1. TOP
  2. ミナトBLOG

NUTEC 最高峰ATF 『NC-65』     FJクルーザーに圧送式交換。  

s-RIMG2302.jpg

 
トヨタ FJクルーザー GSJ15W
走行距離 49000km

 

 

ご紹介でATF交換を依頼されました。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2241.jpg

 
試運転とATFチェックは問題なく、
高性能ATFチェンジャートルコン太郎に接続。

 

 

純正同等油 アイシンAFWプラス
まずはプレ洗浄していきますね~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2244.jpg
s-RIMG2247.jpg
s-RIMG2255.jpg
s-RIMG2259.jpg
s-RIMG2265.jpg

 

 
ビミョーに透けてみえるかな。

 

 

 

 

 

5万キロ未満の走行距離で
(交換効率の高い圧送式交換) を行っても
汚れがまだ残っていますね。

 

 

4000ccの高トルクエンジン

そして2.2トンの車両重量。

 

 

ハイパワーを伝達するATミッションは酷使され
緩衝材となるATFは当然劣化していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓄積されたスラッジを
プレ洗浄で汚れを落としていきますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2315.jpg

 

 

FJクルーザーに使用する本命ATFは
NUTEC  『 NC-65 』

100%化学合成ATF(エステル系

 

 

 

 

 

 

 

 

NUTEC最高峰ATF NC-65は
超低粘度による低フリクション化

ATに高負荷が掛かっても耐えれる強靭な油膜性能。

 

 

 

 

 

サーキット走行のような
高温、高圧、高回転の 状況下でも

基本性能は劣化せず 安定して発揮します。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2286_20140408154450b0e.jpg
s-RIMG2291.jpg
NC-65に入れ替えて
もう一度圧送式交換していきますね。

 

 

 

 

 

色の関係で赤味は消えないのは
ご了承ください。

 

 

 

 

 
s-RIMG2272.jpg
s-RIMG2274.jpg
s-RIMG2275.jpg
s-RIMG2277.jpg
s-RIMG2280.jpg
s-RIMG2281.jpg
s-RIMG2283.jpg
s-RIMG2288.jpg

 

 

赤いAFWプラスが
薄緑のNC-65に入れ替わりました。

 

これで約90%は交換出来たと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあとレベル調整用に1.5Lを注入しますので
交換効率はもっと上がるでしょう。

 

 

 

 
s-RIMG2321.jpg

 

 

 

ATF量を測るレベルゲージは廃止されている為
スキャンツール『G-SCAN』で油温測定。

 

 

 

規定温度に合わせて
レベル調整をしていきますね。

 

 

多すぎず、少なすぎず、確実に。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2303.jpg
s-RIMG2311_20140408165436a6d.jpg

 

 

 

WAKO’S RECS レックス
インテーク系統の急速洗浄システム。

 

 

 
ミナト自動車でもお馴染みの人気メニューですね。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-237.html

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2330.jpg

 

 

 

電子制御スロットルボディ の清掃。

 

 

 

 

バルブ部に蓄積するカーボンを
専用洗浄剤で除去していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お手軽で安価、費用対効果の高い
定番整備メニューですね。

 

 

 

ミナト自動車では同時に
『スロットル初期化作業』を行っていますよ~。

 

 

 

 
s-RIMG2308.jpg

 

 
ここ最近のトヨタ車などは
レベルゲージが廃止され
外部接続ホースも無くなりつつあります。

 

 

 

 

 

ミナト自動車ではそれらに対応すべく
日々研究していますので

 

 

 

ATF交換をご希望の方はぜひご相談ください。

 

 

 

 

ご相談はホームページの(お問い合わせフォーム)
からお待ちしていますね~。

 

 

 

 

 

2014年4月8日

このページのトップへ