1. TOP
  2. ミナトBLOG

定期点検と車検整備。   継続メンテでグッドコンディション。

いつもお世話させて頂いている
H13年 プレマシー CP8W

 

 
車検整備での入庫です。

 

 

 

 
s-RIMG1048_201406231602229b8.jpg

 

 

入庫すれば一番最初に
排気ガスの状態をチェックします。

 

 

 

CO,HCの数値から
エンジンの燃焼状態がよく分かるんですよ~。

 

 

 

 

 
s-RIMG0976_20140623155744dad.jpg

 

 

CO,HCともに やや多め

 

 

 

アクセルを踏み込み、高回転で1分ほど
維持して排気温度を上げてみると

少し数値が下がりましたね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0977_2014062315574517c.jpg

 

 

O2センサー触媒の劣化も考慮して
作業を進めていきますね。

 

 

 

 
エンジンの燃焼状態に大きく影響する
エアエレメントスパークプラグ

 

 
コチラも点検していきます。

 

 

 

 

 
s-RIMG1036_20140623155807215.jpg
s-RIMG1033_20140623155805345.jpg s-RIMG1035.jpg

 

 

ノーマルプラグの寿命は約2万キロ。

 

 

 

価格は3倍になりますが
寿命は5倍NGK イリジウムMAX に交換します。

 

強い燃焼核を形成し
燃費向上、トルクアップに期待しましょう~。

 

 

 

 
s-RIMG1038_20140623155809d2d.jpg

 

 

エアエレメントも同時交換。

 

 

 

画像ではキレイに見えますが
アップで見ると結構汚れています

 

 

定期的な交換をオススメしますね。

 

 

 

 

 

 

 

これで排気ガスの数値は
CO,HCともにゼロ近くまで下がりました~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1041_20140623155834367.jpg s-RIMG1042_20140623155835e18.jpg

 

 

 

10年経過した車両に多いのが
リンクジョイント部分のゴムブーツ破損

 

 

 

経年劣化で破れてきますので
大きなガタが出ないうちに交換しますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1046_20140623155837702.jpg

 

 

エンジン冷却系統のリフレッシュ。

 

ミナト自動車では『ラジエターリフレッシャー』を使用して
LLC交換と冷却ライン清掃をしています。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-247.html

 

 

 

 

 
s-RIMG1054_20140623155903488.jpg
s-RIMG1049_20140623155859015.jpg s-RIMG1050_20140623155900074.jpg

 

 

アッパーホースにバイパスして
リフレッシュしたLLCをどんどん圧送していきます。

 

 

 

回収されたLLCは
高性能ダブルフィルターでろ過されて
またまた冷却ラインに循環圧送

 

 

 

 

 

 

通常のドレンアウト式LLC交換とは
全く違う交換方法。

 

最後にLLC強化再生剤を注入して
エア抜きをすれば完成です。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1053_20140623155901312.jpg
s-RIMG1057_2014062316330981c.jpg

 

 

Frブレーキパッド交換。

ブレーキフルード交換。

 

 

 

パッド残量と今後の走行距離
を考慮して交換しますね。

 

 

 

 

 
s-RIMG0982_2014062315574792e.jpg s-RIMG0983_20140623155804a3b.jpg

 

 

法令点検項目には無いですが
エアコンフィルターもチェックします。

 

 

 

2年間も使用すると
結構汚れているんですよね~。

 

 

 

 

 

今回は活性炭配合の
高機能消臭タイプに交換しました。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1039_20140623155831c64.jpg s-RIMG1040_20140623155832b49.jpg

 

 

LEDハイマウントストップランプ
この年式あたりで採用され始めましたね。

 

 

 

 

 

長寿命、省電力ですが
年数が経過すると球切れ は起こります。

 

 

 

 

劣化したLEDだけ交換できれば良いのですが
今回は非分解構造の為、ランプASSYで交換します。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1064_20140623155919de6.jpg s-RIMG1067_20140623155920cc3.jpg

 

 

 

普段のオイル交換など
メンテナンス状態は良好

大きな不具合も無く
良いコンディションでしょう。         (ハイマウント球切れは予想外でしたが・・・。)

 

 

 

 

 

 

定期的な点検と
必要な時期 に 必要な整備

 

 

今の国産車なら
10年10万キロは当たり前になりました。

 

 

 

 

 

 

 

ですがノーメンテナンスでは
良い状態をキープ出来ませんので

 

ご予算に合わせたメンテナンスを
提案させて頂いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年6月23日

сварочные материалы

патентные поверенные

реєстрація торговельної марки київ

このページのトップへ