1. TOP
  2. ミナトBLOG

ウィッシュ 車検整備  その2。  ガツンとくるシフトショック。

前回ブログからの続きです。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-303.html

 

 

H17 トヨタ ウィッシュ ANE11W
89000Km

 

 

 

 

朝一の冷間時
Pレンジから Dレンジにいれると
ガツンっと結構でかい音がする症状。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもすぐに他のレンジにシフトして
もう一度Dレンジにすれば
特に問題なく切り替わり、音もしません。

 

 

 

 

 

 

 

何回もテストしていくと
冷間時で最初に1回のみだけ症状が出るのが確認できました。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0180.jpg

 

CVTのフルードチェックをしてみると
冷間時でもCOOL下限より少ないです。

 

 

 

完全暖機して再度チェックしても
COOL下限をやや超える辺りかな。

 

 

 

 

 

 

CVTミッションケースからの漏れは無く
前回のフルードレベル調整が悪かったのか?

 

 

 

 

 

そこでフルードを追加し基準値内にして
明日の朝もう一度ショックの確認をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

s-RIMG7450.jpg

 

 

 

翌朝、期待を込めて
シフトをDレンジに・・・。
ガツン!!

 

 

 

 
やはりきましたね~。
フルードレベルではないのかな?  んん~。

 

 

 

 

 

今度は高性能スキャンツール 『G-SCAN』の
作業サポート機能を使いましょうか。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7451.jpg
s-RIMG7452.jpg

 

 

 
AT、CVT学習値初期化
CVT油圧再学習

 

 

 
一度リセットしてあげますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝もう一度トライしてみますと
以前まであったガツンとくる大きなショックはなくなり

 

 

 

納車までの数日間も再発しませんでした。
とりあえず様子見してもらいますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7490.jpg

 

 

 

 
CVTミッションの予防整備。
CVTF完全圧送式交換 を行いますね。

 

 

 

 

 

純正同等油 アイシン CFEX 8,5L
トルコン太郎で交換します。

 

 

 

 

車検毎に交換しても、循環式ではこれくらい汚れていますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7494.jpg
s-RIMG7495.jpg
s-RIMG7498.jpg
s-RIMG7500.jpg
s-RIMG7502.jpg
s-RIMG7503.jpg
s-RIMG7504.jpg
s-RIMG7505.jpg
s-RIMG7508.jpg

 

 

完全に入れ替わりましたね~。

 

 

 

 

 

トルコン太郎は基本的にCVTの
圧送式交換は出来ません。 (メーカーも不可とアナウンスしています。)

 

 

 

 

 

ですがミナト自動車では独自の方法
完全圧送式交換に対応しています。    お任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0112.jpg

 

 

 

トヨタ 直噴エンジン 『D-4
インテークバルブのカーボン蓄積は有名ですね。

 

 
それに対するオススメ商品  『WAKO’S RECS レックス
4気筒に均等に注入できるよう

 

 

ベストの場所から点滴します。
直噴エンジンの場合は少し多め
サイクルもマメにしてあげる方が良いですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0122_201312141659466bd.jpg

 

 

次回ブログで最終です。

 

その他の整備風景を
アップしていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年12月12日

заказать семена конопли

купить семена каннабиса в украине

liqui moly 5w40

このページのトップへ