1. TOP
  2. ミナトBLOG

200系クラウン 完全圧送式ATF交換。    アイシンAFW+ オススメですよ~。

s-RIMG0665_2014060816334874f.jpg

 

岡山県からお越し頂きました。
トヨタ クラウン GSR202  3GR-FSE

走行距離 122000km

 

 

 

 

 

ATF交換

スロットル清掃

WAKO’S RECS レックス

 

3点の施工依頼です。

 

 

 

 

 
s-RIMG0586.jpg

 

 

中古車購入の為、ATF交換暦は不明。
いくらなんでもオイルを無交換はダメだろう。』 

ネットで検索しご相談頂きました。

 

 

 

 

ブログなどの施工実績などを考慮して
選んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

ゼロクラウン以降の完全密封型ATミッション
ATFは基本、圧送式交換は出来ません。

 

 

 

ですがミナト自動車では
車種に合わせた専用アタッチメントを製作し

ATF完全圧送式交換 を可能にしましたのでご安心くださいね~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0584_201406081631442b9.jpg

 

 

オーナー様への問診と
試運転ATFチェック

(ここまで30分は経過しています。)
(問診とチェックは慎重に。)

 

 

 

 

 

 

ドレンから排出されたATFは ほぼ真っ黒
(恐らく新車から無交換でしょうね。)

 

 

 

 

 

 

ATF内の不純物や臭い、指先での感触など
交換可能か?の判断をします。

 

 

 

『来る物拒まず』で施工するのではなく、
過去の経験から見極めていきますよ~。

 

 

 

 

 
s-RIMG0611.jpg

 

 

 

今回使用するATFは アイシン AFWプラス  200Lドラム
トヨタ全車のミッションを製造しており

 

世界有数の変速機製造メーカー(アイシン精機)の
オリジナルATFです。

 

 

クラウンに使用される(オートフルードWS)にも対応していますよ。

 

 

 

 

 

 

 

202系クラウン専用アタッチメントを接続し
高性能ATFチェンジャー(トルコン太郎)を使用します。

 

 

 

 

まずはプレ洗浄でAT内部をススギ洗いしていきますね~。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0589_20140608163146748.jpg s-RIMG0593.jpg s-RIMG0597_20140608163149889.jpg s-RIMG0601_20140608163207870.jpg s-RIMG0602_2014060816320806e.jpg s-RIMG0604_20140608163209803.jpg s-RIMG0607_20140608163211778.jpg

 

 

非常に交換効率の高い(圧送式交換)をしても
まだまだATFは汚れていますね。

 

 

新油ATF と 古いATF

手前にあるのが 現在のATF

 

 

 

最初に排出した古いATFと比べれば
少しマシになった程度でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10万キロ無交換だと
簡単にはキレイにならないほど
内部のスラッジ蓄積は多いのですね。

 

 

 

ドレンアウト式、循環式では
ほとんどキレイにならないでしょう。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-314.html

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0634_201406081633000b8.jpg

 

 

40分のアイドリングで汚れを浮かす
クリーニングモード

 

 

 

それが終わればもう一度
圧送式交換を行いますよ~。

 

色の変化をご覧ください。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0619_201406081632328da.jpg s-RIMG0623_2014060816323352e.jpg s-RIMG0626.jpg s-RIMG0630_201406081632379dc.jpg s-RIMG0631_2014060816325930a.jpg

 

 

 

 

 

これで完全に入れ替わりましたね。

 

奥に見える新油と比べると
よく分かると思います。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0642.jpg

 

 

 

このタイプのATには油量調整用レベルゲージはありません。

 

 

スキャンツール『G-SCAN』 インターサポート社
を接続して規定温度で調整します。

 

 

 

 

 

 

規定温度も数種類ありますので
注意が必要ですよ~。

 

 

 

作業時間は約6時間。

 

 

 

 

 

 

 

日帰り作業も可能ですから
遠方から来られる方が多いですね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0643_20140608163302fcd.jpg s-RIMG0645.jpg

 

 

 

ATF交換と同時に依頼される
電子制御スロットルボディの清掃。

 

もはや定番メニューになりました。

 

 

 

 

 

 

 

ブローバイガスなどのカーボンは
スロットルに蓄積し、アイドリングの乱れの原因になります。

 

非常に安価で効果の高い作業ですので
ぜひオススメしますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0649_20140608163325c52.jpg s-RIMG0654_201406081633266d7.jpg s-RIMG0656_20140608163327683.jpg

 

 

清掃をするとエンジン回転数が2千回転まで上昇し
なかなか安定してくれません。

 

 

 

 

 

 

スロットル初期化作業も行って
アイドリングが安定すれば完了ですね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0659.jpg s-RIMG0663_20140608163330fb1.jpg

 

 

 

もう一つの定番メニュー
WAKO’S RECS  レックス

(レックス 白煙 インテークバルブ)と検索すれば
たくさんヒットすると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大量のEGRを制御する最近のエンジンは
インテークバルブに汚れが蓄積します。

 

 

 

 

 

 

 

特に3GRのようなD-4直噴エンジン
その影響が出やすいのが特徴かな。

 

他のエンジンよりも少し早めのサイクルで
施工するのが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0668_20140608163349615.jpg
s-RIMG0674_20140608163350aae.jpg

 

 

(完全圧送式ATF交換)

(電子制御スロットルボディ清掃 & 初期化)

(WAKO’S RECS レックス)

 

 

 

この3点セットの施工依頼は非常に多いですね。
施工してくれる整備工場が少ないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0675_201406081754516f8.jpg

 

 

 

ミナト自動車では施工内容や作業風景などを
全てデジカメ撮影しています。

納車完了までは大阪観光でもいかがですか?
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-326.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納車会計時にタブレットの画像を見ながら
施工状態を説明。

 

 

同じATF交換でも
そんなにキレイになっていなければ
あまり意味がないですからね

 

 

 

それに画像見ながらの方が、
私も説明しやすいんですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土日祝も営業していますので
ぜひメールでご相談ください。

 

 

 

ホームページ お問い合わせフォームからどうぞ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年6月9日

baden-medservice.com

www.profvest.com

nespresso machines reviews

このページのトップへ