Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
小豆島からマークX   ATF交換は完全に。  醤油とうどんもご来店。 | 日々是好日 byミナト自動車- securityfeed.info

  1. TOP
  2. ミナトBLOG

小豆島からマークX   ATF交換は完全に。  醤油とうどんもご来店。

香川県 小豆島 からお越し頂きました。
マークX GRX120

 

走行距離は12万キロ

 

 

 

 

完全圧送式ATF交換
WAKO’S RECS
電制スロットルボディ清掃

定番3点セットのご依頼です。

 

 

 

 

 
s-RIMG1211.jpg

 

 

非常にATF交換しにくいATミッションですが
マークX専用アタッチメントを使用して

内部が完全に洗浄される圧送式交換を行いますね。

 

 

 

 

 
s-RIMG1183_201403171939466fb.jpg

 

 

 

 

3万キロ時に新品ミッション交換暦が有るのですが
その後ATF交換暦は無し。

 

 

 

 

 

 

蓄積蓄積 を重ねたスラッジで
真っ黒に劣化したATFが出てきましたね。

 

 

 

 

 

 

ATFチェックと試運転は合格し
高性能ATFチェンジャー『トルコン太郎』に接続します。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1186.jpg
s-RIMG1211.jpg

 

 

 
まずはプレ洗浄
純正同等油 アイシンAFWプラスを使い
内部に溜まった汚れを 『 排出&洗浄 』 していきますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1190_20140317193948554.jpg
s-RIMG1194_201403171939496d1.jpg
s-RIMG1197_20140317193952724.jpg
s-RIMG1201.jpg
s-RIMG1206.jpg
s-RIMG1207_201403171940115e7.jpg

 

 

 
廃油と比べればキレイになりましたが
新油と比べるとまだまだ汚れていますね。

 

 

 

 

 

交換効率の高い『トルコン太郎の圧送式交換』

 

 

 

 

それでもキレイにならないのはナゼでしょうか?

 

それだけスラッジが内部蓄積されているのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

このままクリーニングモードで30分間
アイドリング状態で内部をススギ洗い。

 

 

 

 

 

汚れをAFWプラスに移して
再度交換しますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1213.jpg
s-無題

 

 

 

本命に使うATFは
NUTEC ニューテック ZZ51改

100%化学合成ATF(エステル系)

 

 

純正油から数段上の基本性能は
ダイレクトスムーズを実現し
ストリート走行でも十分に実力発揮されますよ。

 

 

 

 

 

 

 

純正ATFより耐熱性潤滑性は向上しますので
熱劣化に強く、初期性能が長~く続くでしょう。       (高性能&ロングライフ化)

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1219.jpg
s-RIMG1222.jpg
s-RIMG1223.jpg
s-RIMG1226_20140317194051cd2.jpg
s-RIMG1231.jpg
s-RIMG1234_201403171940557d5.jpg
s-RIMG1239_20140317194116c91.jpg

 

 

 

 
完全に入れ替わりましたね~。

 

 

 

クリーナーモニターとATミッションは
アイドリングしながら接続中ですので
クリーナーモニター と AT内部   同じATFが循環しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあとフルードレベル調整は
完全冷却後に行います。

 

 

 

 

 

高性能スキャンツール『G-SCAN』にて
規定温度で調整します。
多くても、少なくてもダメですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1243_20140317194117a79.jpg

 

 

 

電子制御スロットルのバルブ部清掃。

 

 

アイドリング不調や燃費悪化の原因は
そうなる前に対処しましょうね。

 

 

 
非常に安価で 費用対効果 高いですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1244_20140317194118268.jpg
s-RIMG1246.jpg
s-RIMG1247_20140317194137fb1.jpg

 

 

 

トヨタ 4GR D-4エンジン

インテークエアを
燃焼に最適なタンブル流を発生させ
燃費改善、性能向上をはかりました。  (トヨタ整備解説書 抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

マークXにも搭載されてる(4GR )
インテークバルブ部に蓄積されるカーボンは
構造上どうしても溜まってしまいます。

 

 

 

 

 

 

走行距離が嵩むと
その性能効果は薄れてますので
定期的に洗浄しましょう。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1249.jpg
s-RIMG1250.jpg

 

 

 

 

吸気系統&燃焼室を
溶剤を吸い込ませながら洗浄する

 

WAKO’S RECS レックス
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-237.html

 

 

 

 

 

(RECS 点滴 白煙)と検索して頂けたら
すぐにヒットすると思いますよ。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1255.jpg
s-RIMG1266_2014031719414107d.jpg

 

 

 

300kmほど走行すれば
燃焼熱で燃やし切りますので
RECS施工後すぐには効果はでません。

 

 

 

スグに効果が出れば、それプラシーボ効果ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1362.jpg

 

 

 

オーナー様からお土産も頂きました~。

 

 

 

香川県名物 讃岐うどん(池上製麺所)
小豆島名産 フジダイ醤油

 

 

 

気を使って頂いてスイマセン。 ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで
ATFを10万キロ無交換の車両でも
ミナト自動車がチェックして問題なければ
圧送式交換は可能です。

 

 

 

 

 

 

機械メンテの基本はオイル交換。
それはエンジン、AT/CVT、デフ みんな同じですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月15日

http://profvest.com

profvest.com

www.baden-medservice.com/reabilitacija-v-germanii/

このページのトップへ