1. TOP
  2. ミナトBLOG

ゼロクラウンにNC-65。 NUTEC ATFで完全圧送式交換。

s-RIMG1227_2014012615223268a.jpg

 
三重県からお越し頂きました。
H16 クラウン GRS180

ATF交換依頼です。

 

 

 

 

 

 

 

メールお問い合わせ時にはお見積のみで
プレ洗浄をしてから使う本命ATF
入庫時に決めて頂く事になりました。

 

 

 

 

取扱ATFは常時在庫していますので
ご安心ください。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1230.jpg

 

 

 

 
100%化学合成(エステル系) ハイパフォーマンスATF
NUTEC  ZZ51改  or  NUTEC NC-65

 

 

 

 

純正ATFより
はるかに高性能で高耐久化した『ZZ51改』

エステル基油を使用した
ハイパフォーマンスATFなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それをさらにレース下での
高温、高圧、高回転にでも耐えれるよう

 

エステル基油成分の割合を増やし
DCT  や  7速以上の多段ハイパワーATにも
使用できる為に 低粘度化しパワーアップされた  『NC-65』

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1224_201401261522310c6.jpg

 

 

 
Q
レースでも使用できる高性能ATFを
一般走行車に使うとどうなるのか?

 

 

 

 

 

 

A
レース環境ほどATFが熱劣化しないので
高い初期性能が長~く続きます。
(低フリクション 高コンプレッション  超ロングライフ)

 

 

 

 

 

 

 

 

問診やオイル説明をお話した結果、
超高性能を超ロングライフ化する為に
NUTEC NC-65で交換する事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠方でなかなか大阪まで来られない方もNC-65を選ばれましたよ~。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-307.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1124.jpg

 

 

 

 

過去のATF交換暦は5万キロ時に
近くのディーラーでされたようです。

 

 

 

その時の請求金額が工賃込みで1万円前後。
純正ATFも¥1000/L以上はするので

 

 

一体何リットル交換したのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試運転をしてATFのチャック。
まずは純正同等油  アイシンAFWプラスで 9L

プレ洗浄しますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1129.jpg
s-RIMG1135_20140126152032359.jpg
s-RIMG1140_20140126152033689.jpg
s-RIMG1142.jpg
s-RIMG1146_20140126152051ef7.jpg
s-RIMG1150_20140126152052593.jpg
s-RIMG1157_20140126152054ee6.jpg

 

 

奥から新油
ビーカーには旧ATF
手前のクリーナーモニターには現在のATF

 

 

 

 

 

 

 

エンジンは掛けたままなので
ATからモニターのフィルターを通過し

またATに循環しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れたATFを排出して
新油でAT内部を洗浄。

 

 

 

 

キレイな状態から
本命ATFを入れたいですよね。

 

 

 

 

 
s-RIMG1156.jpg
s-RIMG1191_201401261521411f0.jpg

 

 

 

AFWプラスとNC-65を入れ替えて
もう一度圧送式交換していきますね~。

 

 

 

 

 

ミナト自動車では
圧送式交換が出来ないゼロクラウンでも
専用アタッチメントを製作し

 

 

 

 

 

ミッションをキズ付ける事無く
圧送式交換が出来るようにしています。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1168_201401261520553e2.jpg
s-RIMG1171_20140126152115c3a.jpg
s-RIMG1180.jpg
s-RIMG1183.jpg
s-RIMG1187.jpg
s-RIMG1188_20140126152121b07.jpg

 

 

 

 

新油と比べても
同じぐらいの透明度になりましたね。

 

 

 

 

 

 

AT内部もキレイになり
完全に入れ替わりましたよ~

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1200.jpg

 

 

 

 
最後にフルードレベル調整
高性能スキャンツール『G-SCAN』で
行いますね。

 

 

 

 

 

完全交換が難しいと言われる
ゼロクラウンやレクサス車のATFでも
ミナト自動車では交換可能なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1202_20140126152146954.jpg
s-RIMG1203_20140126152147d94.jpg

 

 

 

 

同時に依頼された
電子制御スロットルボディの清掃。

 

 

不調になってから清掃するのか?

もしくはそうなる前にしておくのか?

 

 

 

 

 

非常に安価で
効果の高い作業ですので
4万キロ毎の施工をオススメしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドリングが不安定な車両はぜひどうぞ。

あと電制スロットルのリセットも忘れずに。

 

 

 

 

 
s-RIMG1207_2014012615220936f.jpg
s-RIMG1209.jpg
s-RIMG1212.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも定番整備メニューなった
WAKO’S RECS レックス

 

 

スロットルよりもっと奥に有る
インテークバルブ周辺のカーボン除去が狙いですよ。

 

 

 

 
s-RIMG1215_20140126152212802.jpg
s-RIMG1217.jpg

 

 

 

 

ATF交換もそうですが
消耗品は定期的に交換して

 

カーボンなどが溜まりやすい
箇所なども清掃作業をすれば
今の車両は長~く良い状態で使用する事が出来ます。

 

 

 

 

 

何もしたくない
お金も掛けたくない
走ればソレで良い
それはそれでアリだと思います。  道具ですからね。

 

 

 

 

逆に
出来るだけ良い状態
新車に近い、もしくはそれ以上を 長く
お求めになるのもアリかな~っと思います。

 

 

 

 

 

 

オーナー様が満足して頂けるよう
作業や提案をしていきますので
どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 
s-RIMG1233_2014012615223466a.jpg

2014年1月25日

продвижение сайта в интернет

https://baden-medservice.ru

http://baden-medservice.ru

このページのトップへ