1. TOP
  2. ミナトBLOG

マークX 120系 整備時間は2日間。 ノーミスであれば間に合うでしょうね。

去年8月に弊社でATF交換をして頂いた方から
先月にご相談がありました。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-273.html

 

 

 

お仕事の都合で2日間

大阪に滞在するので
その間で出来る車両整備を依頼されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールでのやり取りを数回繰り返し
整備プランを立ててお見積。

 

 

部品手配も完了し
本日来店して頂きました。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1639.jpg

 

 

愛知県名古屋からお越し頂きました。
マ-クX  GRX120

108000km
作業できる時間は2日目の夕方まで。

 

 

 

 

 

 

 

手際よく作業を進めていきますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1532_20140322204520afb.jpg
s-RIMG1536.jpg

 

WAKO’S RECS レックス
ブログでもお馴染みのインテーク系統の洗浄システム。

 

 

トヨタ 4GR D-4エンジン
インテークバルブのカーボン蓄積が多いのは
知っている方も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

オーバーホール以外の方法で
この部分を洗浄するには
RECSが効果的です。   しかも安価で。

 

 

 

 

 

4GRに限っては早めのサイクルで
RECSした方が良いと思いますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1550.jpg
s-RIMG1555.jpg

 

 

4GR V6エンジンのスパークプラグ交換
走行距離が10万キロ超えていたら
そろそろ交換時期だと思います。

 

 

 

 

左バンクのプラグ交換は
インテークサージタンクを外さないとダメなんです~。

 

 

 

 

 
s-RIMG1565.jpg
s-RIMG1566.jpg

 

 

 

 

 

 

この状態になるとインテークバルブが
目視出来ますので覗いてみると・・・。

 

 

 

 

 

やっぱりバルブにコビリ付いていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1567.jpg
s-RIMG1568.jpg

 

 

 

画像に収めようと何とか撮影しましたが
ココまでが限界

 

 

実際に目視するとハッキリと
カーボン蓄積が確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
RECSをした後なので
バルブのカーボンが濡れていますね。

 

 

引き続きプラグ交換を進めま~す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1589.jpg
s-RIMG1556.jpg
s-RIMG1560.jpg
s-RIMG1584.jpg

 

 
NGK イリジウムMAX  『DF

イリジウム極細中心電極を
外側電極にも採用した
高性能スパークプラグ。

 

 

 

 

 

 

 

強い燃焼核を形成し
しかも超ロングライフ化。

 

交換される方はぜひお試しを~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1552.jpg
s-RIMG1551.jpg

 

 

 
同時にスロットルボディの清掃しますね。
WAKO’Sの専用洗浄剤をウエスに染み込ませ

ゴシゴシ汚れを拭いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1577.jpg
s-RIMG1571.jpg
s-RIMG1581.jpg

 

 
スプレーしたぐらいでは
落ちない頑固なカーボンスラッジ。

 

 

 

溶けたチョコレートが冷えて固まって
蒸しタオルで拭いているようなとイメージですね。

 

 
伝わるかなぁ~  このガンコ感じ・・・。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1594.jpg
s-RIMG1600.jpg

 

 

エンジンオイルも交換します。

NUTEC ニューテックのフラッグシップオイル
NC-40 RACE OIL』  5W-30

100%化学合成エンジンオイル (エステル系)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常レース用エンジンオイルは寿命が短いが、
NUTEC OILはロングライフ化を図り
一般車用としても使用出来るよう開発。

 

 

 

 

 

 

 

超微細化された成分は非常に安定しており
耐熱、耐圧性に優れ、燃焼温度・圧力にも充分耐え、

極薄の油膜はフリクションを低下させエンジン油温の上昇を抑制。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1607.jpg
s-RIMG1608.jpg

 

 

 

 

ラジエターリフレッシャーで
エンジン冷却ラインのリフレッシュ。

 

 

 

通常のドレンアウト式の交換方法では
なかなか全交換は出来ませんが

ラジエターリフレッシャーは
循環圧送方式で全交換していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LLCに含まれる不純物を
超微細ダブルフィルターでキャッチし
ドンドン循環洗浄していきますよ~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1610.jpg

 

 

 

エンジンも掛けながら
エアコンヒーターはマックスHOT。

 

ヒーターコアの内部まで循環洗浄するんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にLLC強化再生剤を投入して
エア抜き作業をしていきますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1542.jpg
s-RIMG1543_201403222045259e1.jpg
s-RIMG1544.jpg
s-RIMG1549.jpg

 

 

 
定期交換部品の
ブレーキフルードも交換し
作業は順調に進みます。

 

 

 

 

 

 

作業する前に どの順番ですれば
一番効率よく出来るかをイメトレ。

何とか時間に間に合いそうです。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1541.jpg

 

 

 

 

 

 

次回ブログでは
(NUTEC NC-65でのATF交換)
(カーエアコンリフレッシュα
をお伝えしますね~。

 

 

 

 

 

 

それではお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月22日

www.steroid-pharm.com

www.steroid-pharm.com

baden-medservice.com

このページのトップへ