1. TOP
  2. ミナトBLOG

フィールダー搭載の完全密封式CVT。      CVTフルードは消耗品ですよ~。

s-RIMG0751_201405141922243ae.jpg

 

 

トヨタ カローラフィールダー
NZE141        走行距離 7万キロ

CVTF交換依頼です。

 

 

 

 

 

 

現在トヨタが製造している車両のほとんどが
完全密封式のミッションを搭載しています。

 

 

 

・フルード確認用のレベルゲージ
・フルード冷却用外部ホース

上記二点は廃止され
交換効率の高い
圧送式交換は出来なくなったと言われましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミナト自動車では
車種専用アタッチメントを製作し

高性能ATFチェンジャー『トルコン太郎』による
完全圧送式交換 が可能なんですよ~。
(現在はトヨタ・レクサス車全車に対応しています。)

 

 

 

 

 

 

またCVT車の圧送式交換は
基本的に不可ですが

こちらも独自の方法でクリアしましたのでご安心ください。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0731_20140514192133847.jpg
s-RIMG0705_20140514192038a52.jpg

 

 

 

今回フィールダーに使用するCVTフルードは
『 アイシン CFEx 』

トヨタ車のミッションはアイシン精機製。
相性はバッチリですよ~。

 

 

 

 

 

 

試運転とフルードチェック

 

 

トルコン太郎に接続し
まずはプレ洗浄を行います。

 

 

 

 

 
s-RIMG0709_2014051419203917a.jpg
s-RIMG0711_20140514192040df5.jpg
s-RIMG0714_201405141920412c7.jpg
s-RIMG0715_2014051419210535b.jpg
s-RIMG0718_20140514192106c68.jpg

 

 

CVTフルードを7万キロ無交換

 

 

 

交換効率の高いトルコン太郎でも
一度ではキレイになりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

プレ洗浄で内部を洗浄し
汚れを浮かせてから

もう一度圧送式交換をしてみますね。

 

 

 

 
s-RIMG0720_2014051419210755c.jpg
s-RIMG0722_201405141921086d4.jpg
s-RIMG0723_20140514192110466.jpg
s-RIMG0725.jpg
s-RIMG0726_20140514192131cc5.jpg
s-RIMG0728_2014051419213266d.jpg

 

 

奥に見える新油と比べてどうでしょうか?
ミッション内部までキレイになって
完全に交換出来たと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

ドレンから排出し継ぎ足す 『ドレンアウト式

給油ストローを刺して抜き入れする 『循環式

 

 

 

 

これではココまでキレイに入れ替わらないでしょう。
圧送式交換方法については、コチラをどうぞ。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-314.html

 

 

 
s-RIMG0732_2014051419213539b.jpg

 

 

最後に規定温度
フルードレベル調整をします~。

数え切れないほどしているこの作業。

 

 

 

 

 

高性能スキャンツール『G-SCAN』を使用して
素早く調整していきますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0735.jpg
s-RIMG0738_20140514192157d3f.jpg

 
日帰りATF/CVTF交換の定番メニュー

 

電子制御スロットルボディ清掃 (初期化作業含む)
WAKO’S RECS  レックス

もう御馴染みですよね。

 

 

 

 

 

 

非常に安価で効果の高い
オススメメニューですよ~。

 

 

 

 

 

s-RIMG0740.jpg
s-RIMG0739_20140514192158f5b.jpg
s-RIMG0743.jpg

 
7万キロの走行すれば
ガッツリとカーボンが蓄積しています。

 

 

 

 

 

アイドリングの乱れや
燃費悪化の原因になりますので

定期的に実施しましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0746.jpg
s-RIMG0748_20140514192223b7d.jpg

 

 

WAKO’S RECSも同様
定期的な施工をオススメします。

 

 
EGRやブローバイガスからのカーボン蓄積は
最新のエンジンの方が影響が出やすいのです。

 

 

 

 

 

 

 

それだけ細かく早い制御をしてるからなんですよね~。

 

 

 

 

CVTの方が構造上、フルードに負荷が掛かりやすく
AT以上の早め交換を推奨しています。

 

 

壊れる前 or 壊れてから のフルード交換)ではなく

イイ状態をキープする為の交換なんですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年5月11日

snowbears.com.ua

модельный ряд сузуки

このページのトップへ