Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
ウィッシュ サスペンションリフレッシュ。     交換すれば分かるその違い。 | 日々是好日 byミナト自動車- securityfeed.info

  1. TOP
  2. ミナトBLOG

ウィッシュ サスペンションリフレッシュ。     交換すれば分かるその違い。

 

 

 

消耗部品とは
どこまでがそう呼ばれるのでしょうか?

 

 

 

エンジンオイルやフィルター類
ブレーキパッドに補機ベルト。

車検整備などで定期的な交換をされていると思います。

 

 

 

 

 

 

各部品の性質や仕事量によって
交換時期はさまざまでしょう。

 

また車検整備などでは破損でもしていない限り
交換しない部品も多くありますが
実際には性能劣化している部品も有るんですよね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3099.jpg
トヨタ ウィッシュ ZNE10

走行距離 18万キロ

 

 

サスペンション一式の交換依頼です。

 

 

 

 

 

カヤバ製のショックアブソーバーも検討しましたが
今回は純正品で交換したいと思います。

 

 

 

 

 

まずはリアサスペンションから作業していきますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3100_2014090614113874d.jpg
s-RIMG3107.jpg

 

 

FFウィッシュのリアサスは
ミニバン、コンパクトカーなどに多いトーションビーム式。

 

 

スプリングとアブソーバーが一体式
なっているので、さらに分解していきますね。

 

 

 

 

 
s-RIMG3113_2014090614114114e.jpg s-RIMG3114.jpg

 

 

コイルスプリング以外は全て交換

 

 

 

サービスホールが無い為
リアシートやトリムパネルを脱着しました。

 

 

 

 

 

サービスホールさえ空けていれば
もっと簡単に交換できるのにね~。

 

 

 

 

 
s-RIMG3118.jpg s-RIMG3120.jpg

 

 

フロント側はストラット式ショックアブソーバー。

 

 

 

ダストカバーやインシュレーターの
ゴム製部品も交換しますね。

 

 

 

 

 
s-RIMG3122.jpg
s-RIMG3152_2014090614133572c.jpg

 

 

スプリングコンプレッサーを使用して分解し
アッパーサポートバウンドストッパーも新品交換。

 

 

 

18万キロ使用したアブソーバーは
減衰力が落ちてクタクタな状態でしたよ。

 

 

 

 

 
s-RIMG3144_2014090614125257c.jpg s-RIMG3145_201409061412535ec.jpg s-RIMG3149.jpg

 

 

新旧同じようにシャフトを押し込んで
手を離すと一目瞭然

 

 

 

新品はグィ~と伸びてきますが
古い方は縮んだままですね。

 

 

 

 

 

また古い方はスコッと入るほどヘタッていましたが
新品の方は力を入れないと

押し込むことも難しいほど反発力が強いのですね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3130.jpg s-RIMG3134.jpg s-RIMG3138_20140906141249171.jpg

 

同時にL型ロアアーム
リビルトドライブシャフトも左右交換します。

 

 

 

アライメントに大きな影響を持つ
ロアアームブッシュはブッシュ単体交換は不可。

 

 

 

 

 

左右ロアアームASSYごと交換しますね。
(左右ロアボールジョイントは以前に交換済み)

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3158.jpg

 

 

もともと漏れてはいないのですが
簡単に交換できる場所ではないので
ついでにデフサイドシールも交換しますね。

 

 

 

シールもゴム製品なので
経年劣化で硬化
弾力性がなくなるのですよね~。

 

 

 

 

 
s-RIMG3155_20140906141337b37.jpg
 

 

ATFを補充し
アライメントを調整して
サスペンション交換は作業完了。

 

 

 

 

 

ショックアブソーバーの寿命は7万キロから低下し
10万キロぐらいが交換時期でしょう。
(乗り方、使用頻度によって変わります。)

 

 

 

 

 

 

交換費用も掛かりますが
乗り心地も大きく変わる(向上する)ので

 

長く乗り続けるのなら
交換した方が良いのでは。

 

 

 

また予算が許されるなら
ブッシュ類も同時交換をオススメしますね~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3334_20140906141422117.jpg s-RIMG3335.jpg

 

 

エンジンオイルも交換させて頂きました。

 

 

NUTEC ZZ-01 (5W-35)  化学合成油 (エステル系)

NUTECテクノロジーを盛り込んだライトモデルになります。

 

 

 

 

 

同時にオイル漏れ抑制効果に定評がある
エンジンオイル添加剤 NC-81プラスも注入しましたよ。

 

 

 
s-RIMG3339_20140906141424481.jpg

 

 

サスペンションが劣化し、乗り心地が悪くなっても
余程のことがない限り、車検には問題なく合格するでしょう。

 

 

 

また10年10万キロも使用すれば
あまりその車両にお金を掛けたくないのも
よくある話ですよね。

 

 

 

 

 

 

サスペンションのブッシュやアブソーバーなど
頻繁に交換しない部品などは

結構そのまま使用し続けていくのがほとんどでしょう。        (そして乗り換えや廃車に)

 

 

 

 

 

 

 

 

でも金額的には高額になりますが
その分ハッキリ変化が見られるので

ヤリ甲斐のある交換部品でもありますよ。

 

 

 

 

0万キロ近く走行していて
まだまだ使用していきたい方は

一度検討してみても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

2014年9月6日

baden-medservice.com

https://optiontradingstrategies.net

http://www.baden-medservice.com

このページのトップへ