
冬場でも使用するんですよ~。

 

 

 

 

 

予約のご相談は
ホームページ(お問い合わせフォーム)からどうぞ~。

 

 

 

 

 

 

 

2014年9月29日

steroid-pharm.com/provimed.html

profvest.com

profvest.com

このページのトップへ