1. TOP
  2. ミナトBLOG

遅い車検も良い意味でなら。   原因と結果のリンク。

突発的な故障や事故の保険対応など
お盆休み明けから、何かとバタバタしています。

 

 

 

 
s-RIMG2880_20140820191225cc5.jpg

 

 

車検整備の依頼で入庫した

キューブキュービック  H16年 BGZ11

15万キロ走行

 

 

 

 
s-RIMG2877.jpg
s-RIMG2878.jpg

 

前回、前々回の車検整備では
適材適所な整備をしていますので
大きな不具合は特に無し。

 

 

 

 

排気ガスの状態の良好ですね。

 

 

 

 

 

ですが10年15万キロ走行していますので
細かい部分の不具合を直していきますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2881_20140820191226a92.jpg
s-RIMG2883_20140820191227e7e.jpg
s-RIMG2893_20140820191309757.jpg

 

 

エンジン上部からのオイル漏れ
下部まで滴るほど漏れていますね。

 

 

 

 

 

 

ヘッドカバーガスケット からの漏れ
ガスケットの劣化)も多少あるのですが

本当の漏れ原因はエアエレメントにあると思います。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2884.jpg

 

 

 

ニッサンが採用している湿式タイプのエアエレメント。

 

 

 

ホコリやゴミの吸着率は高い為、
詰まりやすいのが難点です。
(地域にもよりますが2万キロもモタナイのでは?)

 

 

 

 

 

 

(詰まり気味)と(オイル漏れ)は
案外リンクしている場合が多いのですよ~。

 

 

 

 

 

 

s-RIMG2899.jpg s-RIMG2898_201408201913327b2.jpg

 

 

INマニホールドやイグニッションコイルなど
カバーガスケットより高い位置にも
オイルが付着していますよね。

 

 

 

 

エアエレメントがキレイな時は
問題ないのですが

 

詰まってくる(汚れる)とブローバイ用の穴(2ヵ所)から
必要以上にブローバイガスを吸い込みます。

 

 

 

 

 
s-RIMG2895_20140820191312974.jpg
s-RIMG2925.jpg
 

 

吸い込まれたブローバイガスには
必要以上にオイルが含まれていますので

 

それらが吸気系通路に混入し
溜まって隙間から漏れてくるのです。

 

 

 

 

 

エアエレメント、
ガスケット一式
を交換しますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2911.jpg s-RIMG2913.jpg

 

 

 

電子制御スロットルも同時に清掃しますね。

 

 

 

専用洗浄剤でバルブに
蓄積したカーボンを除去します。

 

 

 

 

 

 

この時に溶解力の高い洗浄剤を使うと
モーター及びECUまでショートしますので
注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2909.jpg s-RIMG2916_20140820191359112.jpg

 

 

蓄積したカーボンが除去されて
バルブの隙間が開きましたね。

 

 

 

 

再度組み立てて、エンジン再始動すると
エンジン回転数は上昇&ハンチングをしますので

 

学習値を初期化(急速TAS)してあげます。

 

 

 

 

アイドリングの安定に効果ありですよ。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2885_20140820191245f98.jpg s-RIMG2886.jpg

 

 

 

 

バッテリーと発電状態をチェック

 
特に異常なし。  まだまだイケそうですね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2887_20140820191247070.jpg s-RIMG2888_20140820191248991.jpg
s-RIMG2889.jpg

 

 

 

リア ブレーキライニングも
残量が少ないので交換します。

 

 

 

ダストを取り除き
ライニング交換して
ブレーキ調整

 

 

 

 

 

 

 

リアの効きの甘さ
フロントに負担が掛かかり
Frブレーキパッドが早く減る。   (同時に全体的な制動力も落ちます)

 

こちらでも前後ブレーキはリンクしているのですよね。

 

 

 

 

 

 

 

リアドラム式のブレーキは
定期的に調整してあげないと
フロントブレーキパッドの減りが早くなりますよ~。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2892_201408201913089ab.jpg

 

 

 

オイル漏れの原因  エアエレメント。
Frブレーキの負担増  リアブレーキ調整。

 

 

 

その故障箇所だけを直すのではなく
故障原因まで探求して整備するのが
正しい車検整備になると個人的には思います。

 

 

 

 

 

 

そうなると点検&作業の時間も掛かるし、
作業の関係性やお見積内容をユーザー様に
説明しないといけませんので

 

 

 

 

 

弊社では日帰り車検などの
スピード車検が出来ないのが現状なんです。

 

 

 

 

 

 

 

ですが私としてはイイ意味での 遅い車検
それはそれで良いのでは?と思っています。

 

 

 

 

お店(人)それぞれですよね。

 

 

 

 

 

 

 

2014年8月20日

best movies on amazon prime right now

amazon prime tv shows

www.misterroof.net

このページのトップへ