1. TOP
  2. ミナトBLOG

エコフラッシュオート 検証シリーズ 第2弾   過走行車両?の場合。

エコフラッシュオート

 

検証シリーズ 第2弾

プロボックス 18万キロ走行

 

 

 

エンジンオイルはまめに交換しているが
アイドリング時間が多めの業務車両。

 

 

 

 

車検整備の入庫で
排気ガステストの結果、

CO,HCともに多いです。

 
s-RIMG2177_20140725105703a35.jpg
s-RIMG2182.jpg

 

 

完全暖機後の測定

CO   0.23
HC   288ppm

 

 

 

 

車検は合格するが
ガソリンが燃え切れていない状態です。
(距離相応かもしれませんね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

O2センサー、触媒も それなりに劣化していますが
エコフラッシュオートでどこまで改善するかを試して見ますね~。

 

 

 
s-RIMG2225_201407261201476c4.jpg
s-RIMG2315_20140725105753728.jpg

 

 

まず車両に3本のホースを接続しますね。

 

 

オイルパンドレンにはオイル回収ホース

 

フェラーキャップにはオイル注入ホース

 

 

 

 

ドレンから回収し5ミクロンのフィルター
オイルをろ過をして
フェラーキャップから注入します。

(一般的なオイルエレメントは約10~15ミクロンぐらい)
(洗浄用オイルはろ過されつつ、エンジンのオイルポンプで各部に送られます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つのホースは測定用ホース

 

オイルエレメント部に接続し
油圧、油温を測定します。

 

 

 

 

 

 

 

規定量の専用洗浄剤(EF-510)
10w30のオイルに混合添加して

全てのセッテイングが終われば、作業を開始します。

 

 

 

 
s-RIMG2230.jpg

 

 

 

アイドリング状態

油圧  1.1 bar

油温  82 

 

 

 

 



s-RIMG2229_20140725105708297.jpg

 

 

2000回転で維持時

油圧  3.6 bar

油温  82 ℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコフラッシュオートは
エンジン回転数を上げながら

 

高温、高圧状態にして
スラッジを溶解洗浄する ダイナミック洗浄』 が特徴です。

 

 

 

 

 

また測定条件を同じにする為、
出来るだけエンジン回転数、油温を合わすようにします。

 

 

 

 
s-RIMG2227.jpg

 

 

洗浄時間は約1時間

 

 

アイドリング回転から
常時2000回転を維持します。  (スキャンツールからの回転数固定制御

 

 

 

 

時々4千回転までレーシングし
スラッジ溶解促進を狙いますね。

 

 

 

 

 

水温、油温を見ながら
油圧が下がるのをモニタリング

 

 

 

 

油圧が下がれば
その分だけ詰まっている物が除去され
オイルの流れが良くなったという事になります。

 

 

 

 

 
s-RIMG2236.jpg s-RIMG2235.jpg

 

 

 

アイドリング状態

油圧  1.1 bar    → 0.8 bar

油温  82℃

 

 

 

2000回転で維持時

油圧  3.6 bar    → 3.1 bar

油温  82℃

 

 

 

 

 

 

 

1時間の作業で
ここまで油圧が下がりました。

 

逆に言うと高温で長時間の施工をしないと
簡単にはスラッジ溶解は出来ないと思います。

 

 

 

 

 

 

60℃以下の温度で
エンジン停止状態でする(スタティック洗浄)では

 

 

 

あまり効果はないような気がしたので
ダイナミック洗浄と両方できる
エコフラッシュオートを選択したんですね。

 

 

 

 
s-RIMG2243.jpg s-RIMG2244_2014072510573103d.jpg

 

 

完全暖機後の測定

CO 0.23%      → 0.05%      →   プラグ交換等整備後    0.01%

HC 288ppm     → 88ppm     →    プラグ交換整備後    49ppm

 

 

 

 

 

 

 

 

この車両に対しては
非常に良い結果になりましたね。

 

 

僅かですが油圧が下がり
オイルラインがスムーズになり、スラッジが除去されました。

 

 

ピストンリング周辺もキレイになり
圧縮が回復てし、燃焼状態が改善したのでしょう。

 

 

 

 
s-RIMG2314.jpg

 

 

 

 

この車両をテストする前に
弊社の代車 (スズキ kei 9万キロ)でも

施工してみましたがここまでの効果は見られませんでした。  (正直いうと変化無し

 

 

 

 

 

 

 

もともと代車のオイル管理はバッチリなので
洗浄しないといけないほど汚れてなかった のでしょうね。

 

 

 

 

正式にメンテナンスメニューに入れるまで
もう少しサンプル車両でテストを
継続したい と思います。

 

 

 

 

しばらくお待ちくださいね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月26日

монтаж системы туманообразования

зерна конопли

рено меган 3

このページのトップへ