1. TOP
  2. ミナトBLOG

ウィッシュ 車検整備  その1。    車検合格基準って? 

車検整備のご依頼です。

 

 

メールからのお問い合わせで
日時を相談して入庫して頂きました。

 

 

 

H17 トヨタ ウィッシュ ANE11W
89000Km

 

 

 

 

 



s-RIMG7453.jpg

 

 

 

 

主な依頼内容は

 

 

車検更新&点検整備

CVTF交換とWAKO’S RECS

朝一の冷間時にある大きなシフトショック

 

 

 

なども診断していきます。

 

 

 

 
s-RIMG1354.jpg

 

エンジン点検の基本  排気ガステスト

 

 

 

 

 

ガソリンの燃焼状態やフィードバック制御など
目で見たり、触ったりしても分からない所ですが

 

各テスターやスキャンツールを駆使すれば
見えない物が見えてくるのですよ~

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1356_201312141412351f1.jpg

 

 

 
車検には十分合格する数値ですが
この年式の車両なら CO,HCともにゼロが理想

 

 

 

 

 

依然受けたディーラーでの整備記録簿を見ると
4年前、2年前のHC数値が記載されていました。  (21ppm 76ppm)

 

 

 

2年前から順調?にHCの数値が増えていますので
今回はこれをリセットしていきましょうか。

 

 

 

 

 

 

HCって?
未燃焼ガスの値で簡単に言えば、
燃え切れていないガソリン(無駄)があるのが分かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1352_20131214141232804.jpg

 

 

 

 

 
エアエレメントはパッと見た感じ
ゴミもなく問題なさそうですが
微細な汚れがフィルターに詰まっていますね~。

 

 

 

 

 

過去の交換暦から今回は交換します。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1346_20131214141230f44.jpg

 

 

スパークプラグは3極イリジウムプラグ。

 

 
まだ使えそうなので今回は保留でいきましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1376.jpg
s-RIMG1378_2013121414125247a.jpg
s-RIMG1382.jpg

 

 

 

 

次にするのはスロットルボディの清掃。

長年使用したバルブ部分の
カーボン蓄積を除去しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柔らか~くケバの出ないペーパーウエスに
専用洗浄剤を含ませて

汚れを溶解していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1386.jpg
s-RIMG1387.jpg
s-RIMG1438.jpg

 

 
直接スプレー噴射してみても
そんな簡単には落ちないのです。

 

 

 

 

しかもモーター部に液が入るとショートして
ECUまで壊す可能性もありますよ

 
ウエスで拭いてあげる方が良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7448.jpg
s-RIMG7462.jpg
s-RIMG7470.jpg

 

 

 

もちろん点検整備で入庫すれば
インターサポート社 『G-SCAN』で

大量にあるECUのエラーコードを
全てシステムサーチに掛けますよ~。

 

 

 

 

 
今回はエラーコードは無しでした。
続いてライブデータ機能で
各データ数値をチェックします。

 

 

 

 

 

 

 
各センサーからの入力信号
ECUからの出力指示信号など
経験と不具合症状から
気になる数値を確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
普段からスキャンツールで見ていないと
意味の分からない機能ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0124.jpg

 

 

入庫時にあったHCは
105ppmからゼロに。

 

 

ちなみに
HC数値が3倍の300ppmでも
H10年以降の車なら車検合格基準です。

 

 

 

 

 

 

 

 

車検合格の為の点検整備と
ベストの状態に戻す点検整備の違いでしょうね。

 

 

 

 

 

 

エアエレメント交換
スロットルボディ清掃
エンジンECUのリセット、再学習などで
今回は正常な状態に戻りました。

 

 

 

 

 

 

無駄なガソリンを使わない
本来のエンジン性能になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG7455.jpg

 

 

 

 

次回のブログは
CVTF完全圧送式交換と
ガツンとくる朝一のシフトショック
に取り掛かります。

 

 
お楽しみに~。

 

 

 

 

 

 

 

2013年12月11日

baden-medservice.ru

retractable child gate

best retractable stair gate

このページのトップへ