1. TOP
  2. ミナトBLOG

愛車のエアコン性能。  それが本来の性能ですか~?

s-RIMG1981.jpg

 

 

前回、前々回ブログからの続きです。

 

 

リフレッシュプラン車検整備の
アルファード MNH15

18万5000km

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 カーエアコンリフレッシュα 』
追加依頼して頂きました。   ありがとうございます。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-330.html

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1985.jpg

 

 

当日の外気温は22℃

 

暑くもなく、寒くもない小春日和。

 

 

 

 

 

 

エアコンは使わないと思われる季節ですが
カーエアコンはクーラー機能だけではなくて
除湿機能もあるのですよ。

 

 

雨の日などの湿度が高い日は
ウインドガラスが結露で曇ってしまいますよね。

 

 

 

 

 

 

オートエアコンONにしていると
視界スッキリするのは除湿しているからなんですね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1983.jpg
s-RIMG2000_20140402183259811.jpg

 

 

冷却性能テスト

フロント、リア Wエアコン

クールMAX  風量全開

エンジン回転数 1800rpm

もちろんドアやガラスも全開に開放します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全閉な密室状態では
正確な判断基準には
ならないので要注意ですよ。
(本当は日陰でするのが正しいのですが、
この涼しい季節だとそんなに差は無いので外でしました。)

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1992.jpg
s-RIMG1990.jpg

 

 

リフレッシュ前
エアコン吹き出し口温度   9℃

つまり22℃の空気を
9℃まで冷やす能力
現在の状態ですね。

 

 

 

 

 

低高ガス圧もOK。
ドア全閉 内気循環にすれば
そりゃもっと冷えますけど~。

 

 

 

 

 

それでは 『冷やす能力』 が分かりづらいんです

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1986.jpg
s-RIMG1988.jpg

 

 

 

それでは始めますね~。

 

 

 

 

 

 

基本セツト料金に含まれている
デンゲン社製 コンプレッサーオイル缶を
エコマックスJrにセットします。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1993_20140402183242204.jpg
s-RIMG1998_20140402183243a1b.jpg

 

 

 

アルファードの規定充填量は
830g ±50g
デンゲンオイル缶のガス 40g
差し引いて 800gにセットしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1999.jpg

 

 
あとはエコマックスJrが
ガスの回収、真空引き、充填などを
全自動でしてくれます。

 

 

内蔵された精密計量器
ガス量を測定し、不足分も補充。

 

回収されたガスは
高性能除湿フィルターでクリーニング。

 

 

 

 

 

 

真空引き完了後
オイル缶のオイルと同時に
クリーニング済みのガスも充填

 

ブザーが鳴れば充填作業完了。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2028.jpg

 

 

規定充填ガス量   830g

回収されたガス  530g

追加充填ガス   270g

オイル缶のガス   40g

 

合計充填量    840g

 

約300g 不足していた事になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マニホールドゲージによる
ガス圧診断では『この不足分』を

正確に測定出来ないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG2008.jpg
s-RIMG2007_20140402183301db1.jpg

 

 

作業完了後
もう一度冷却性能テスト。

 

 

 

 

作業前と条件は同じで
低圧がやや下がり
吹き出し口温度も 7℃ になりました。

 

 

たかが2℃、されど2℃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外気温が上昇すれば
もっと差がでるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1991.jpg

 

 

 

『カーエアコンガスリフレッシュα』は
ただ冷えれば良いだけの作業ではなく、

 

 

 

冷媒ガス不足による
コンプレッサー作動回数増加  =  燃費悪化

潤滑オイルの劣化、減少による
コンプレッサー潤滑不足    =   故障原因

 

を防ぐための予防整備になっています。

 

 

 

 

今回のアルファードも
冷えが悪いので施工した訳ではないのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予防整備としてリフレッシュ整備プランに含め
今回提案させて頂きました。

 

 

 

 

大阪は桜満開ですね。

 

 

 

短い春が終われば
もうすぐエアコンの季節になりますね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年4月3日

http://steroid-pharm.com

steroid-pharm.com

www.steroid-pharm.com

このページのトップへ