1. TOP
  2. ミナトBLOG

徳島県からNUTEC 3点セット。    日帰り作業も可能です~。   

 

 

以前にWAKO’S ハイパーS
ATF交換をして頂いたレガシィ。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-158.html

 

 

 

あれから5万キロ走行し
交換時期が来たので再来店になります。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3015.jpg

 

 

徳島県からお越し頂きました。

 

 

レガシィ BP9 4AT

走行距離10万キロ

 

 

 

 

 

 

今回の依頼は

 

ATF交換

エンジンオイル交換

カーエアコンリフレッシュα

の3点になります。

 

 

 

 

 

 

 

ATFを (NUTEC or WAKO’S)のどちらにするか?

NUTECエンジンオイルの粘度をどの辺りにするか?
エアコン添加剤(デンゲン、WAKO’S、NUTEC)の3択から?

 

 

 

 

 

 

お見積と商品の説明等をお話させて頂いて
お好きなプランを選んで頂きました。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2986.jpg

 

 

ATFの状態と過去の交換暦から
今回もプレ洗浄無し の圧送式交換を行いますね。

 

定期的にATFを交換していれば
プレ洗浄は必要はないのですよ~。

 

 

 

 

 

 

選択されたATFは NUTEC ZZ51改

全化学合成ATF(エステル系) ハイパフォーマンスATF。

 

 

 

サーキット走行や高回転まで回すストリート走行の方に
オススメのATFなんですが

 

通勤やレジャーなどの 通常走行メインの方にも
実はオススメしているんですよ~。

 

 

 

 
s-RIMG2990.jpg

 

 

エステル系ベースオイルの微細化、高性能化
高温、高圧、高回転などの過酷な状況でも

 

安定して性能を発揮する 『NUTEC ZZ51改』

 

 

非常に耐熱性の高いATFなので
一般走行ぐらいの熱負荷では

 

熱劣化による性能低下が起きにくいのが特徴です。 (純正ATFと比べて)

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3013_20140824145800a03.jpg

 

 

そこでオーバースペックATFを
一般走行車に使用すれば

 

ATF交換サイクルも伸びて
実はロングライフ化になるのですよ。

 

 

 

 

 

また微細化した強靭なベースオイル性能で
燃費&フィーリング向上になるのはご存知だと思います。

 

 

 

 

 

それではトルコン太郎に接続して
圧送式交換を行いますね。

 

 

 

 
s-RIMG2994.jpg s-RIMG2996.jpg s-RIMG2999.jpg s-RIMG3002.jpg s-RIMG3004.jpg s-RIMG3007.jpg s-RIMG3012.jpg

 

 

前回使用したWAKO’S ハイパーSから
ZZ51改に入れ替わりましたね

 

 

 

奥に見える新油と比べても
十分キレイになったと思いますよ。

 

 

 
s-RIMG3019.jpg

 

 

5万キロ使用したハイパーSは
コレぐらいの汚れ具合

 

 

部分化学合成のハイパーS
純正ATFに比べて耐熱性が高いオイルなので
劣化もほどほどに、汚れも少なめですね。

 

 

 

 

 

 

もし純正ATFで5万キロ使用すれば
もっと真っ黒に劣化しているでしょうね~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3022.jpg

 

 

次にエンジンオイルと
オイルエレメントも 交換します。

 

 

 

NUTEC NC-50系 エステルレーシングシリーズ

 

NC-50    (10W50) 1L 2本
NC-52E   (0W20) 1L 2本

 

50:50のブレンド配合で(5W40)に調整しました。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3027_20140824145830e2e.jpg

 

 

メーカー推奨粘度を参考に
交換サイクルや使用状況などを考慮して
オススメ粘度を提案させて頂きました。

 

 

 

ATFと同様に高性能エンジンオイルを
一般走行車で使用するとどうなるのか?

 

 

 

単純に今までより交換サイクルが伸びて
パフォーマンス、フィーリングが上がりますよ~。

 

 

 
s-RIMG3031.jpg

 

 

NC-50シリーズなら 0W20~10w50まで
お好きな粘度で調整できますので
来店時にご相談ください。

 

 

 

 

 
s-RIMG3036.jpg

 

 

デンゲン社製
全自動ACガス回収再生充填機  エコマックスJr

 

ミナト自動車オリジナルのカーエアコンリフレッシュα
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-330.html

 

 

 

 

 

 

コンプレッサー保護のために
エアコンガス添加剤を同時注入するのですが

 

基本セットのデンゲン製ACオイル缶から
アップグレード料金でWAKO’S と NUTEC が選べます。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3046.jpg

 

 

ATFとエンジンオイルがNUTECなので
AC添加剤もNUTEC NC-200 を選択されました。

 

 

 

こちらもエステル系オイルを贅沢に使用した
高性能ACコンプレッサー用オイル添加剤になります。

 

 

 

 

 

 

NC-200 を エコマックスJr にセットし
低高圧ホースも接続して
性能テストをしていきますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3037.jpg
s-RIMG3039.jpg

 

 

 

外気温 34℃

クールMAX 風量全開

ドア窓全開の内気循環

エンジン回転数2000回転

吹き出し口温度    11℃ ですね。

 

 

 

 

 

 

これで作業前のレガシィは
外気温を23℃に冷やす能力
あるのが分かりますよね。

 

 

 

 

 

s-RIMG3049.jpg

 

 

続いて
BP9の規定冷媒充填量は
400g    ± 30g

 

 

 

 

 
エコマックスJrを400gにセットすれば

 

NC-200の冷媒ガス 30gと合わせると
丁度イイ感じになりますよ
(430gの冷媒ガスを充填予定。)

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3050.jpg s-RIMG3053.jpg s-RIMG3057.jpg

 

 

車両から冷媒ガスを回収
高性能フィルターで再生ろ過

 

 

真空引きをして配管内の
空気、水分を除去

 

 

重量管理で規定量を液化充填
AC添加剤も同時に注入

 

 

 

 

 
s-RIMG3058.jpg s-RIMG3061.jpg

 

 

規定充填量       400g

回収したガス量     300g

不足分していたガス  100g

 

 

 

 

 

6年間で100gの冷媒ガスが
減少していた事が分かりましたね。

 

 

 

今回のカーエアコンリフレッシュαで
430gの冷媒ガスを充填し

 

コンプレッサー用オイルもNC-200を補充完了

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3064.jpg

 

 

作業前と同じ条件で測定すると
吹き出し口温度 8.5℃になりましたね。

 

 

 

 

 

冷媒ガスの量は
重量管理した全量回収をしないと
測定出来ません。

 

 

 

 

 

冷えが悪いからと言って
安易なガスチャージをすると

 

過充填や故障の原因にもなりますので
注意が必要ですね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG3066.jpg

 

 

今回は (NUTEC3点セット)で施工させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

なかなかこの3点を同時に施工できる
整備工場は少ないと思いますが

 

ミナト自動車では予約して頂ければ
日帰り作業も対応可能です。

 

 

 

 

 

 

大阪、関西への観光ついでに
ぜひお寄りくださいね。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-326.html

 

 

 

 

 

ご予約等はホームページ (お問い合わせフォーム) からどうぞ。
宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年8月24日

самые богатые люди в мире

фондовый рынок россия

Лечение урологических болезний

このページのトップへ