1. TOP
  2. ミナトBLOG

ダイハツ EFエンジン  定番故障事例か?   極細絞りをチェック。

以前ブログで紹介した内容と
同様の症状がありました。

 

 

 

恐らくこのエンジンの定番故障事例なんでしょうね。

 

 

ダイハツ マックス MAX 
L950S    搭載エンジンはEF-VE

 

 

 

 

 
s-RIMG1168_2014031516153850e.jpg

 

 
エンジン回転数が下がらないと連絡がありました。

 

 

 

 

暖機完了後も
1500回転ほど上昇したまま。

 

 

 

 

 

危ないのでスグに入庫して頂きました。

 

 

 

 

 
s-RIMG1133.jpg

 

 
入庫する時には症状は改善され
通常のアイドリング状態に。

 

 

ダイアグコードのエラーは無し。

 

 

 

 

 

直っちゃいましたが
まずエンジンから見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1138.jpg

 

 

 

 

スロットルボディ手前のダクトホース
オイルで汚れていますね。

 

 

これはブローバイガス還元用ホースからの
オイルでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ダイハツ エンジンに多い症状で
オイルキャッチタンクで対策されている方が
多いと思います。

 

 

 

 

 

どうしてこんなにオイル吸いが多いのか?
おかしいですよね~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1141_20140315161453485.jpg

 

 

 

 
エンジンヘッドカバーにある
『ブローバイガス吸入用絞り』 に原因があるようです。

 

 

 

 

絞り自体が非常に細く
オイルスラッジが詰まりやすいのです。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1140_201403151614515e9.jpg

 

 

矢印のパイプは外側から見ると
内径1mmぐらい穴。
(それなりの大きさの内径ですが。)

 

 

ですがカバーの内側は
より細く絞ってあるのでスグに詰まります。
(画像にで分かるかなぁ~。    シボリ具合が。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 
恐らく0.5mmぐらいかな。       (かなり細いですよ~。)
パイプ穴に0.5mmの針を差し込んで
5cmぐらい入らなければ、ソノクルマ詰まっていますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1257.jpg

 

 

 

 
ブローバイガスの大部分
オイルセパレーター  絞り  サージタンク
と流れます。

 

 

 

 

 

 

 

でも絞りが詰まると
ベンチレーションホース側への流入量が増えて
必要以上にブローバイガスが流れ込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

同時に霧状エンジンオイルも
多く吸い込まれるのでスロットル回りがベタベタに。

 

 

絞りを潰さないように
貫通するまで掃除しますね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1146_2014031516145486f.jpg
s-RIMG1148.jpg

 

 

 

インテークサージタンクまで
オイルが溜まっていますね。

 

 

本題に戻りますが
アイドリング上昇の原因は
スロットル & ISCVの汚れ
(ISCV = アイドル スピード コントロール バルブ)

 

 

 

 

 

 

 

 

特にISCVは念入りに
分解してキレイにしていきますよ。

 

 

 

 

 
s-RIMG1151_201403151615150fc.jpg
s-RIMG1153.jpg

 

 

 

 

 

非分解のISCVモーターも分解して
シャッター式バルブ軸を点検すると
引っ掛かりがありますね。

(軸をクルッと回すと、カリッとした感触。)

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1156_2014031516151924a.jpg

 

 

 
シャッターバルブに
カーボンがガッツリ蓄積。

 

バルブの開閉時に引っ掛かって
空気量調整が出来ず 、アイドリング上昇。

 

 

 

 

 

 

 

 

キレ~イに清掃してあげれば
ISCVを交換しなくても大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1161.jpg

 

 

 

通常使用でのカーボン蓄積
オイル吸入による汚れ

 

 

 

 

 

 

 

二つの原因が重なり
このような状態になりましたが

両方とも解決しましたので
無事納車となりました。

 

 

 

 

 

 

 

ダイハツ EFエンジン車にお乗りの方
一度スロットル周りを見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルニジミはありませんか?
エアクリが濡れてませんか?

有れば絞りをチェックしてくださいね~。

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月13日

pierced jewelry

tattoo parlors near me

このページのトップへ