1. TOP
  2. ミナトBLOG

『 カーエアコンリフレッシュα 』    エコマックスJrのご紹介します~。

s-RIMG7625.jpg

 

 

 

今日の気温は 20度まで上昇。

あともうすぐすれば
エアコンのお世話になりそうですね。

 

 

 

 

 

 

今年も猛暑かなぁ~。

 

 

 

 

 
s-RIMG7631.jpg

 

 

カーエアコン整備機器 NO,1 デンゲン社
最上位機種   エコ マックス jrⅡ 』    プリンター付
全自動エアコンガス回収再生充填装置

 

 

 

 

 

 

こちらを導入しましたので エアコンサービスメニュー
『 カーエアコンリフレッシュ α  を紹介しますね~。

 

 

 
s-RIMG7630.jpg

 

 
カーエアコンはR134aと言う
冷媒ガスを使用しています。

 

 

 

普通に使用していても
エアコンガスは
少~しずつ微妙~に漏れだしているんですね。   (消費はしませんよ~。)

 

 

 

 

漏れたガスと一緒
これまたコンプレッサーオイル僅かながらも
漏れていきます。    (内部で劣化も有り)

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7652.jpg

 

 
 じゃあ減った分だけ足せば良いのでは? 』

 でもどれだけ減ったかは分からない・・・。 

 

 

 
『とりあえず1本!』と
適当に入れると 過充填 or 充填不足

冷媒ガスは多すぎても、少なすぎてもダメなんですよ。
(ちなみに低高ガス圧では、正確な量は測れません。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の充填量が分かる方法は一つだけ。

 

 

 

冷媒ガスを全量回収して
規定充填量との 重量差 を見ます。

 

 

 

 

愛車のエアコン性能をMAXにするには
エアコンガスの充填量を調べるのが一番なんですね。
しかも回収量が 後の診断材料 になる場合もあるんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7647.jpg

 

 

 

 

全量回収した後は
超強力真空ポンプで『 真空引き 』を行います。

 

 

 

 

迷路のような配管内を
真空状態にしてあげると
内部の水分が蒸発し、外部に排出されるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンサイクル内では
基本的に水分は邪魔者なので

 
真空度が高く、長いほど
よく排出されます。

 

 

 
s-RIMG7636.jpg

 

 

 
テスト車両 ニッサン キューブ (弊社代車)

 

 

 

規定充填量 550g ± 50g
550gにセットして
再充填していきます。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7613.jpg

 

 
回収した冷媒ガスは
デンゲン自慢の 『高性能大容量ドライフィルター』で
ろ過クリーニング。

 

 

 

 

 

 
高密度フィルターと強力乾燥剤で
異物水分を除去しています。

 

 

 

 

 
そのクリーンな冷媒ガスを
再充填していくんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7608.jpg

 

 

 

回収されたガスはクリーニングし
精密重量計で測定

 
強力ポンプで真空引き

 

規定充填量まで注入作業。

 

 

 

 

 

 

 
これらを全て全自動で『エアコンマックスJr』
がしてくれるんです。

 

今までは全てマニュアル個別操作をしていましたので
時間と手間が掛かっていました。

 
導入により時間が半分になり、
作業料金も下げることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7658.jpg

 

肝心の作業結果はこんな感じ。

規定充填量        550g ±50g
回収されたガス量     380g
補充したガス量      170g

デンゲンオイル缶のガス   40g

合計充填量       590gになりました。
(約30%もガスが少なかったのですね・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 
外気温20度の日陰で
吹き出し口温度も(7.5度)⇒ (6度)に下がりました。

 

 

 
20度でコレぐらいですが
猛暑の夏ならば その違いは もっと出るでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7607.jpg

 

 

 
じゃあこの機械を持っている所なら
どこでも同じクオリティーの作業が得られると思うでしょう。

 

実はそうでは無いんですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

作業する前と終了後には
性能テストを行います。

 

 

 

 

 

 

その時に高圧ゲージ、低圧ゲージの
針の動き を確認しますが

基準値に近い動きなら
特に気にする事もないのです。

 

 

 

 

 

 

片側だけが高めだったり
両方とも低くかったりする
エアコンシステム自体が異常の場合

 

 

エアコンガスのリフレッシュは無意味になり
異常個所の診断に移行しないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その辺の判断はすべて整備士が行い
機械は判断してくれないんですよね。

 

 

 

 

 

 

『スキャンツールの使い方』とほぼ同じ。

 

最終判断は 人間 が行うので
操作する作業者のスキルで作業内容が変わる場合があるんですね。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-278.html

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7660.jpg

 

あともう一つミナト自動車では
エアコン潤滑添加剤を 3種類 用意しました。

 

デンゲン製 添加剤配合エアコン用潤滑剤
NET、50g   オイル量 10ml

 

基本セット料金では
デンゲンOIL缶を注入します。

 

 

コンプレッサーの潤滑維持には最適ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 
追加料金で 高性能AC添加剤オイルにグレードアップ。(今のところ2社同料金になります。)

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7665.jpg

 

 

 
WAKO’S PAC   (パワーエアコンプラス)
NET、25g オイル量 5ml

(有名商品ですが使用オイルは不明&非公開)  ナゼか教えてくれなかった・・・。
(ですがワコーズファン&ネットでは大人気ですよ~。)

 

 

ワコーズ関係者の方、見てたら詳細セールスポイント教えてね~。宣伝しますよ~。

追加情報入手
従来品PAC-RはPAG系オイルを使用していたが、電動コンプレッサーへの電気絶縁性が低く

PAC-プラスは濃縮強化して絶縁性を向上させたようです。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7667.jpg
s-RIMG7670.jpg

 

 
UTEC NC-200 (コンプブースト)
NET、50g  オイル量 26ml
(NUTEC得意のエステル系100%化学合成油に特殊添加剤をブレンド)

(内部金属、シール等への攻撃性はなく、減摩作用と高機密度を保ちます。)
(WAKO’Sと比べて容量は多い。  お買い得ですね。)
(エステル系はもともと電気絶縁性が高いです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
高性能AC添加剤は
機械保護以外にも
冷却アップ、パワーロス減少、燃費向上
になりますのでオススメしますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7657.jpg

 

 

 

 
《カーエアコンリフレッシュα 》
エコマックスJr  全自動エアコンガス回収再生充填作業
に加えてミナト自動車では

 

 

 

+α として
添加ACオイル缶同時注入 (デンゲン製)

冷却性能診断テスト
冷媒ガス不足分 200gまで無料 (それ以降は有料)
上記すべて基本料金に含めさせて頂きました。

 

 

 

 

 

愛車のエアコンメンテしてますか?
冷えているようで
実は本来の性能ではナイかもしれませんよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月17日

合宿免許

moto-sto.kiev.ua

купить семечки конопли

このページのトップへ