1. TOP
  2. ミナトBLOG

マークX 120系   ATFは消耗品。  完全圧送式交換オススメですよ~。

大阪市からお越しいただきました。
(千葉県ナンバーですが。)

 


トヨタ マークX GRX120

8万キロ走行です。

 

 

 

 

 

 

今回はATF交換の依頼ですよ。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0650_201401131708288c3.jpg

 

 

 

過去のATF交換暦は不明

 

 

 

 

 

 

この車両特有の現象か?分かりませんが
トルク感が不足している感じがすると
相談されました。

 

 

 

 

 

 

 

ATFが原因とは言い切れませんが
交換時期はスデに越えていますので

 

 

 

まずは完全圧送式交換をしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0646.jpg

 

 

 

ATFの状態をチェックしてみると
走行距離相応の汚れ具合。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは純正同等油アイシンAFWプラス
プレ洗浄しますね。

 

蓄積したスラッジをリセットするのが目的ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マークX 120系以降のトヨタFR車は
通常の圧送式交換は出来ません。

 

 

 

 

弊社がワンメイクした
マークX専用アタッチメントを取り付けて
イッキに交換していきますね。

 

 

 

 

 
s-RIMG0653_20140113170605856.jpg
s-RIMG0654_201401131706067fe.jpg
s-RIMG0657.jpg
s-RIMG0661_20140113170630504.jpg
s-RIMG0669_201401131706329e0.jpg
s-RIMG0670_20140113170633686.jpg
s-RIMG0673_20140113170635d59.jpg
s-RIMG0679.jpg

 

 

 

 

 

 

真っ黒だったATFも
透けて見えるほどキレイになりましたね。

 

 

 

 

交換効率の高いミナト自動車の圧送式交換。

 

他社で行うドランアウト式では
ここまでキレイはなかなか難しいのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0677_20140113170659cd0.jpg

 

 
プレ洗浄が終わり
次は本命のATF  『NUTEC ZZ51改

 

 

 
100%化学合成ATF(エステル系)の
ハイパフォーマンスATFです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純正ATFより数ランク上の性能で
燃費向上、フィーリングアップ
耐久性も上がりロングライフ化になるんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 
s-無題
s-RIMG0681.jpg

 
ペール缶を入れ替えて
再度圧送式交換していきますね。
どこまでキレイになるでしょうか?

 

 

 

 

 
s-RIMG0684.jpg
s-RIMG0685_201401131707048e7.jpg
s-RIMG0688.jpg
s-RIMG0689.jpg
s-RIMG0694.jpg
s-RIMG0709_20140113170729ea1.jpg

 

 

手前が現在のATF。

真ん中のビーカーにあるのが古いATF。

奥に見えるのが新油です。

 

 

 

 

新油と比べても
ほぼ同じレベルまでキレイになりましたね。

 

 

今回の交換でトルク感がアップすると
良いのですが、しばらく様子を見てもらいますね。

 

 

 

 

 

ATFの圧送式交換が不可と言われる
マークXやクラウン、レクサス車などは

ミナト自動車では問題なく交換可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

上記車両はフルードレベルゲージも有りませんので
スキャンツールが無ければ調整も難しくなっています。

 

 

同じ車種でも規定温度も違いますので
こちらも要注意ですね。

 

 

 

 

 

 

 

ATFは消耗品です。

 

 

 
交換しにくい = 無交換ではありませんので

定期的な交換をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

2014年1月12日

good drama romance movies

economyandsociety.in.ua

m.ua-flowers.com

このページのトップへ