1. TOP
  2. ミナトBLOG

ACコンプレッサーから異音発生。     内部の損傷次第では・・・・。

s-RIMG0680.jpg

 

 

ヨタ プロボックス
17万キロ走行。

 

警備会社様の業務車両で
長い間頑張ってきましたが

 

 

ついにクーラーコンプレッサー周辺から
異音がしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

長ーいマイナスドアイバーを耳にあてて
先端をエンジン各部に当てていきます。

 

 

 

やはりゴロゴロ一番音が大きかったのが
クーラーコンプレッサーでした。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0681_20140510181406f2b.jpg

 

 

エンジンから脱着して
手でプーリーも回転させると
内部のベアリングでしょうか?

 

 

 

ゴロゴロしてますね~。

 

 

 

ベアリングだけの損傷なら
リビルト品と交換ですが

内部の機構まで破損していると
少し厄介です。

 

 

削られた金属粉がサイクル全体に広がると
コンプレッサーのみ交換では直らないですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各配管とコンデンサーをチェックすると
金属粉は無さそうですね。

 

 

 

有れば距離と年式を考えると
廃車になってしまいます。

 

 

 
s-RIMG0689_20140510181407286.jpg
s-RIMG0690.jpg

 

 
リビルトコンプレッサーを交換すれば
同時にフィルター&ドライヤーも交換しましょう。

 

 

 

 

もちろんオーリングも新品に。
今時の高効率エアコンシステムでは
昔のようなリキッドタンクは無くなりましたよ~。

 

 

 
s-RIMG0698_20140510181427bc4.jpg

 

 

 
カーエアコンリフレッシュαでおなじみの
デンゲン製 エコマックスJr   全自動エアコンガス再生装置。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-330.html

 

 

 

低高圧パイプに接続し
少し長めの20分間 『真空引きしていきますね。

 

 
空気の排出 と 湿気の除去が目的ですよ~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0699_201405101814286e2.jpg

 

 

 

真空引きが終われば
規定容量の冷媒ガスと
デンゲン製AC添加剤を注入します。

 

 

 

 
エコマックスjrが自動で
350g分を重量測定しながら液化注入。

 

 
最後に『冷却性能テスト』 と  『ガス漏れ点検』。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0701_20140510181430b91.jpg

 

 

外した配管部は当然ですが
漏れそうな所も一緒にチェック。

 

 

 
デンゲン製 スーパーリークテスター
微量な漏れも確実にチェックしますよ~。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0700_201405101814298dd.jpg

こちらの車両管理は
ミナト自動車がしていますので

 

乗り換えスケジュールでは
あと2年は現役で働く予定。
25万キロまで頑張ってもらいましょうか。

 

 

 

 

 

 

2014年5月9日

купить семена конопли

liquimoly

масло motul

このページのトップへ