1. TOP
  2. ミナトBLOG

トヨタ ノア CVTフルード圧送式交換。    10万キロ無交換でも~。


三重県
からお越し頂きました。

 

 

 


トヨタ ノア AZR60

後期モデル   149200km

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0371_20131224093227c9c.jpg

 

 

 

CVTフルードの交換

・電子制御スロットル清掃

・WAKO’S RECS レックス

 

の3点の整備依頼です。

 

 

 

 

 

 

 

ノア・ボクシー後期型CVTには
フルード調整用のレベルゲージはありませんので

 

 

ドレンボルトからフルードを抜き取り
状態をチェックしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

試運転とフルードチェック
これが出来ないと過走行車の

ATF / CVTF交換は難しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0341_20131224095354d2d.jpg

 

 

問題なければ圧送式交換を行います。

 

 

 

 

 

 

トルコン太郎の製造元では
CVT車の圧送式交換は不可。    (循環式は可。)

 

 

 

 

 

 

 

ですがミナト自動車では独自方法
CVT車でも圧送式交換が
出来るようにしているんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0331.jpg
s-RIMG0335.jpg
s-RIMG0336_201312240929339df.jpg
s-RIMG0337.jpg
s-RIMG0339.jpg

 

 

 

 
10万キロ以上はCVTフルード無交換のノア
純正同等油アイシン CFEx でプレ洗浄を行いました。

 

7割ぐらいはキレイになったのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

40分間のクリーニングモードから
再度CFExで圧送式交換を行いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0344_20131224093008612.jpg
s-RIMG0345_201312240930099c5.jpg
s-RIMG0348.jpg
s-RIMG0351.jpg
s-RIMG0353.jpg
s-RIMG0354_2013122409304092d.jpg

 

 

 

 

最初に抜き取った旧フルードと比べれば
どれだけキレイに交換されたか
分かりやすいですね~。

 

 

 

 

 

 

フルード交換できれば一度冷却して
規定温度でレベル調整。

 

 

 

 

 

 

スキャンツール『G-SCAN』を使用して
素早く調整していきます。

 

 

 

フルード多すぎ、少なすぎは不具合の原因になりますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0356_201312240930411ec.jpg
s-RIMG0358.jpg
s-RIMG0361.jpg

 

 
メールでの予約時からお聞きしていた
冷間始動時のアイドリング不調。

 

 

 

 

 

 

恐らく長い間、スロットルボディの清掃をしていなかったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

バルブの隙間が埋まるほど
カーボンの蓄積がありました。
あまりにも蓄積が多いと、始動不良になる場合もありますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0362.jpg
s-RIMG0363.jpg
s-RIMG0365_20131224093127337.jpg

 

 

 

電スロのモーター部に洗浄剤が混入すると
ショートを起こしECUまで壊れます

 

 
ケバの出ないペーパーウエス
WAKO’Sの専用洗浄剤を染み込ませ

慎重にコビリついたカーボンを溶かしていきますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0366_20131224093128737.jpg

 

 

 

あまりにもカーボン蓄積量が多いので
大幅なFB学習値のマイナス補正が掛かっていますね。

 

 

 

エンジンECUと電スロの初期化をして
再学習させてあげれば
アイドリングは正常に戻りましたよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0368_20131224093224d8e.jpg
s-RIMG0370_20131224093225ce4.jpg
s-RIMG0372.jpg

 

 

 

最後にWAKO’S RECS レックスを施工。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-237.html

 

 

 

 

 

 

トヨタ の1AZ-FSE 直噴エンジンは
インテークに気流制御弁がありますので

 

 

RECSを施工するときは
『G-SCAN』のアクティブテストで
SCV VSVを開閉操作をします。
これをしないとインテークバルブ片側しか
洗浄出来ませんので注意が必要ですね。

 

 

全作業時間は約5時間。

 

 

 

 

 

今回オーナー様は
天保山にある海遊館にお出かけされました。
ミナト自動車からですと車で約40分ほどです。

 

 

 

 

代車をお貸ししますので
大阪観光ついでにご利用くださいね。

 

 

 

 

 

 

2013年12月21日

合宿免許 東北

туманообразование

котел на пеллетах цена

このページのトップへ