1. TOP
  2. ミナトBLOG

車検合格が目的ですか?    愛車整備のプランニング。

少しブログの更新が遅れています。  スイマセン。

 

車検整備や板金塗装、
事務処理に問い合わせメール返信と
なかなか時間が無くて・・・。

 

 

 

 

まあ2月3月は繁忙期なんで仕方ないですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0443.jpg

 

 

 
車検更新と同時に
過去の整備状況 や 現在の状態

 

そして今後の使用状況に合わせて
最適な整備プランを提案する

ミナト自動車 『リフレッシュプラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今回は
ホンダ オデッセイ RA6   
走行距離は9万キロ です。

 

 

オーナー様との問診
希望される整備をお聞きして

実際にお車を見ていきますね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-RIMG0444.jpg

 

 

 

排気ガステスター
エンジン燃焼の状態をチェック。

 

HC(未燃焼ガス)の数値がやや多いですね。
(車検合格基準は300ppm以下)

 

 

 

 

 

 

 

車検合格のみが目的なら
スルーしてもいいんですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

s-RIMG0508_20140219183412020.jpg
s-RIMG0507_20140219183411899.jpg

 

 

 

エアエレメントは真っ黒で
恐らく5万キロ以上は交換していないでしょう。
(過去のデーラー車検整備記録簿にも交換記載なし。)

 

 

 

 

 

 

エアエレメントはここまで汚れで詰まる
吸気時には抵抗になり燃費に大きく影響します。

 

 

 

 

 

しかもスロットルバルブ部が
汚れる原因にもなりますので
定期交換をオススメしますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0543_201402191836153c3.jpg

 

 

 
次にスロットルボディ
アイドリングを調整する RACV (通称ISCV)

この二つを見ていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0509_20140219183427623.jpg
s-RIMG0511_20140219183429855.jpg

 

 

 
RA6オデッセイのように
アクセルワイヤーが有る車両は
スロットルボディの清掃は あんまり意味がありませんよ~

 

 

 

 

アクセルワイヤーが無い
電子制御スロットルとは少し構造(役割)が違うんですね。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-200.html

 

 

 

 

 
s-RIMG0514.jpg
s-RIMG0515_20140219183432f98.jpg

 

 
ここをキレ~イに清掃してみても
電スロのように隙間が開くことは無く
表裏がキレイになるだけなんです。

 

 

 

 

 

 

逆にRACVは汚れ(カーボン)が蓄積すると
アイドル調整のスムーズさが無くなり

エンジン回転数を調整が出来なくなるんですよ~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0517_20140219183550aff.jpg
s-RIMG0519_201402191835519af.jpg

 

 

 

RACVはスロットルボディの
さらにに隠れていました。

 

清掃しやすいように
外していきますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0527_201402191835533fc.jpg
s-RIMG0530_20140219183555273.jpg

 

 

 
トヨタ車に多いデンソー製の
ロータリーシャッターバルブ式ですね。

 

 

 

 

 

シャッターバルブのスライド部
カーボンがコビリ付いていますね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に外せないようにしている
非分解のモーター部を
特殊工具で分解していきま~す。
(特殊ボルト =  触るな!という事みたいですね。)

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0532_20140219183556205.jpg

 

 

シャッター軸を指で回せば
カリッ と引っ掛かりがありますね。

 

 

専用洗浄液と綿棒で
コスリ落としていきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 
分解をせずに
スロットルバルブの吸い込み口から
液体クリーナーをスプレーすると

シャッター軸からモーター部に
洗浄液が進入し
ショートする可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

最悪ECUまで壊れる事もありますので
注意してくださいね~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0541_201402191836145f3.jpg

 

 
ゴムパッキンも交換し
元に戻していきます。

 

 
次はスパークプラグに行きますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0548_20140219183616e3a.jpg
s-RIMG0550_201402191836174e3.jpg

 

 

 

 
消耗したオリジナルプラグを
長寿命プラグ 『NGK イリジウムMAX』 に交換。

 

 

 

 

 

 

強い火花で燃焼力がアップし
無駄なガソリン消費を抑えますよ。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0589.jpg
s-RIMG0590.jpg
s-RIMG0594_20140219183645014.jpg

 

 

 

 

 

 

アイドル初期学習をして
回転数とO2センサーもチェックしますね。

 

 

 

 

 

そして完全暖機後に もう一度
排気ガステストを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0599_20140219183646907.jpg

 

 

 

 

 

これで本来の状態に戻りましたね。

 

 

 

 

 

エアエレメントが汚れて
スパークプラグが劣化し

 

 

RACVが鈍くなると
燃費だけではなく
エンジン不調の原因になるんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0628_20140219183713964.jpg

 

 

 

朝一のアクセルが硬い』という症状

 

 

 

 

 

RA6オデッセイの
アクセルワイヤーの取り回しが悪く
R がきつい所に負荷が掛かるようですね。

 

 

 

 

 

部品も工賃も安価なので
交換しました~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0584_2014021918361922b.jpg
s-RIMG0585_20140219183642de8.jpg

 

 

 

 

 

 

エアコンフィルターなどもそうですが
車検合格に関係のないところも

 

 

 

 

リフレッシュプランでは
目に付かない箇所の状態も

分かりやす~く説明して
整備プランを提案しています。

 

 

 

 

 

予算に合わせて
柔軟な提案をしていきますので
ぜひご利用くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年2月19日

https://baden-medservice.ru

www.profvest.com/2018/08/bitonex-hyip-otzivi-obzor.html

misterroof.net

このページのトップへ